レジーのブログ(旧)

15/4/23 昨今の諸々を踏まえて移管します。詳細は最新記事をご確認ください。ブックマークいただいていた方は変更をお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重要】ブログ移転のお知らせ

いよいよfc2も何が起こるかわからなくなってきたので、とりあえずこちらに移転します。

今までのエントリも変わらず読めます。

こちらのサイトについては近々閉鎖することになると思いますので、ブックマーク登録いただいている方は変更をお願いいたします。
もし周囲にこのブログを読んでくださってる方がいらっしゃる場合は、適宜周知していただけますと幸いです。

今後の作業スケジュールなどについてはレジーのポータルにも掲載すると思いますので、合わせてご確認ください。

引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

【告知】cakesにPerfumeに関する文章を寄稿しました(全3回)

司会者「今月はこれまで1回しかブログ更新してませんね」

レジー「そうね。仕事が何かと忙しかったり、あと前半は旅行も行ってたし」

司会者「たぶんブログ開設してから一番書いてない月なのでは」

レジー「おそらくね。まあでも単にさぼってたわけじゃないんですよ。この先の展開に向けて仕込んでたものとかもあるんですけど」

司会者「ちょうどこの前こんなツイートしてましたが」




レジー「そうそう。で、発表できるタイミングになったので紹介したいなと」

司会者「はい」

レジー「cakesというネットメディアがあるんですが」

司会者「先日のアイドル×ロック鼎談が載ってたところですね」

レジー「はい。そのcakesに、Perfumeについての文章を寄稿しました。3回連載で、明日にその1回目がアップされます」

司会者「そんなことやってたんですね」

レジー「1回分がブログ1記事分くらいのボリュームで、何かトラブルがなければ明日10/30から週1回ずつ記事が公開されていきます」

司会者「そもそもどういった経緯で書くことになったんですか」

レジー「最初はこの前のトークイベントの補論っぽい感じでPerfumeの話できないですかねって提案をしてたんだよね。で、どうせやるならファン目線で見たPerfumeの足跡みたいな感じで原稿にしたら面白いんじゃないかってことになりまして。いろいろ書いてるうちに結構なボリュームになってしまい、3回に分けることに」

司会者「「ファン目線で見たPerfumeの足跡」について書かれた文章なんですね」

レジー「そうね。基本的にはいちファンの戯言ですよ。僕がなぜPerfumeが好きなのか、Perfumeの何が素晴らしいのかみたいなことを一応時系列に沿って書いてます。ダイノジ大谷さん風に言うと「熱」こめて書いたので、見方によっては気持ち悪い文章ですな。まあでもいいんですよ、ラブレターみたいなもんです。タイトルは「Perfumeとは「無重力アイドル」である」です」

司会者「無重力とは」

レジー「それは読んでいただければって感じで。cakesって有料媒体なんですが、初回分は無料で公開されます。2回目3回目についても期間を区切ってにはなりますが僕の方で無料公開ができたりするので、案内ツイート見かけたらぜひ読んでみてください」

司会者「URLはこちらです。10月30日10時ごろ公開の予定です。現段階ではまだアップされてないですね(追記:10/30アップされました)」

レジー「せっかくなんで冒頭部さわりだけ」


 2013年8月4日の午後7時15分ごろ、もうすぐ32歳になる1人の男が人ごみの中で号泣していた。

 場所は茨城県の国営ひたち海浜公園。3日間にわたって行われてきた「ROCK IN JAPAN FES 2013」の大トリを務めるアーティストの演奏が始まったところだ。ステージにいるのは3人の女性のみ。彼女たちは楽器も持たずに数万人の群衆と対峙し、キラキラしたトラックと派手な照明をバックにクールなダンスを踊り始めた。

 ステージにいる3人の女性のことを知らない人はもはやだいぶ少なくなっただろう。大会場でのコンサートを次々に成功させて今度はその活動範囲を世界に広げるPerfumeは、今では日本を代表するポップグループの一つと言える。

 そして、そんな彼女たちを見て人目をはばからず咽び泣いているのが、何を隠そうこの文章を書いている僕である。ほんの少しだけ自己紹介をさせていただくと、運営する音楽ブログがきっかけで雑誌やトークイベントなどで意見を発信する機会を時たまいただいている「一介の音楽好き会社員」だ。

 僕は、Perfumeと出会ったことで新しい音楽の楽しみ方を知った。「アイドル」と呼ばれる女の子たちの音楽を偏見なく聴くことができるのは、間違いなく彼女たちのおかげである。また、いくつもの苦労を乗り越えて真摯に、そして爽やかに活動するPerfumeの姿にに勇気づけられたこともたびたびある。

「自分で曲を作るわけでもない」「特別歌がうまいわけでもない」「はっとするほどの絶世の美女というわけでもない」、一見何一つ特別なものを持ち合わせていなさそうな彼女たちに、なぜ僕はハマってしまったのか。その理由を、この原稿を通して探してみたい。



司会者「続きは本編で、って感じですね」

レジー「まだ全部書き終わったわけじゃないんだけど、物理的にも精神的にもまあまあ負荷がかかってたので、気分的には一区切り感があります」

司会者「『LEVEL3』の話もあえてブログでやらなかったわけですからね」



レジー「うん。あのアルバム最高だわな。その辺の話も含めてcakesの記事でできればと思ってます」

司会者「ブログの方も立て直していきたいですね」

レジー「そうね。何かもう年末が迫ってきてて、そろそろ年間ベストの季節かーみたいな感じなんだけど。それ以外にもいくつか用意しているものもあるので、変わらずお付き合いください」

司会者「では次回はどうしますか。以前の記事でフジファブっていう予告がありましたが」

レジー「ちょっと間が空いちゃったからねえ。それも含めゼロベースで考えますわ。その間にいろいろ聴いた作品もあるし。まあでもフジファブかなあ。予定は未定で」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

【告知】9/7深夜 FMおだわら『象の小規模なラジオ』に出演します

レジー「今日は告知のみの更新です」




司会者「最近だとザ・なつやすみバンドや森は生きているなんかも出演した番組ですね」

レジー「そういう質の高いミュージシャンの方々と並ぶ感じで光栄というか申し訳ないというか」

司会者「詳細な情報はこちらです」

---------
FMおだわら78.7MHz 象の小規模なラジオ
第285回 レジー特集 あの1023円で何が買えたか? -もはや誰も顧みない90sJ-POPを勝手に供養する-ラジオVer.

【放送日】
2013年9月7日(土)25:00~26:00 [再放送 9月12日(木)25:00~26:00]

【ゲスト】
レジー(レジーのブログ運営)
 
電波は小田原近郊までしか届きませんが、サイマルラジオというサービスでインターネット上でどこでもFMおだわらが聴けます。
Podcastと違いアーカイヴはされずに、リアルタイム配信のみです。
・サイマルラジオ http://www.simulradio.jp
・直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx
※スマートフォンからですと『TuneIn Radio』というアプリを使って聴くことができます。

・elephant webサイト
http://odawara-elephant.com/
・象の小規模なラジオ オンエアリストアーカイヴ
http://odawara-elephant.tumblr.com/
・elephant twitter
https://twitter.com/O_elephant
・elephant Facebook Page
http://ja-jp.facebook.com/odawara.elephant

---------


レジー「ここにもあるとおり、ブログでやってる90sJ-POP供養企画をラジオで再現するということをやってきました。今となっては絶対にラジオでかからないような曲をかけてます。それに加えて、自分のこれまで好きだった音楽の話とか最近好きな曲、あとはブログについて感じてることとか話してきました」

司会者「先日出たキンドル本とリンクする部分もありそうですね」



レジー「そうね、キンドル本読んでラジオ聴いていただくとより楽しめると思います」

司会者「もう収録は終わってるんですよね」

レジー「はい、昔ラジオの取材受けたことあるので電波に声が乗るのは初めてじゃないけど、ちゃんと「ゲスト」として扱われるのは初だったのでなかなか緊張しました。ラジオの曲ふりって一度やってみたかったんだよね」

司会者「パーソナリティーの方々ともいろいろ話せてよかったですね」

レジー「うん。放送分はもちろん、収録後も含めて楽しかったです。おすすめ曲いろいろ教えていただいたりして。この場を借りてありがとうございました。タイキックマーフ超聴いてます」

司会者「初回放送日は今度の土曜日の深夜です」

レジー「ちょうど吉田ヨウヘイグループとミツメがクラブスヌーザーに出るタイミングなのでそっち行っちゃう人も多そうな感じだな。そういう方は木曜日深夜の再放送でぜひ。なんか今思うと同じこと何回も話してくどくなってるような気がするし、あとあーこの人ほんとに海外の音楽シーン知らないんだみたいな話もしたと思うし、振り返るといろいろ恥ずかしい」

司会者「何事も経験ですよ」

レジー「まあそうですね。先ほども書きましたがリアルタイム配信のみとのことなので、夜更かしの傍らにぜひよろしくお願いします。今回は告知だけなのでこんな感じで」

司会者「わかりました。次回はどうしますか」

レジー「ちょうどこの放送の日に福岡のサンセットライブに行く予定なのでその話するか、また別ネタやるかは考えます」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

ブログ開設1周年のお礼とMUSICAレビュー掲載のご案内

司会者「ついにこのブログが1周年を迎えました」

レジー「最初に書いた記事が2012年7月14日です」

司会者「今読むと記事が短いですね」

レジー「前も書いたと思うけど、最近の記事はこの頃の倍くらいの長さになっています」

司会者「1年続けてみてどうですか」

レジー「もう1年って気もするし、まだ1年って気もしますね。まあでも1年でネット界隈でここまで存在感が出せるとは思ってなかった。てかそういう発想自体なかったからなあ。面白いよね。SPA!のときの告知記事とも重なるけど、アクセスが低空飛行の時も淡々と続けて良かったと思います」

司会者「具体的にはロックインジャパンのバズから佐々木さんのキュレーションにあたるまで、9月~12月くらいまでの間ですね」

レジー「その間も軽音楽部話とか音楽番組話とかわりと気に入ってるエントリーもあるんだけどねえ。最近やってる90s企画の原型もこの辺でやってるし。あとトマパイ話とか。これはあの当時ではまあまあ反響あったな確か」

司会者「いつ何が当たるかわかりませんね」

レジー「ほんとそうね。で、1年続けてきたご褒美として、こんな告知ができるようになりました」









司会者「本丸に進出しました」

レジー「見本誌いただいたんですが、あのラインナップに名前が入ってるのはなかなか感慨深かったですよ」

司会者「店頭に並ぶのは明日ですね」

レジー「早いところだともう今日売ってるのかな。ぜひ確認してみてください。とりあえず今回は告知だけなのでこんな感じですかね」

司会者「わかりました。じゃあ一応適当に締めていただけると。1周年のお礼も含めて」

レジー「そうですね。まずは1年間お付き合いいただきありがとうございました。「自分が発信したいことを発信する」が基本スタンスではありますが、やはり読んでいただいている皆さんあってこそのこのブログだと思っております。腹の立つ批判というか低レベルな誹謗中傷を見かけることもなくはないのですが、それでも良いフィードバックをいただける方が圧倒的に多いのでそれを励みに続けています。今後とも引き続き、ご贔屓のほどよろしくお願いします。あ、あと一つだけいいですか」

司会者「はい」

レジー「以前OTONARIに関する記事でも書いたんだけど、今の時代「音楽に“仕事”として関わる」って言ってもそのやり方ってかなり多様化してると思います。僕みたいに社会に出てから10年近く潜伏期間があって、かつ会社員でもあるっていうケースもこの先珍しいものではなくなってくるんじゃないかなと」

司会者「所属を2つ以上持とう、みたいな話も出てきてますよね」

レジー「うん。だから今学生で音楽業界入りたい!みたいな人は新卒採用だけじゃなくていろんなルートがあるってことをゼロベースで考えた方がいいし、音楽の仕事したかったけど・・・って思いながら違う業界で働いてる人もやり様によっては裏道を見つけられるって意識は持ってた方がいいなあと思いますよ。そのあたり以前もツイートしましたけど」







司会者「なるほど。しかしまさかこんな風に使命感というか若者に道標を示すようなブログになるとはね」

レジー「ねえ。偉そうに何言ってんだみたいに思う人もいるかもしれないけど、なんか結構クイックジャパンのときもMUSICAのときも全然見ず知らずの人なのに喜んでくれてる人とかがいて。単純にそういうの見るとこっちもすごい嬉しいってのがあるんだけど、あえて俯瞰の立場で見ると「なんかちょっとブログ興味深いなーくらいに思ってた人が、なぜかどんどん世の中に出ていってる感じが面白い」みたいな気持ちもあるんじゃないかなと思うんだよね」

司会者「ふむ」

レジー「「ちょっとしたきっかけがあれば自分だってこういうことできるのかも」って感じてる人もいるだろうしね。そういう人たちの精神的な後押しだったり気持ちのトリガーを引く感じだったり、そんな役割をこのブログが果たせていけたらいいなあと思います」

司会者「ずいぶん真面目な話になりましたね」

レジー「まあこの辺はメインイシューではないけどね。基本的には好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、でやってくだけだから。重ね重ね、今後ともよろしくお願いします」

司会者「わかりました。今回はイレギュラーな更新でしたが、次回ネタは未定ということでいいですかね」

レジー「そうね。考えます」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

【告知】週刊SPA!にてレジーのブログが取り上げられています

レジー「今日は告知だけのイレギュラーな更新です」







司会者「この特集ですね。石井さんご紹介いただきありがとうございました」

レジー「思ったより分量あったよね。石井さんのコメント、僕のコメント、あと『Lエルトセブン7 第2ステージ』の森田真功さんのコメントが載ってます。森田さんのブログ存じ上げてなかったのですがすごい情報量」

司会者「音楽以外のジャンルでも面白いブログが紹介されています」

レジー「サッカーについてはサポティスタの岡田さんが紹介者でしたが、ちょうどこんなツイートされてました」




司会者「ガリバーさんも紹介されてるんですよね」

レジー「岡田さん、ガリバーさん、あと石井さんも、みんなツイッター上でのつながりですよ。不思議だよね。「レジー」って名前もでたらめにつけたけどだんだんある種の「人格」を持ちつつある感じがするのが面白い」

司会者「そういえば「匿名で覚悟がない」みたいなディスを最近見た気がしますね」

レジー「あーあったあった。これについて言いたいことは2つあって、1つは確かに「実名・本名」ではないけどこれはある種の「芸名・ペンネーム」であって「匿名」ではないと思うんだよね。捨て垢と一緒にすんなと。あともう1つは、実名のあなたよりあなたが言うところの「匿名」の僕の方がよっぽど発信力も影響力もある状況をどう捉えてるんですかって話だわな」

司会者「実名で「覚悟」があったって伝達されなかったらその「覚悟」を発揮する場もないですしねえ」

レジー「そうそう。わかりましたか○○○さん」

司会者「名前だすのかと思った」

レジー「この人これ以外にもおかしなこと言ってたからそのうち伏字とるかもね。まあその話はいいや。今日は長々やる予定はないのでこのまま終わりに向かっていく感じにしたいと思います」

司会者「はい。じゃあ適当にしめていただけると」

レジー「とりあえず皆さんぜひSPA!読んでみてくださいね。まあなんか期せずしてメジャーな媒体に載ったわけで、淡々と続けてきてよかったなあと。それで言うと、最近「レジーのブログリスペクト」のブログいくつか見かけましたが、少なくとも最初のうちはあんまりアクセスとか気にせずやるのがいいんじゃないかと」

司会者「夏にロックインジャパンの記事がはねてから、年末の佐々木さんキュレーション洋楽離れビール離れロックとアイドルの流れまであんまヒットが出なかったですよね」

レジー「そうね。結局「誰かに読んでもらいたい」よりも「自分が書きたい、発信したい」が勝ってるから続いてる部分はあるよね。それなりに読んでいただけるような環境にはなってるけど、その前提は忘れずにやっていきたいなと思っています。引き続きよろしくお願いします」

司会者「では今回はこの辺にしておきましょう」

レジー「次回はいつもの感じに戻ります。ロックインジャパンのタイムテーブルが出るからその辺についてかな」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。