レジーのブログ(旧)

15/4/23 昨今の諸々を踏まえて移管します。詳細は最新記事をご確認ください。ブックマークいただいていた方は変更をお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地上の楽園Sunset Liveに行ってきました+主催者インタビュー

司会者「今日は京都音博です」

レジー「あーそっかそういう時期か。09年に一度行ったきりだけどまた行きたいなあ。あのときの石川さゆりはほんとにすごかった」

司会者「1曲目の『津軽海峡冬景色』で全部持っていきましたね」

レジー「うん。あの人フジロックに出るべきだと思うよ。で、09年と言えばそれ以外にも印象的な出来事があって、福岡でやってるサンセットライブというフェスに初めて行った年なんですよ」

司会者「かなり長く続いている福岡のフェスですね」

レジー「はい。で、今年久々に行ってきたので今日はそれ関連の話をしようと思います。ご存じない方も多いと思うので、まずはこのホームページちらっと見て雰囲気だけでも感じてもらえるといいかなと」

司会者「わかりました。そもそもどういうきっかけで行ったんですか」

レジー「確かスペシャかなんかで映像を見たんだよね。海辺の雰囲気がすごい楽しそうで、いつか行ってみたいなあと。自分が知ってるフェスの空気とはなんか全然違う感じがした。で、もろもろタイミングがあったので初めて行ってみたのが09年。翌年の10年も行って、ちょっと空いて今年また行ってきました。フェスとしては金土日の3日間やってるんだけど、僕は例年土曜日しか行けてないです」

司会者「海水浴場を使ってやるフェスなんですよね」

レジー「そうそう。海辺にステージ作って、その先にある高台の森の中にもステージ作ってね。自然の中にあるけど、それが「過酷」って方向にいってなくて気軽に楽しめる感じ。暑いときは子どもが海で遊んでたり、水着でのんびりしてるお姉さんがいたり、最高の空気ですよ。今年僕が行った日は雨が降ったりやんだりで残念だったけど、それでも楽しかった」

様子1

様子2

司会者「あのゆるさは独特ですよね」

レジー「うん。「海!フェス!」みたいなシチュエーションなのに、「うぇーいwwww」みたいな胸焼けする感じが全然ないんだよね。若い人も年配の人も含めて、騒いでる人もいるけど余裕というかゆとりがあって。なんなんだろうあれ。あとかわいいもしくはきれいな女の人が多いと思う」

司会者「福岡は美人が多いって言いますもんね」

レジー「僕が毎年行ってるひたちなかにいるフェスファッション着こなしてるかわいらしい女の子ともまた違うんだよね。もっと派手めのかわいい人が多いですね。あと超個人的な話だけど、今年財布落として途方に暮れてたらちゃんとインフォメーションに届いてたという嬉しい出来事がありました。いい人が拾ってくれて助かった」

司会者「気をつけてください。アーティストとしてはどういうタイプの方々が出てるんですか」

レジー「ここ見てもらえればわかりますけど、ものすごく多種多様ですよ。ビーチにあうレゲエの人たちからロキノンっぽいロックバンド、あとはJ-POP・着うた系の人らも出たりしてます」

司会者「前回の記事にも書きましたがカムバックマイドーターズもこのフェスで出会ったんですよね」

レジー「そうそう。個人的に過去印象に残ってるのは、大橋トリオとか羊毛とおはなとかハンバートハンバートとか、ちょっとゆったりした感じのアクトが多いですかね。あとフウジンライジンっていうすごく面白い人たちを見たのもこのフェスです」

司会者「ちょうどサンセットの動画あります」



レジー「歌も踊りもすごいんだよこの人たち。生で見るとびっくりする。最近なんかコミックソングみたいなの出してるけど、もうちょっとガチにかっこいい成分を加えてもいいと思うんだよね。今年も出てたので見たけど圧巻だった。あと見たのはフライングキッズ、バグダッドカフェ、高田蓮、リップスライム」

司会者「見事にバラバラです」

レジー「ね。バグダッドカフェなんて普段は聴かない感じの音楽だけど、この雰囲気にははまるんだよね」



司会者「海辺にあいそう」

レジー「あとリップはすごく「待ってました!」感があったなあ。見たの結構久しぶりだった気がするんだけど。『楽園ベイベー』から『黄昏サラウンド』の連打で死にました。で、その裏でやってた金原千恵子セッションでは野宮真貴出てきて『東京は夜の7時』やったみたいね。それも見たかった」

司会者「ここまでいろいろ書きましたが、行かれてない方にどこまでイメージが伝わってるんですかね」

レジー「どうなんだろうね。YouTubeにも動画全然ないし、少なくとも東京にはあまり実情が伝わってない気がする。地元では盛り上がってるみたいだけど。博多のタワレコもこんな感じで特集してたし」

tower.jpg


司会者「他のエリアの人からするとちょっとした秘境感がありますよね」

レジー「たぶんね。初めて行ったとき物販の人に東京から来ましたって言ったらすごく驚かれた記憶があります。で、僕としてはこのフェスの素晴らしさをより多くの人に知ってもらえるといいなと思って、主催者の方にインタビューを行いました。ここからはそれをお届けしたいと思います」

司会者「答えていただいたのは、このフェスの運営主体でもある「Beach Cafe SUNSET」「Bakery Restaurant CURRENT」、それから「鮨・和 空-ku-」の3店舗のオーナーでもある林憲治さんです」

レジー「メールと電話それぞれでお答えいただきました。お忙しい中ありがとうございます。フェスの成り立ちやブッキングで気をつけていること、フェスを続ける秘訣みたいな話をしていただいたんですが、これ結構貴重だと思いますよ。林さんの語り口自体はソフトで何か対抗軸をつくるような物言いは全然されてなかったんですが、お話を進めていく中で昨今の「夏フェスブーム」への問題提起みたいな内容が期せずして出てきたのがとても興味深かったです。それではお楽しみください」

---
■はじめに、サンセットライブというフェスが始まった経緯について教えてくだい。

「1993年9月にカフェの駐車場で行ったビーチパーティーが、1回目のサンセットライブです。市内のお店2、30軒に声をかけて実施しました。300人程度の集客の予定でしたが、それを上回る500人ほどのお客様が来場しました。あの年は冷夏で毎週末天気が悪かったのですが、ちょうどサンセットライブの週末だけ良い天気だったのが印象深いです。当時は今と違ってビーチに平気でごみが捨てられているような状況だったので、「夏の終わりにみんなで遊んでゴミも一緒に片付ける」、そんなイベントになればいいなと思っていました。93年以来毎年開催していて今年で21回目を迎え、集客規模も今では20,000人まで拡大しました」


■サンセットライブを実施するにあたっての理念、参加者に伝えたいことなどについて教えてください。

「1回目から一貫して「LOVE&UNITY」というテーマを掲げています。これは文字通り、「思いやり」と「団結・つながり」を意識して皆で前に進んでいこう、という意味合いです。また、自然に感謝する、自然のリズムを大事にする、ということも伝えたいと思っています。福岡という街は都市部から小一時間くらい外に出ると自然が広がっているわけで、地元の人は忘れがちですがこのバランスは実はとても恵まれた環境です。都市に住みながら自然を楽しむ、そういった遊び方がもっと広く理解されるといいなと」


■サンセットライブに行くと、すごく盛り上がっている中にもどこか「のんびりした・ゆとりのある時間」が流れていることにとても驚かされるとともに心地よい気持ちになります。フェス全体の雰囲気を維持するために、どういった部分に特に気を遣っていますか?

「手づくりにこだわること、それから「その場所にあるもの」を活用することでしょうか。会場づくりの際も、机の上で図面をかっちり引くというよりも現場の状況を見ながら随時考えていくやり方をとっています。会場装飾もそこにある自然を生かしたものが多いですね」

s_SGF_2188.jpg
(協力:©SUNSETLIVE実行委員会)


■他のフェスと比べて「ここは負けない/ここはユニークだ」というセールスポイントは何ですか?

「老若男女・色々なタイプの方々が集まること、それから美味しい食べもの、飲みものを出す福岡の有名店のブースが沢山あること。あと特徴的なのは、他のフェスと比べて参加者の飲酒率が高いことですかね。そもそもが「コンサート」から始まったわけではないこともあってか、お酒を飲みながら楽しむ雰囲気が定着しています。救護室に来るお客さんは大体アルコール関連ですね(笑)」


■国内外のフェスで、「意識している」「参考にしている」「ライバルだと思っている」というようなフェスはありますか?

「以前はフジロックのようにたくさんのステージを用意するタイプのフェスが面白いなあと思っていましたが、今は他のフェスを見てどうのこうのというのはあまりないですね。自分たちがやっている独自のものがあればいいんだ、というように4、5年前から考えるようになってきました」


■サンセットライブには若年層に人気のあるロックバンドから大御所的なベテラン、さらにはあまりフェスには参加しないようなJ-POP系のアーティストなど、出演アーティストのタイプが幅広いのが特徴かと思っています。このようなラインナップを実現するにあたって、ブッキングに関するこだわりなどがあれば教えてください。

「来場するさまざまなお客様が楽しめるように、あらゆるジャンルのアーティストをブッキングしています。開催当初はレゲエやロックのアーティストが多かったのですが、「自然・人間」といった大きな括りで見ればどんなジャンルの人たちがここに入ってきてもおかしくないなと気がつきました。「野外が似合わない」と言われちゃうような人たちでも、意外と面白かったりするんですよ。最近はアーティストサイドから出させてほしいと言っていただけることも増えてきたので、そういった方々にも出演いただいています」


■「アーティストサイドからの希望があって」とのことでしたが、確かに「念願のサンセットライブ出演です!」というようなMCをいくつか聞きました。サンセットライブがいろいろなアーティストから支持されている証拠かと思いますが、アーティストの方からこのフェスはどんな印象を持たれているか、ご存知の範囲で教えてください。

「夏のしめくくり、オープンなバイブレーションがあるゆるくて気が通っている場所、音楽好きが集まっているフェス、というような言われ方をしているようです」


■今年のブッキングにおいて、「これはサンセットライブならでは」というポイントはありますか?

「地元ミュージシャンが仕切るステージがあったりもするのですが、特に「サンセットならでは」なのはやはり養老孟司さんのトークショーでしょうか。講演会のようなかしこまった場所ではなく、森の中で養老さんのお話を聞くという体験は他ではできないと思います」


■フェスを行うにあたって、「福岡(もしくは糸島)のフェスである」ということは意識していますか?また、「地元の文化を発信する/地元ミュージシャンのフックアップする」ということを考えていますか?

「文化の発信・ミュージシャンのフックアップという意識はもちろんあります。周囲から「夏フェスの一つ」として認識されているのは感じていますが、自分としては「フェス」というよりは「地元のお祭り」という気持ちでやってます」


■2000年代半ばの「夏フェスブーム」以降、野外フェスに参加する客層が広がって、それに伴って雰囲気が変わったフェスというのもいくつかあると思っています。そのような流れを鑑みた場合、サンセットライブを始めた当初と比べて客層や雰囲気が「変わったなあ」と感じることはありますか?

「夏フェスブームと直接関係しているかはわかりませんが、家族連れや50代以上の年配の方々が増えてきている印象はあります」


■ここ10年ほどで日本全国においていろいろなフェスが立ち上がってはなくなってきました。「夏フェスブーム」の以前からフェスを続けている当事者として、「フェスを定着させるための秘訣」をぜひ教えてください。

「地元を大切にして「ここでしか出来ない事」をすること、それから規模を追いすぎずに「小さく楽しく」やることでしょうか。最近ではサンセットライブのような「イベンター主体ではない、適度な規模感の手作りで行うフェス」をやろうという機運が九州全域から西日本にかけて出てきているようで、そういうフェスをやりたい方から相談を受けるケースも増えています。その際には「「打ち上げ花火」を意識するのではなく、いかに「小さく楽しく/お金をかけすぎずに楽しく」やるかを考えるのが大事」ということを伝えています。大きいことをやりすぎるといずれツケが回ってきて続かなくなりますし、長く続いていかないと一体感みたいなものも生まれてこないですからね。今では20,000人も集まっていますがこれも21年やってきた結果であって、いきなりこの規模になったわけではないので」


■最後に、サンセットライブを続けていくにあたって、今後やってみたいこと(呼んでみたいアーティストや新しい企画など)があれば教えてください。

「先ほどもお話しした通りいろいろなジャンルのアーティストに出演していただきたいので、いずれは演歌の方とかも出ていただけたら面白いなと思います。企画でいうと、やってみたいのは海上ステージですかね。大きな船を使って、他のステージの音が干渉しない空間をつくれないかなと。養老さんとも「今度はそこでトークショーをやりたい」なんて話していますが、セキュリティの問題もあってなかなか難しいのが実情です。酔っぱらった方に海に飛びこまれちゃっても困りますし(笑)。いずれは実現させたいです」
---

司会者「何か感想などあれば」

レジー「一番印象に残ったのは、安直な規模拡大への警鐘みたいな話ですね。まずはコントロールできる範囲で楽しい空間をつくるべきってのはほんとその通りだなあと思います。成り立ちが違うから仕方がない部分があるとはいえ、過去最高動員!ばかりを売りにするフェスだったり「打ち上げ花火」をあげようとしてあがらなかったフェスだったりいろいろあるじゃないですか。あとはジャンルを区切らない、「自然」の前ではなんだってフラットに楽しめるじゃんっていうのも面白いなあと思いました。タコツボ化の反対を行く考え方だよね」

司会者「「自然」というのもキーワードの一つになってましたね」

レジー「うん。文字通り、その場にある「自然」ね。なんかここがサンセットライブの独自性につながってるんだろうなあと」

司会者「もう少し具体的にお願いします」

レジー「今のフェスの考え方って、「場を創出して人を交流させる」って発想で作られてるような気がするんですよ。それに対してサンセットライブは「まずはそこにある自然を楽しむ」っていうのが「人の交流」って話の上位概念にきてると思うんですよね。それゆえ、コミュニケーション消費に絡め取られないというか」

司会者「あーなるほど。「つながりの社会性」なんて言葉がありますけど、昨今のロックフェスとかその最たるものですよね。ハイタッチみたいな身体的接触が大事とか、SNSネタとしてのフェスとか、そんな話はこれまでこのブログでは散々扱ってきましたが。サンセットライブは「自然」っていう強固な拠って立つものがあるからそれに浸食されづらいと」

レジー「サンセットライブも林さんが「地元のお祭り」って言ってるわけで、コミュニケーション消費的な側面はもちろんあると思います。でもそのベースに「自然(=場所・時間)を楽しむ」ってのがちゃんとあるから、あまり浮ついた空気にならないんだろうなあと思いました」

司会者「この辺はもうちょっと他のフェスと比較していかないとわからない部分もありますね」

レジー「そうね。まあ一つのサンプルとしては良い例なんじゃないかと思います。林さんのインタビューから何か感じるものがあればいいなと。長くなってきたので今回はこのあたりで。来年も行きたいな」

司会者「わかりました。では次回はどうしますか」

レジー「んーちょっと考えます」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」
スポンサーサイト

ロックインジャパンについての雑記11 -変曲点となるかもしれない2013の振り返り

司会者「B&Bのイベント「アイドルとロックの蜜月」が無事終了しました」

レジー「来ていただいた方ありがとうございました。面白かったなー」

司会者「いかがでしたか」

レジー「実績ページにもちょっと書いたけど、さやわかさんがさくさく進めてくれたから気楽でしたよ。ブログとはまた違うダイレクトな反応が面白いですね。また機会があればやってみたいです」

司会者「最初はさやわかさんの『AKB商法とはなんだったのか』の内容からチャート周りの話をして、そこからフェスとアイドル、Perfume~AKB~ももクロあたりの各論、という感じで進みました」



レジー「タイミング的に先週末にあったロックインジャパンの話が多くなったね」

司会者「ちょうど1年前のロックインジャパンネタが鹿野さん柴さんのおかげで爆発したのがこのブログの最初のバズでした」

レジー「最近いろんな記事で普通に「夏フェスがリア充の遊び場に・・・」みたいな話出てくるけど、はっきり指摘したのってこのブログが最初の方だと思うんだけどどうなんだろ。お時間ある方は改めて過去記事でも読んでいただけると」

ロックインジャパンについての雑記1 -RIJF今昔物語
ロックインジャパンについての雑記2-RIJFのRはリア充のR
ロックインジャパンについての雑記3 - フェスと雑誌の主従関係
ロックインジャパンについての雑記4 -で、今年はどーだったの?という話
フェス、SNS、アイドル

司会者「というわけで、今回は今年のひたちなかはどうだったかという話をしていただけると」

レジー「わかりました。とりあえず今年は近年まれに見る過ごしやすさだったね」

司会者「3日間通してものすごく暑い時間は少なかったですね。少し雨も降りましたが」

レジー「まああのくらいはどうってことないよね。あのフェス久々に豪雨になったらどうなるんだろうとか悪趣味なことをよく考えますわ。そんな話はさておき、まずは見たものを並べてみます」

1日目
PASSPO☆、SKY-HI、BiSちらっと、ねごとちらっと、ふくろうず、カリスマドットコム、ユニゾン、フジファブ、秦基博、サカナクション

2日目
シェフ、ベボベちらっと、アプガ、スペアザちらっと、赤い公園、クリープハイプ、パスピエ、アジカン、capsule

3日目
大橋トリオ、miwaちらっと、坂本真綾、くるり、安全地帯、MIYAVIKREVA、ベビメタ、9nine、ダイノジ後半、八王子P前半、10-FEET最後2曲くらい、Perfume

司会者「何か印象に残ってるものがあれば」

レジー「そうですね、今回は「声の力」みたいなものが強く記憶に残ってます。筆頭が安全地帯ですね。玉置浩二すごかった」

司会者「たった4曲だけでしたが」

レジー「ね。その後フジテレビで歌ったみたいだけど、それあったから早く帰ったのかな。スケジューリングがひどい。03年の岡村ちゃん思い出したわ」

司会者「短かったおかげでMIYAVIとKREVAの共演が見れて、あとベビメタにも間に合いました」

レジー「あれはラッキーだった。てかMIYAVIとKREVAのはかっこよかった」



司会者「玉置浩二は声の鳴りというか響きが今まで体験したことのないものでしたね」

レジー「うん。なんか全身がスピーカーになってるみたいな。たぶん歌がうまいってのはこういうことを言うんだと思うよね。井上陽水も久保田利伸も小田和正も平井堅も見たことあるけど、もしかしたらその人たちよりも凄まじいかもしれない。いいものを見ました。あと「声」って話で言うと、秦基博と坂本真綾が良かったですね」

司会者「どちらもフォレストでのアクトでした」

レジー「秦基博は自分のアーティストに対する思い入れ補整を除くと一番いいステージだったかもってくらい素晴らしかった。ほんとずっと聴いていたい感じで」

司会者「理想的な声ですよね」

レジー「ね。ああいうふうに歌えたら幸せだろうなあって気持ちになる。前もここで言ったけど今年出たアルバムもすごい良いので聴いてない人はぜひ」



司会者「あとは坂本真綾ですか」



レジー「あっさりしたステージだったけどすごい良かったね。まずMCから声が素敵なんですよ」

司会者「さすが」

レジー「歌っても喋っても耳に心地よい。バンドも手練れが集まってて安心感あったしね。もっとでかいところで見たいなと思ったけど、フォレストにばっちり合ってたね」

司会者「なるほど。先ほど「思い入れ補整」という言葉がありましたが、思い入れを持って見ていたアーティストについてはどうでしたか」

レジー「まず、ふくろうずとパスピエは外せないですね」

司会者「どちらも小さいライブハウスでやってた頃から見ているバンドです」

レジー「パスピエは最近とんとん拍子にデカくなってるから、紆余曲折あったふくろうずの方が特にぐっときたなあ。ひたちなかで『ごめんね』が聴けるとは!って感じで胸が熱くなった。万里ちゃんも気持ち入ってたなあと」



司会者「あとはやっぱりPerfumeですかね」

レジー「これは言わずもがなですね。なんかもう始まった瞬間にちょっと泣いてた。僕は路上で歌ってた時代とかは知らないんだけど、カウントダウンジャパンの一番小さいステージのトップバッターとか、リニューアル前のタワレコ渋谷の地下でやった『Baby crusing love』購入者のインストアイベントとか、今とはスケールの違う場所でやってたのも見たことがあったので、いろいろフラッシュバックしました」

司会者「選曲も良かったですね」

レジー「うん。アンコールの『Dream Fighter』の話がされがちだけど、中盤の『SEVENTH HEAVEN』から『心のスポーツ』の流れが最高でした。どっちも彼女たちの曲の中でトップクラスに好きな曲です」





司会者「素晴らしい」

レジー「いろんな人が言ってるけど、『SEVENTH HEAVEN』の振付で3人向かい合って踊るところがいいよね。あれをグラスステージの夜に見れてほんとに幸せだった。あとPerfume絡みで言うと、思い入れとかと関係のないところでcapsuleが超良かったんだよね」






司会者「この連発はすごかったですね」

レジー「吉幾三とかビースティとかってのはこれね」




司会者「クイックレポを見ていただくと雰囲気がわかりますが、スクリーンをがっつりいれて映像と音をシンクロさせたステージでした」

レジー「なんかさ、中田ヤスタカって男の夢を体現してるなあと思ったんだよこれ見てて」

司会者「はあ」

レジー「ステージのど真ん中に鎮座して自分の曲を女性に歌わせてそれで観客が超熱狂してるっていうね。それで別の日にも大きいステージに自分が手掛けてる人たちが出てるわけでしょ。すごいなあと」

司会者「男の夢というか自分の夢では」

レジー「中田ヤスタカになりたい。このときのレイクの雰囲気も良かったんだよね。バンプ裏でこっち選んできてる人の気合がすごい感じられた。人数自体はそこまで多くなかったんだけど、それがまた秘め事感があって楽しかった」

司会者「capsuleのような映像を駆使したパフォーマンスはDJブースでも行われてましたね。ステージバックが全面スクリーンになってて」

レジー「そうですね。アイドル含めてDJブースの滞在時間例年より長かったな。特に3日目のベビメタ→9nine→ダイノジ→八王子Pの流れが、「いろんなジャンルの音楽が集結してる」って感じがしてすごい良かった。アイドルの話はあとでまとめてするとして、ダイノジの盛り上がりはすごかったよ。毎年じゃないけど時間あればこの人たちのパフォーマンスは見るようにしてるんだけど、いつにも増してお客さんの反応が良かった気がする」

司会者「変わってきてますよね。こんなツイートもしてましたが」




レジー「この前行ったユニゾンのライブの雰囲気もすごい良かったんだけど、発信し続けてるとお客さんって育つんだなあと思った。あと八王子Pも半分くらいしか見れなかったけど面白かったなあ。ボカロPはこの人しか見てないけど、今回のDJブースの作りは実はボカロPが一番活用しやすいものになってたような」

司会者「全面スクリーンにボーカロイドが出てくると盛り上がりますよね」



レジー「うん。ほんとそろそろこっち側は本気でキャッチアップしていきたいと思ってはいるんだけど。あとこの日じゃないけどカリスマドットコムね。楽しみにしてたアクトの一つだったんですが期待通りに良かった」



司会者「なんか不思議な人たちでしたね」

レジー「普段は会社員ってのも勝手に親近感持ってます。この前出たアルバムはよく聴くことになりそう」



司会者「アイドルに関してはどうでしたか」

レジー「まず前提として、日にちの差はあれどそこまでネガティブな空気は漂ってなかったと思います。で、雰囲気としてはほんとに見たい感じの人たちが一部いて、その人たちを「どれどれアイドルってどんなもんかな」って感じで来てる人たちが囲んでいると」

司会者「この辺は他のアクトとも構造は一緒ですかね」

レジー「そうね。ただ、「どれどれ」って人たちの様子見感は他のステージよりも強かったと思うよ。アイドルってものを初めて見る人たちも大勢いただろうし。で、ちょっとした警戒感と言ってもいいような気持ちを持っていたであろう「どれどれ」層をどこまで巻き込めたか、ってのがポイントになったのかなと。漏れ聞こえてくるところではでんぱ組は完全に持っていってたみたいね」

司会者「あとベビメタもかなり盛り上がってましたね」

レジー「うん。でもね、この2つがここで盛り上がるのはそこまで不思議じゃないんですよ。ロックサイドにも存在が十分知られてる人たちじゃないですか」

司会者「メトロックでベビメタが大盛り上がりだったなんて話もありましたしね」

レジー「そうそう。で、僕がここで特に強調しておきたいのはそういう前評判なしでがっつり盛り上げて帰っていった9nineが最高だったっていう話なんですけど」







司会者「かわいい子たちが真っ当に踊って真っ当に歌うってことを忠実にやり切っていったわけでかっこよかったですね」

レジー「ほんとそうなんだよね。9nineがうけたってことについては2つ示唆的なことがあって。まず1つは、以前も書いた通りこのグループって「ストーリーを巡る争い」で他のアイドルグループの後塵を拝しているわけで、飛び道具上等なアイドルシーンではどうしても地味な位置づけになってると思うんですよ。それが「ロックフェス」という外の世界に出たことで、そういうハンデと関係のないフィールドで勝負できたわけです。で、その結果が今回のパフォーマンスとそれに対するお客さんの反応ですよ。ざまあみろって感じですね」

司会者「(何に怒ってるんだ)普段関与のない人たち相手であるがゆえに、「むき出しの力」が要求されると」

レジー「そう思います。お話作って盛り上げる戦い方やってもみんな疲弊していくだけなわけで、アイドルグループとしての本質的な部分であるパフォーマンスのレベルを愚直に上げて「枠組みの外で勝負する、しかもそれで評判を得る」ってのを見せられたのはアイドル市場という観点で見ても大きいことのような気がしました。これが1つ目の話。で、2つ目の話なんですけど、このグループって川島海荷がいるんですよ」

司会者「はい」

レジー「これってアイドルシーンの中で見てると当たり前のことになりすぎて誰も何とも思ってない気がするんだけど、実は結構重要な話なんですよね。川島海荷見たい!って言って前の方に行く人たちを何人も見たし、出てきたらみんなかわいいー!って言ってたし。9nineは5人それぞれに個性があって誰かを突出させるってのは似合わないグループだと思うけど、「川島海荷がいるグループなんだ」ってのは身内が思っている以上に引きが強いわけで、ここはもっとうまく情報化していった方がいいんじゃないかと。これが2つ目の話です」

司会者「なるほど。9nineに関してはちゃあぽんのMCもかなり効いてましたよね。完全にその場を掌握しきってたというか」

レジー「そうね。あれは大きかった。と言うのも、初日にPASSPO☆見てて思ったんだけど、やっぱり「いかにもアイドル」な感じのMCやり始めると途端に空気が冷えていくんだよね」

司会者「慣れるまで時間かかりますからねああいうの」

レジー「いまだに僕あんまり得意じゃないもんなあ。ステージ上できゃっきゃしてるのを見せるって手法はワンマンもしくはアイドルに関与のある人たち向けのシチュエーションならそれでいいと思うんですよ。そういう姿を見に来ている人たちもたくさんいるし、みんな目を細めて見ててくれる。でも「そもそもアイドルってどういう感じなんだろう」って思ってる人たちの前でそれやっちゃうときついよね。その辺PASSPO☆はちょっとまずったんじゃないかなあと思った」

司会者「その次のSKY-HIが徹底してた分差がはっきり出てましたよね」

レジー「うん。昨日のトークイベントでも「ロックとアイドルの前に、ロックとヒップホップの方が壁が高い」って話が出たんだけど、まさにそんな感じでSKY-HIもほんと人少なかったんだよね。でもその中で一見さん相手にどうインパクト残すかってのを相当ちゃんと考えてるのがわかったし、そのトライは成功してたと思う。すごい楽しかったし、お客さんも少しだけど増えてたような。この辺の「まだ支持基盤が固まっていないアーティストのフェスでの戦い方」って話はジャンル問わないよね。それこそこの前のTIFではさっしーがそのマナーを完全に理解したうえでHKTのすごいパフォーマンスをプロデュースしたわけで」

司会者「わかりました。長くなってきたのでぼちぼちまとめに入りたいのですが何か言い残したことがあれば」

レジー「んー、まあいつも通り総じて楽しかったって話ですけど。あ、そうだ、今年グラスステージの配置が変わって動線も違う感じだったんですが」

司会者「はい」

レジー「グラスがでかくなるっていう良さはあった反面、なんかグラスに気楽に行きづらくなったような気はしたね。DJブースとグラスをふらっと行き来する感じとか、飯買ってからグラス方面に行く感じとか、そういう動きがしづらくなったような気がするのは僕だけでしょうか」

司会者「ステージごとにセパレートされる感じが強まったんでしょうかね」

レジー「どうなんだろう。で、たぶんこの話と関係している部分もちょっとはある気がするんだけど、僕が去年指摘した「リア充カルチャーとしてのフェス」って部分に関して言うと、僕今回「集合写真!」とか「ハイタッチしてうぇーいwww」みたいな場面に意外と出会ってないんですよ」

司会者「柴さんのブログを見る限りいたるところでやってたみたいですよ」

レジー「ねえ。僕その手の空気直に感じたのクリープハイプくらいだな。なんかうまいことそういうのが発生しやすい空間ないしアクトを回避できてたんだよね。これってステージごとの独立性が高まってるみたいな話とつながってるんじゃないだろうか」

司会者「あとはそもそものブッキングとタイムテーブルの話も当然関係してきますよね」

レジー「うん。で、「みんなで盛り上がろうぜ!!」みたいな空気の一翼を今まではDJブースが担ってたわけじゃないですか。ホルモン流してみんなで頭振ってって感じの」

司会者「あーなるほど。今年はあそこからいわゆるロックDJの比重が減ったわけで、構造としてあの手の空気が生まれづらくなってるんだ」

レジー「たぶんそうなんだと思うんですよね。今年のひたちなかってアイドルばかりがフォーカスされてたけど、根底にあるのは「純粋に音楽メインで楽しみたい人たちのロイヤリティを取り戻そう」っていう発想だったんじゃないかなと。DJブースにいろんなジャンルを揃えたところからちょっとその意識は垣間見えてたけど、今回行ってみてフェス空間全体からそういう心意気をより強く感じました」

司会者「「アイドルなんか出しやがって、魂売ったか」みたいな人たちはまんまと出し抜かれた感じになりましたね」

レジー「ほんとだよね。まあでも、なんでもコミュニケーション消費を助長する方向にいったらほんとに音楽雑誌なんて死ぬからね。いくらフェス事業だTシャツ事業だって言ってても、雑誌そのものをつぶすのは本意ではないでしょう。そういう流れに楔を打ち込んだのが今年のひたちなかだったんじゃないかなと思いました。というわけで、来年も楽しみにしています」

司会者「わかりました。では今回はこんな感じで。次回はどうしますか」

レジー「現状未定なので考えます」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

ロックインジャパンについての雑記10 -超私的今年の見どころガイド

レジー「最近ポリスターのいろんな楽曲のPVがYouTubeの公式チャンネルにあがっています

司会者「渋谷系の名曲などいろいろ出てますね。あとWinkとか細川ふみえまで」

レジー「やっぱこれだよね」



司会者「2人とも若い」

レジー「フリッパーズのこの曲後追いで聴いて、いわゆるネオアコみたいな音楽に興味持ったなあ。あとポラリスのこの曲も超好き」



司会者「見始めると止まらなくなるくらいいい動画揃ってますね」

レジー「寝る前とかに見出すとやばい。あと若いころの思い出で言えばAIRのこの曲ね」



司会者「1回目のひたちなかのトップバッターがAIRでした」

レジー「この『Kids are alright』もやってたよ。当時18歳だな僕。あの頃はこのフェスがこんな盛り上がりを見せるものになるとは思いませんでしたよ」

司会者「というわけで、前回の記事では今年のロックインジャパンのDJブース問題について集中的に取り上げましたが、今回は全体のタイムテーブルについてやりたいと思います」

レジー「例によってものすごい変わりばえのあるメンツかというとそうでもないけど、サカナクション、バンプ、Perfumeってヘッドライナーの並びは結構すごいよね」

司会者「本気出してきた感はありますね」

レジー「それ以外にもバンプの前がアジカンだったり、ワンオクホルモンの流れとか、総決算感がすごい。今年で終わるんじゃないかっていうくらい。あ、アジカンバンプは07年にもやってるか」

司会者「今年で終わるならPerfume大トリにはしないと思いますよ」

レジー「それは確かにそうね。しかしほんとびっくりしたなPerfumeは。会社帰りの電車でタイムテーブル確認してて、発見した瞬間おお!って結構でかい声出してしまって周りの人に怪訝な目で見られた」

司会者「DJブースのアイドル話と合わせていろいろ意見もあるようですがどうですか」

レジー「まあ自分がPerfume好きだからってのもあるけど全然良いと思うよ。このフェスにしかできないことだと思うし、今完全にポップミュージックの「日本代表」だからさあの人たち」

司会者「アミューズのイベントをはさみますが、ヨーロッパ公演後の凱旋ステージとなります」

レジー「今日のライブビューイングはパスしてしまったので、ますますひたちなかが楽しみですな。このブログに今年のPerfumeのライブスケジュールがザーッと載ってるんだけど、結構他流試合が多いんだよね。海外とかイベントとか対バンとか。ある意味ひたちなかが一番のホームなんじゃないかとも思うわ」

司会者「口パクが大トリ?みたいな意見もちらっと見た気がしますが」

レジー「そういう人は今後一生音楽聴かなければいいと思うんだけど、音楽とさよならする前にまずはこのカンヌでのパフォーマンスを見てみましょう」



司会者「これを見て何かを感じてくれるといいですね」

レジー「あとこの前の韓国のフェスでの『だいじょばない』ね。これもすごい。なかなかアウェー感あって大変だったみたいってのが行った方のレポに書かれてたけど、その鬱憤をがっつり晴らしてくれるでしょう」



司会者「Perfumeはこのフェスには何度も出てますが、完全に暗くなる夜の時間帯では初めてですね」

レジー「うん。そこが今回のポイントで、この人たちのライブの肝は映像や照明を使った総合的なパフォーマンスなわけですよ。明るい時間だとそれを発揮するのはなかなか難しいわけで、今回はついにフェスでその本領を見せる感じになるんじゃないかな。去年のアジアツアーでは『Edge』をやるための映像出すセットを持ち込んでたけど、いろいろそういう仕掛けもやってくれるはず」



司会者「今回紹介したPerfumeの動画は全部必見ですね」

レジー「見たことない人はぜひ。とにかく、チームPerfumeの神髄がぶち込まれたステージがあそこで見られると思うと今から楽しみで仕方ない」

司会者「それで言うとサカナクションも自分たちのライブでやってるようなことをぶっこんでくるかもしれませんね」

レジー「そうね。バンプが注目なのは言わずもがなだし、こう考えても改めて大ゴマ揃えましたって感じがするな」

司会者「ヘッドライナー以外ではどうですか」

レジー「一番びっくりしたのは民生がレイクになったことね」

司会者「初回から連続出場で、一貫してグラスでした」

レジー「弾き語りじゃなくてレイクなのは初めてだよね。レコーディング企画もレイクだったけど。あと真心がウィングテントなのも何気に衝撃だった」

司会者「グラスもやったことある人がウィングテントでやったケースってありますかね」

レジー「記憶の限りではたぶんないと思うんだよなー。誰か教えてください(注:この辺の内容について追記あり)。真心は05年のレイクでの復活ステージでやった『ENDLESS SUMMER NUDE』が最高だった印象があります。夏の名曲聴きたいかー!みたいなMCがまたかっこよかった。この動画は翌年のグラスでの演奏ですね」



司会者「今回山Pがカバーするんですよね」



レジー「ね。これ必然性が謎なんだけど意外と嫌いじゃないのはなんでだろう。アレンジをCHOKKAKUとOKAMOTO’Sがやってるんだね。ちょっと脱線しましたが、民生にせよ真心にせよ、大ベテランがちょっと目立たない感じになってきてるところからはこのフェスの「世代交代」みたいなものをちょっと感じますね」

司会者「大ベテランといえば、今回の目玉の一つの安全地帯もグラスではなくレイクでした」

レジー「ね。スカスカでもグラスでやるかと思ってたんだけど。この辺は先日の宇野維正さんのツイートがジャストだなと」




司会者「民生や安全地帯以外でもグラスでやれそうな人が別のステージに出てますよね」

レジー「山崎まさよしも坂本真綾もフォレストだしね。坂本真綾は不勉強なりにいくつか音源聴いたり動画見たりしたけどアリーナクラスで普通にできる人なのにね」



司会者「この日のフォレストはカランコロン→大橋トリオ→坂本真綾と続きます」

レジー「この流れ個人的にはハイライトの一つですね。カランコロンはずっと食わず嫌いしてたんだけど、この前やついフェスで見て印象変わった。まずあの鍵盤の女の子が可愛すぎる」



司会者「それですか」

レジー「あれに騙されてる男いっぱいいるね。てか騙されたい」







司会者「なんて失礼な」

レジー「いやいや、完全にほめ言葉ですよ。華もあってカリスマ性もある。曲も音源で聴いてた限りではなんか箱庭感があって「嫌味な音楽だなあ」と思ってたんですが、ライブはちゃんと開かられてて好感持って聴けました。大橋トリオは3年ぶりくらいに見るけど悪いわけがないので楽しみですね。他にも秦基博とかYUIのバンドとか、フォレストは見どころ多い気がする」

司会者「あとは弊ブログで継続的に推しているパスピエはウィングテントで初出演です」



レジー「いやー予想はしてたけど他のステージで見たかった。これはシーサイドステージがなくなった弊害ですな。若手系のバンドはなんかこっちに「押し込められた」感がすごいあるね。やっぱりあそこって「屋外感」がちょっと減退するから、他のステージに比べると魅力が落ちるんだよなあ。ふくろうずもウィングテントだし」

司会者「久々のアルバムが出ます」





レジー「2年間潜伏してる感じになってますが、これ必聴ですよみなさん」

司会者「それこそカランコロンやパスピエがいるようなポジションに今いてもおかしくないバンドだったわけですよね」

レジー「そうそう。自分がここまでパスピエにはまったのはふくろうずの不在ってのも大いに関係してるんだよね。とりあえずこの人たちを大きいフェスで見れるのは嬉しい、でもウィングテントか・・・って感じ」

司会者「Predawnとか完全にシーサイドステージ向けでしたよね」

レジー「ほんとそうだよ。あそこの気持ち良い空間で聴きたかった」





司会者「この流れで、シーサイドの廃止とパークの復活というステージの改廃についてはどう思いますか」

レジー「んー、これは疑いの余地なく動員対策だと思うんだよね。6ステージだった10年より5ステージだった12年の方が入れてる人多いわけで。この状態でステージ一つ大きくするんだからキャパは広がるわな。シーサイドステージがあったエリアも一応開放はするみたいだし」

司会者「確かに人は増えそうですね」

レジー「正直もうこれ以上増えるときついって感じにはなってると思う。終演後のバスの回しとかも結構限界のような気もするしね。インフラが快適!を売りにしてるフェスがそれとは真逆の方向に舵を切ってるのは何とも言えないよね」

司会者「まあいろいろ事情はあるんでしょうが」

レジー「ポジティブな面で言っておくと、パークステージは結構いいんですよね。サイズ的にも場所的にも」

司会者「何か思い出深いアクトなどあれば」

レジー「09年のソウルフラワーかなやっぱり。ちょうどあの年って清志郎とミッシェルのアベが亡くなった年で」

司会者「あー」

レジー「で、ちょっと記憶あやふやだけど、中川さんが「逝ってしまった者と残った者、それぞれにこの歌を」みたいなこと言って『満月の夕』をやったんだよね」



司会者「胸をかきむしられますね」

レジー「今思い出しても鳥肌立って泣きそうになる」

司会者「今年のパークステージで見たいバンドはありますか」

レジー「それはもうあれですよ、ぶっちぎりで赤い公園」

司会者「去年のシーサイドでの演奏も良かったですね」

レジー「今年シーサイドないしウィングテントだったら面白くないなあ、もっと大きいところで見たいなあと思ってたので良かった」

司会者「最近新曲が出ました」



レジー「『今更』ほんとかっこいいわ。もしかしたらPerfume以外だと一番注目してるアクトかも」

司会者「最近だと津野さんがSMAPに『Joy!!』を提供したりと世の中に見えてきた感じはありますね」

レジー「うん。しかし立川BABELで見たの2年前の夏だもんね。すごい急展開だなあ。サカナクションの『Moment』がそうだったみたいに、『Joy!!』は世間に打って出る強烈な一手になってると思うんだよね。ここからどう化けていくのか、ってところでまずはこのフェスの結構でかいステージでやるってのは一つの試金石になると思ってます。楽しみにしてます」

司会者「わかりました。ではぼちぼちまとめに入りたいのですが、今回はひたちなかの個人的見どころって感じで進めてきました。何か言い残したことあれば」

レジー「他にも楽しみなのはたくさんあるのでここには全部書ききれないんですが、自分にとってのこのフェスの面白いところは、アーティスト発表の段階だと「目新しいのもちょっとはあるけどまあいつもと変わらんなー」って必ず思うんだけどいざタイムテーブルになると「なんだ見たいのいっぱいあるじゃん!」ってなるところなんだよね。結構逆パターンのイベントもあるでしょ。この前のやついフェスってわりとそういう感じだったんだけど」

司会者「レキシとマキタスポーツが!!みたいなのいっぱいありましたよね」

レジー「かせきとNegicco!!とかね。そういう意味でこのフェスのタイムテーブルはよく練られてるのかもね。あ、そうだそうだ、あと今年平井堅出るじゃないですか」

司会者「06年以来ですね」

レジー「僕この人03グラス、06グラス、あと08のJ-WAVEの代々木体育館イベントで3回見てるんですけど、3回とも全部アコースティックセットだったんですよね」

司会者「あー」

レジー「「歌の力があるからこの編成で大丈夫なんだぞ」って自信の表れなのかもしれないけど、毎回そうだと個人的には「イベントだし最少編成でお茶を濁しとけばいいか」にも見えちゃうんだよね。今年はできればがっちりバンド入れた編成でやってほしいなあと思ってます」

司会者「2日目の15時半からです」

レジー「あ、でもタイムテーブル的に見れるか微妙だな」

司会者「見ないのにそんなこと言ったのか」

レジー「赤い公園とパスピエの間はまだ何見るかわからないのでその場の流れで決めます。しかしあれだな、ここ数年は3日目大トリの途中で帰ってるんだけど、今年は最後までちゃんと見ざるを得ないな」

司会者「そりゃPerfumeは見届けないといけないですよね」

レジー「電車どうするかなあ。その辺も含めてあと1か月じっくり考えますわ。なんか去年ひたちなか関連記事がバズったときに「レジーって人はロッキンのこと嫌いなら行かなければいいのに」みたいな行間が読み取れない人の反応をいくつか見た気がするんだが、今年も例年と同じくとっても楽しみにしています。入場ゲートくぐってレイクステージが見えた時の高揚感は何物にも代えがたいよね。というわけで今回はこんな感じで」

司会者「わかりました。では次回はどうしますか」

レジー「一応「あの1023円で何が買えたか? -もはや誰も顧みない90sJ-POPを勝手に供養する-」の3回目の準備もしてるんですが、何か違うネタがあれば考えます」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」


<7/7追記>

司会者「記事内容について一か所ご指摘をいただきました」




レジー「ありがとうございました。確かにそうでしたね」

司会者「キンブラは1回目の00年、SBKは02年にグラスで出てます」

レジー「00年はステージ1つ、02年はステージ2つだから今とは意味合いがちょっと違うけどね」

司会者「確かに当時はセールスの規模からするとかなり大きいところで演奏しているバンドもありました」

レジー「それはそれでそういう面白さもあったけどね。要望あれば1回目のひたちなかに行った時の話とか書こうかなあ。もう10年以上前だから記憶は結構薄れてるけど、今とだいぶ違ったってことは伝わるような気はする」

<7/12さらに追記>




レジー「まだあった。ありがとうございます」

司会者「これでもう打ち止めですかね」

レジー「4ステージ制以降でグラス→ウィングは真心が初、ってのが正しいのかな」

司会者「もしまだあれば引き続きよろしくお願いします」

ロックインジャパンについての雑記9 -当フェスはROCKIN'ON JAPANとは一切関係ございません

司会者「ロックインジャパンのタイムテーブルおよびDJブースも含めた全アクトが発表になりました

レジー「いやいや盛り上がりましたねいろいろと」

司会者「主にDJブースのネタが中心でしたが」

レジー「タイムテーブルとステージ割見ていろいろおおって思うところあったんだけど、DJブースの件がインパクト大きすぎてそれどころじゃなくなっちゃったね。というわけで、2回に分けてひたちなかネタやろうと思います。今回はDJブース界隈の話について、次回は全体のタイムテーブルとステージ割について、という感じで」

司会者「わかりました。DJブースに関して一番物議を醸していたのは女性グループアイドルの大挙出演ですね。そのあおりを受けてDJアクトが減っています」

レジー「片平さんも保坂さんも出ないんだね。なんか不思議な感じ」

司会者「そもそものスタンスとして今回のこの動きについてはどう思っていますか」

レジー「んー、僕は単純にアイドルが好きなのでいいなあと思いましたけど。ひたちなかで9nineが見れるなんて考えたこともなかったからね」

司会者「確かに」

レジー「なので個人的には見たいアーティスト増えたなーくらいの感想でしかないのでそれで終わらせちゃってもいいくらいなんだけど、今回の動きがロックインジャパンっていうフェスに与える影響はいろいろあるなあと思いました」

司会者「「いよいよ商業主義に走ったか!」みたいな反応もあったみたいですがそういう話ですか」

レジー「なんかいわゆるロックDJ界隈?でそんなこと言ってる人見た気がするんだけどやばいよね」




司会者「確かに別にアイドル出なくても今年もソールドアウトでしょうね」

レジー「なんかこう「アイドル=商業主義=唾棄すべきもの」みたいに簡単に一直線につながる頭の悪さね。ここでパイプ作っといてどうのこうのみたいな話でもないと思うし。こういう知性の欠如こそが音楽シーンにおいて撃つべき最大の敵なんじゃないかと本気で思っている。まあそれはいいや。たぶん今回の件は、「このフェスはロッキングオンジャパンという雑誌とは関係のないものになります」という宣言と捉えるべきなんじゃないかなと思いました」




司会者「福山さんとももクロは先日Cutでフィーチャーされてたことを受けての例示ですね」

レジー「うん。雑誌とフェスのねじれ現象みたいな話は以前から指摘されてたけど、今年はそれを本格的に解消しにきたってことじゃないかと」

司会者「去年のひたちなか記事でもそんな話をしていましたね」

レジー「「フェスと雑誌の主従関係」ってタイトルで書いてたんだけど、ある種今年の動きを予見してる記事になってると思うのでもっと評価してほしいね。このシリーズ、「RIJFのRはリア充のR」ばかり取り上げられがちなんだけど。で、この記事でも紹介している2年前の柴さんの発言を引用しておきます」

ロック・イン・ジャパンは、ロッキング・オンという活字の会社がそれをやったことで、言論の批評性がフェスのメディア性に従属するものになった。雑誌ジャーナリズムがフェス文化に手を出したことの弊害は誰かが言わなきゃいけなかったことですよ。

司会者「「言論の批評性」と「フェスのメディア性」の間でねじれが生じていたって話ですね」

レジー「はい。あとそれに関連した自分のコメントも引用しておこう」

ここからは僕の解釈なんですが、要は「楽しけりゃいいじゃん!盛り上がっちゃいなよ!の前では理屈が通用しない」ってことかなと。JAPANがこれまでやってきたことってのは、多少悪意もこめて言うと「ジャーゴンを駆使して排他的なムラをつくる」ってことだと思います。それを彼らは「批評」と呼んできたわけです。でも、夏の野外で音楽と酒が溢れた場所にそんな辛気臭い話はいらないですよね。フェスという場は「音楽がよりフィジカルに響く場所、頭じゃなくて体で聴く場所」です。JAPAN的な理屈系音楽批評ともっとも相性の悪い空間を自ら生み出してしまった

司会者「相性が悪い場所だからもう完全に別物として考えましょうっていう判断をしたってことですかね」

レジー「そういうことになるわな。もうこれで「JAPANに載ってないようなやつ出しやがって・・・」みたいな不満は完全に的外れになったね。そんな基準でやってないわけだから」

司会者「「こんなアイドルステージはロッキンにいらない!」みたいなこと言っても無駄だと」

レジー「そうそう。あと思うのは、別にこれアイドルステージじゃないんだよね。ボカロPも出るし」

司会者「ヒップホップ系もいろいろ出ますよね」

レジー「ちょっとSKY-HIとか見てみたい」



司会者「こういうときじゃないとなかなか見る機会もないですしね」

レジー「ね。だからさ、今回のDJブースのブッキングって好意的に見ると「このフェスに来るようなタイプの音楽好きな人たち」、つまりそれこそバンプとアジカンとワンオクとホルモンとテンフィとカナブーンみたいから3日間参加します!みたいな人たちね、そういう人たちの「好みの外」に広がってる音楽との新たな接点を提供しようっていう意図がちゃんとあるんだよ。これだけ話題になれば何か1つくらい時間あったら見てみようかなみたいな気持ちになる人も多少はいるだろうし。そう考えるとロックDJ的なものが今回削減されたってのもわりと納得がいきます。まず前提として、これも去年ひたちなか行った後に書いた記事でちょっと触れたけど、あのフェスにおける「ロックDJカルチャー」って一つの曲がり角を迎えてたと思うんだよね」

司会者「詳しくはこちらの記事を読んでいただければ」

レジー「そこでも紹介した、今回は出演されないけどこれまでレジデントDJを務めていた保坂さんの発言を再度引用しておきます。初出はこちら

しかし、今年は、正直、みんなが、オーディエンスがどのように音楽を捉えて、どのように音楽を楽しんでくれるのか?という、原点中の原点を掴むことが難しかったのが事実です。例えば、“あの曲をかければみんなが踊ってくれる”、とか。“今年は、この曲を自らのキラーチューン、アンセム、として鳴らせば、みんなに届くだろう”、とか。そういう試行錯誤しつつ、プレイしたのですが、自分の思うようにいかない場面が多々ありました。これは、自らの力の無さから来ることかも知れません。そう言ってしまえば、それで終わりなのかも知れません。けれど、それ以外にも、理由はあるなって。ひしひしと感じたわけです。

司会者「現場の人すらどうしたらいいかわからない状況になりつつあったんですよね」

レジー「ここはいろいろ理由があると思うんだけど、フェス全体の変容がDJブースにわかりやすく表れてるって話だと思っています。で、結局最近のDJブースって「邦ロックの有名曲が流れたらみんな一斉に集まってきて盛り上がって、古い曲や洋楽になったらさーっとはけていく」って状況が常態化してたと思っていて。そういう状況を引き起こしちゃうアクトって、今回DJブースでやろうとしている「音楽との新たな接点の提供」って話から考えるともはやふさわしくないんですよ」

司会者「確かにホルモン出てるのにわざわざホルモン流してヘドバンしなくても、みたいな感じはあります」

レジー「もちろんそういうのが楽しいって人もたくさんいるからこそ、前田さんはじめ完全にロックDJ系がなくなったわけではないし。まあでもそのうちなくなるかもね。ダイノジとかハヤシみたいな「有名じゃない曲でも、必要に応じてギミック使いながら盛り上げる」って人たちだけが残るのかも」

司会者「あの人たちもちょっと色物っぽいことやってても、実はそれが音楽を伝達するための手段にちゃんとなってるんですよね」

レジー「僕自身レジデントDJの人たちの選曲で初めて知った曲とかたくさんあるからさびしい気持ちがないわけではないけど。そういやシロップの『My Song』初めて聴いて感激したのもDJブースだった」



司会者「あんな静かな曲を」

レジー「すごい盛り上がった後ちょっといい曲聴いて落ち着いて!みたいな感じで片平さんが流したんだったかな。まだツイッターなんてない時代だから帰って公式BBSに「あの「あなたを見ていたーい/裸を見ていたーい」って誰の歌ですか?」って書き込んで教えてもらって。今との情報環境の違いにびっくりするわ。そんな思い出もあるのでDJブースの大幅な変更に感傷的な気持ちがないわけではないですが、基本的には今回の動きは支持ですね。新しいDJブースとしてどういう空間になるのか楽しみです」

司会者「アイドル初めて見るって人も結構いるかもしれませんね」

レジー「ね。たぶんどのアイドルも想像している以上に可愛くて華やかだし、想像している以上にパフォーマンスもしっかりしてると思いますよ。BiS、でんぱ組、ベビメタあたりが注目される気がするんだけど、まあこの辺はサマソニとか他のフェスに出てもおかしくないわけで。それ以外の人たちの方がわざわざフェスで見るには面白い気がします」

司会者「アプガとか普通にすごいですからね」



レジー「個人的にはそんなに好みではなくて3曲くらい見ると疲れちゃうんだけど、一見の価値はあると思う。あとは最初にも言ったけど何といっても9nineだよね。これを機にちょっとでも火がついてほしい」



司会者「普段の屋外イベントとかより音響もしっかりしてるでしょうし楽しみですね。一方でこんな意見もありました」







レジー「この意見は面白いなあと思った。意図してることがちょっと同じかわからないけど、なんか有名どころ集めました的なムードが雑だなこれって感じがあるのは事実で」

司会者「ショーケース的な意味合いで考えるとこれでいいんじゃないですか」

レジー「まあそれはそうなんだけどね、結局縦ノリでオイオイ言う感じのアイドルが主体なのもなんだかなと。これは個人の好みの問題かもしれませんが。女子流とかドロシーとかって選択肢はなかったのかな。あとリリスクとか」



司会者「リリスクはあの空間に合うような気もしますよね」

レジー「なんかそういう幅がもうちょっとほしかったなとは思う。あとどうせやるなら茨城のご当地アイドルとかね」

司会者「いるんですかね」

レジー「どうなんだろうなーと思って調べたら、なんといました

司会者「おお」

レジー「しかも水戸だから近いじゃんね。その名も「水戸ご当地アイドル(仮)」だって」

司会者「名前もサイトもやっつけ感がすごい」

レジー「でもオーディションに87人も集まったって。曲はこんな感じ」



司会者「これは」

レジー「まあこれはどっちでもいいか」

司会者「ちょっと話がそれてきたのでそろそろまとめていただけると」

レジー「失礼しました。今回は今年のひたちなかについて、DJブースの話に絞ってやってきました。新しい取り組みだからいろいろ軋轢は出てくるだろうけどたぶん面白い方向に進んでるとは思うんだよね。今回のDJブースのためにアイドルオタクが大勢やってくるって話でもないだろうからサマソニのももクロみたいにペンライト持ってステージ占拠ってことにもならないだろうし。アウェー空間でどういうパフォーマンスが行われるかを楽しみにしています。で、そういうことが起こっているフェスの大トリがPerfumeってのがすごく感慨深いですね。というわけで次回は全体のタイムテーブル見ながら、今年のフェスの雰囲気についてやれればなと思っています」

司会者「わかりました。できるだけ早めの更新を期待しています」

ロックインジャパンについての雑記8 -ひたちなかをナナメに楽しむ基礎知識と今年の展望

司会者「ロックインジャパンの出演アーティストが発表になりました

レジー「今年も3日間行きますよ」

司会者「そうなんですか。常日頃からディスってるのに」

レジー「なんだかんだで好きなフェスですよ。あとはここまで来ると「行かない」っていう意思決定をすることの方が難しかったりする」

司会者「今年行けば初回からの皆勤記録をまた更新しますね」

レジー「うん。「フジ行かないの?」とか「ライジング来ないの?」とか言われるんだが、毎年ひたちなかで資金が尽きるパターンを繰り返している」

司会者「今年に入って初めて弊ブログを読まれた方はご存じないかと思いますが、このブログで最初に火がついた記事はロックインジャパンネタだったんですよね」

レジー「柴さんと鹿野さんの力を借りてね。で、まだ一部だけど出る人たちも発表されたので、ここが今年の見どころではとか単純にこれ見たいなーこれ出ないかなーとかそういう話をしようと思うんですが、これまでロックインジャパンに関してはいろいろ書いてきているのでまずはその紹介を改めてさせていただこうかなと」

司会者「わかりました」

レジー「「ロックインジャパンについての雑記」ってタイトルで7回書いてます。結構あるな。これを読めばあなたもロックインジャパン通ということで」

司会者「1~3が最初にバズった記事ですね。過去の思い出を初回から振り返りながら、「夏フェスブーム」みたいなものを経てロックインジャパンが「リア充の祭典」になっていく様子、そしてそれをロッキングオンがある種追認していく様子をまとめたシリーズです」

ロックインジャパンについての雑記1 -RIJF今昔物語
ロックインジャパンについての雑記2 -RIJFのRはリア充のR
ロックインジャパンについての雑記3 -フェスと雑誌の主従関係

レジー「「RIJFのRはリア充のR」って流行らないかな。3年くらい前から言ってるんだけど。で、これが反響あったので、行ってみたらどうだったかってのを書きました。ここまでの記事で書いてた「音楽が主役でなくなっていく様」みたいな話をDJブースでの出来事を引き合いに出しながらまとめています」

ロックインジャパンについての雑記4 -で、今年はどーだったの?という話

司会者「大谷さん初登場ですね」

レジー「この時には自分のブログに対して大谷さんからレスポンスをいただけるようになるとは思ってなかった。で、そろそろこのフェスの話やめようと思ってたんだよね」

司会者「粘着的なアンチみたいな人がいましたよね」

レジー「うん。このときは「反応が大きくなると賛否どっちも大きくなる」ってのを理解できてなかったからいろいろめんどくせーなと。そう思ってたんだけど、いいタイミングでミュージシャン側からこの話題に関するネタが出てきたので、それを取り上げたのが次の記事」

ロックインジャパンについての雑記5 -ポリのRIJ論

司会者「この頃は今より記事が短い」

レジー「特にこれはインタビュー引用が結構あってこのボリュームだから、ほんとにさくっと書いたのがわかる。で、しばらくしてフェス増刊号が出てWOWOWで放送がありまして。ここでの伝え方に関していろいろ気になることがあったので、そこにフォーカスして書いたのがこの2つの記事です」

ロックインジャパンについての雑記6 -JAPANはJAPANをどう伝えるか
ロックインジャパンについての雑記7 -「踊ってはいけない国、日本」のフェス

司会者「過去の増刊号も引き合いに出しながら、昔はもっと赤裸々に伝えてたんだけど・・・って話をしました」

レジー「改めてざっと読んだけど結構面白いよね」

司会者「まさかの自画自賛」

レジー「まあこのフェスについてここまでがっつりやってるのはこのブログのユニークネスと言っていいと思うので、最近読み始めてくださった方もぜひ遡っていただきたいなと。この辺のネタって、音楽とコミュニケーションの話とか、取り巻くメディア環境の話とか、僕のブログ全般の通奏低音がわかりやすく表出してるんですよ」

司会者「ちょうど先日3回にわたって取り上げた円堂都司昭さんの『ソーシャル化する音楽』のテーマとも重なってきますね」

レジー「そうね。あの本でもフェスとリア充みたいな話してるし。そういやこの前円堂さんのインタビュー読んでたらびっくりする箇所がありまして」

──時代の変化に伴走する形で、ゼロ年代以降の音楽論・音楽批評というものも変容していると思うのですが、最近の潮流について、注目している論者などがいらしたら教えてください。

 円堂氏■ロックも生れて50年以上経ち、回顧する対象になりましたよね。大和田俊之さんの『アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで』のような優れた歴史研究本も出ています。各論でいえば、ストリート・カルチャーや社会運動と結び付くような部分での音楽について磯部涼さんが追っている。ソーシャル化以降の音楽に関しては、井手口彰典さんが音楽行為のネットワーク化や同人音楽について書いている。いわゆるポップスに関しては柴那典さんが最近、積極的に発言しているし、レジーさんのブログも注目です。それこそ『ソーシャル化する音楽』は、彼らが書いても不思議ではないテーマでしょう。ひとまず長い歴史的スパンに関しては僕がまとめましたけど、各論の部分、もっと現代寄りで細密な議論を、若い書き手に期待したいです。というか、「書いてくれ!」というメッセージだったりもするんです(笑)。

司会者「おお」

レジー「これ会社で弁当食べながら読んでてすごいびっくりした」

司会者「大和田さん、磯部さん、井手口さん、柴さんって、この並びに入るのはすごいですね」

レジー「恐縮であります。普通に本読んでる人たちだから」

   

司会者「円堂さんには先日初めてご挨拶させていただきました」

レジー「お会いしたときにこの件のお礼言おうと思って伝え忘れちゃったんだよな。この場を借りて、改めてありがとうございました。前置きはこのくらいにして、ぼちぼち今回の発表内容についていきたいなと」

司会者「とりあえず62組が発表になりました」

レジー「まあなんかぱっと見変わりばえしないよね」

司会者「ナタリーのツイートが「サカナ、HIATUS、民生、きゃりー、モンパチ」って来ましたからね」

レジー「いつも通りかと思って見てたらまさかの安全地帯!こりゃすごい」

司会者「聴いてるんですか」

レジー「いや、過去の有名な曲しか知らないけど、一昨年のミュージックマガジン年間ベストのJ-POP/歌謡曲部門に入っててちょっと気になってはいました。あとはFNS歌謡祭で見てこの人ら、というか玉置浩二だけどマジすごいなと」

司会者「FNS歌謡祭の動画は軒並み削除されてるっぽいです」

レジー「僕らの音楽のやつがあった」



司会者「これがひたちなかにどう響くんでしょうか」

レジー「全く想像できない。たぶんグラスでガラガラのパターンだろうね」

司会者「切ない」

レジー「まあでもこれは絶対見た方がいいな。玉置浩二なんて日本のポップス史に残るシンガーなわけで、こういう機会に見て絶対損はない。去年のプリプリもそうだったけど、やっぱり一時代を築いてた人たちのステージってほんとに格が違うわけですよ。というわけで今のところは安全地帯が最優先だな。あと何気に気になるのが山崎まさよしね」

司会者「夏の出演は結構久々じゃないですか」

レジー「下手したら01年以来?あのときグラスでやったのすごかったよ。最強の3ピースって感じだった。今年はレイクだろうなあ。グラスでやってほしいんだけど」

司会者「あとは坂本真綾が出るってのも一部で話題になってます」

レジー「ね。いつもいろんなところで話には出るんだけど不勉強で全然知らないんだよね。ちょっとこれを機に過去作聴いてみるか。ちらっと動画見たらいい感じだったし。好きな人多そうなので、ぜひお勧め教えてください」



司会者「フェスきっかけで新しいもの聴くのも醍醐味ですね」

レジー「そうね。初物は意識して見たいな。とは言っても、今のところ超見たい初物ってないね。まあクリープハイプくらいかなちょっと気になるのは。あの新しい曲結構好きなんだけど」



司会者「クリープハイプといえば直近でファンの諸々が話題になってましたね。過去のロックインジャパン関連記事でも参加者のリテラシーみたいな話をしていますが、その辺について今年はどうでしょうね」

レジー「傾向としては変わらんだろうね。去年「SNSに投稿するネタとしてのフェス」って話を書いたけど、その状況は進行してるんじゃないかな。もうこのフェスの特質としての「リア充感」は覚悟しないといけない。僕にとってはそういう空気の少ないシーサイドステージでのんびり見るのが至福ですね。ステージ割発表されてないからどうなるかわからんけど」

司会者「あの辺のエリアは最高ですよね」

レジー「うん。大橋トリオやらないかなシーサイドで」

司会者「キャパ的に無理がある気が」

レジー「まあそうなんだけどね、すごい合うと思うんだよな。以前福岡のサンセットライブに行ったとき、かなり小さいステージで大橋トリオ見たんですよね」

司会者「2010年の話なのでちょっと状況が違いますね」

レジー「普通にフォレストとかなんだろうけど淡い期待をしています(注:このあたりのくだりについてラストに追記あり)。で、お客さんの話に戻るとちょっと不安なのは金曜日だなー、こういうこと言うと不快に思う人いるだろうけどほんとホルモンファンにいい思い出ないんだよ。きゃりーも出るしこの日は結構カオスになりそうだな。とは言うものの、まだまだ途中経過って感じだよねこの発表数だと。だから曜日ごとの雰囲気とかはまだ全然わからないね」

司会者「去年と同じステージ数だと1日に40くらいは出るわけで、まだ各日半分ちょっとですね。この先のブッキングで期待することとかあれば」

レジー「うーん、まあ結局無難なところに落ち着いてくるのがこのフェスなわけで。去年のプリプリ的な位置づけが安全地帯だとすると、あとは順当な感じでいくんだろうなあと。アイドル関連もなんだかんだでPerfumeだけだろうし」

司会者「直近でももクロがCUTに出てましたけどその辺はどうですか」

レジー「いや、たぶんそれはないと思うんだよな。これまでの経緯でいくとロックインジャパンにはももクロは出ないだろうっていう強い確信があるんだけど、最近何でもありだからわからんね(注:この辺についてもラストに追記あり)。で、目玉的なアクトで気になってるのはLUNA SEAね。なんかフェス出たいって言ってるって聞いたんだけど」

司会者「すでにJとINORANは出演が決まってますが」

レジー「ねえ。これがどういう意味なのかわからんけど、ここに関しては期待したいです。あのバンドはリアルタイムで知ってるけど見たことがないので。あと、同じく「メンバーが別々に出演してる」って話でいうと地球三兄弟が見たいです」



司会者「民生と真心はそれぞれ出演しますね。この人たちはフットワーク軽いしふらっとやってくれそうですが」

レジー「アルバムがなかなか良かったんだよね。何か仮に見たとしても「ん?前からこんなバンドあったよね?」みたいな感じで感動しない可能性もあるけど、今見たいグループの一つ。あとはお約束ですが、パスピエが出てくれると嬉しい」

司会者「アラバキでも結構良かったそうで」

レジー「成田ハネダさんは去年も普通に観客としてひたちなかに来てたみたいです」

司会者「『ONOMIMONO』リリース後なのにね」

レジー「まあ今年出演してもウィングテントだろうからあんま面白くないかもしれないけど、個人的にはパスピエをひたちなかで見れたら感無量ですね」

司会者「アルバムも出るしその勢いでフェスにもいろいろ出るかもしれないですね。では長くなってきたのでぼちぼちまとめていただけると」

レジー「そうですね、まあこれから徐々にメンツが出そろってくると思いますが、誰が出ても何だかんだで毎年楽しめているので気楽に発表を待ちたいと思います。あとは過去記事でもいろいろ書いてるけど、音楽がないがしろにされてる瞬間にはなるべく出会いたくないですね」

司会者「あー」

レジー「グラスステージで次のアクトを前方で待ちながら後ろ向いてスマホいじってる客とか、DJブースで知らない曲になると音楽関係なく騒ぎ出す奴とか。間違いなくいると思うんだけど、少しでもそういう人が減ってたらいいなあと思います。うーん、でも下手すりゃ増えてるかな。どうなんだろうな」

司会者「その辺は悩んでも仕方ないですね」

レジー「そうね。とりあえず8月までに坂本真綾を聴いてみる。それを宣言したところで今回は終わりたいと思います」

司会者「わかりました。次回はどうしますか」

レジー「そうですねえ。この前9nineのライブ行ったり、『アイドルのいる暮らし』読んだり、ちょっとアイドルネタがたまってきているのでその辺書けるといいなあ。ちょっと考えます」



司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」


<追記>

司会者「今年はシーサイドステージないらしいですね」

レジー「そうみたいね。指摘を受けてサイト確認したら載ってた。これでこのフェスの楽しみ一つ減ったわ・・・」

司会者「一番いいステージだったのに」

レジー「ね。ロッキングオンの「リア充空間追認疑惑」がますます強まるな」

司会者「代わりにパークステージが復活します」

レジー「それもいいんだけどちょっとねえ。この辺は次の発表があるときにでもまた書こうかな」

司会者「あとももクロは日産スタジアムが8月4日だからスケジュール上ないのではという指摘が」

レジー「なるほど。ただあの人たちやることめちゃくちゃだからわからんよね。まあいずれにせよももクロはこのフェスには出ないと思いますが」
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。