レジーのブログ(旧)

15/4/23 昨今の諸々を踏まえて移管します。詳細は最新記事をご確認ください。ブックマークいただいていた方は変更をお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや、別にフェスで恋人作ったっていいんですよ

レジー「ふと思い立ってレディオヘッドのオリジナルアルバムを順番に全部聴きました」

司会者「また唐突ですね」

レジー「一応経緯はあって。この前柴那典さんにブログ記事を紹介していただいて」




司会者「結構反響ありましたね」

レジー「うん。その流れで「いつから洋楽聴かなくなったのか」みたいなやり取りをしてたんですけど、そのときに自分でこんなツイートをしまして」




司会者「それで「Amnesiac」以降も聴いてみるかと」

レジー「はい。それと、ちょうどさっきの柴さんのツイートが広まってく過程で自分宛かわからないんだけどちょっと耳が痛いツイートを見たこともあって」

昨日、逃げた話とちょっと繋がるんだけど、例えば「今の洋楽を聴いてない」って公言してる人がロックを語るブログをやってるのが僕は信じられんのです。例えば、Arctic Monkeysを聴いてない人がWHITE ASHをどうやって評価できるのか?僕は分からんのです。

司会者「別にロックを語るブログでもないから違うんじゃないですか」

レジー「まあどっちでもいいんですけど思い当たるふしはあるので、ちょっと自分を見つめなおそうかと」

司会者「とは言いつつ反論してましたね」




レジー「反論というか率直な感想なんだけど。ここで出てきてるWHITE ASHだってさ、のび太のコメントを見るとこの指摘が一面的だってのがわかると思うんですよ」

WHITE ASHは東京を中心に活動しています。洋楽と邦楽のいいところをごちゃ混ぜにして、自分達なりにカッコイイと思うものを突き詰めています。洋楽ではアークティック・モンキーズ、ブロック・パーティーとか、邦楽ではピロウズ、イエロー・モンキーなどに影響を受けています。サウンドは洋楽の要素が強いのですが、邦楽にも大きく影響されています。

司会者「日本の歌心のあるロックをベースに、今の時代の海外の音を乗せた構造になっていると。バンド名もピロウズの曲からとってるみたいだし、日本の音の影響も大きそうですね」

レジー「はい。で、そういう考えの中で僕がWHITE ASHについて何か論点を設定するならば、「アークティックモンキーズとの同時代性」ではなくて「“日本人が海外のシーンを再解釈したときにどんな音になるか”という取り組みの系譜」って話になるかなと。僕アークティックはアルバム1枚聴いたことあるくらい、それもリアルタイムですらないんですけど、最初に聴いて思ったのは「こういうガレージ~ポストパンク的な音の影響下にある感じのバンドって日本にも90年代からいたよなあ」ってことなんですよね。たとえばプリスクールとか」



司会者「この曲は今聴いてもかっこいいな」

レジー「高校生の頃何回聴いたかわからないくらいには聴いてます。たぶんWHITE ASHもこっちの流れから評することは可能なんじゃないかなと。何が言いたかったかというと、「今の海外の音楽を聴いてないと今の日本の音楽を論じることはできない」ってのは一面では当たってるけど一面では間違ってるんじゃないか、ということですね。この辺ちゃんとやるにはもうちょっと思考を深めないといけないのでまたの機会にしたいと思います。で、何の話でしたっけ」

司会者「レディオヘッドまとめて全部聴いたって話から進んでないです」

レジー「ああそうだったそうだった。聴きましたよレディオヘッド。「OK COMPUTER」は僕の10代の個人的な経験に結びついてるので置いておくとして、一番しっくりきたのは「In Rainbows」かな。結局バンドサウンドの方が好きなんですよ。あとは改めて思ったけど、「OK COMPUTER」以前の音で語れちゃう日本のバンドってすごい多いんじゃないかなあって感じました」

司会者「どのバンドがと言われると答えに困りますが、何となく「Pablo Honey」の世界で止まってる人たちはたくさんいる気がしますね」

レジー「うん。「Creepみたいな曲やりたい!」的なね。この辺りがシーンのガラパゴス化とか言われる所以だと思うんだけど。90年代オルタナの異常なまでの強さ。で、その「Pablo Honey」のライナーノーツをタナソウが書いてるんだけど、こんな文章がありました。パンクがロックを人々に解放して誰でもギターを持って音を鳴らせるようになった、みたいな話から90年代初頭までのシーンの流れが説明されてる中での一節です」

一握りの人間だけが音楽を独占するのではなく、誰もに平等に振り撒かれる祝福として音楽はある。その通りだと思う。ただ、どこか居心地の悪さを感じてしまう自分がいる。誰もが気軽に音楽を楽しんでいるのを見る時に、どうしようもないコンプレックスが湧き上がってくることがある。日々、音楽にどっぷり浸かっている自分がひどく情けないものとして思えてくる。結局、お前達はロックンロールがなくてもいきていけるんじゃないのか?--そんな風な卑屈な気持ちになってしまうのだ。ギターを持たなくてもいい人間がギターを持っている—そんな、もはやいちゃもんでしかないような思いが込み上げることがあるのだ。

司会者「なんか聞いたことがあるような話だな」

レジー「もうね、膝を打ちましたよ。これだ!みたいな」

司会者「ロックインジャパンネタの根底にある心情をすべて説明していますね。別に誰も悪くないんだけど感じてしまうネガティブな気持ちがあって、別に誰も悪くないがゆえに表だって表明できないんだけど、とにかくモヤモヤが残っていく的な」

レジー「このライナーノーツが書かれたときには厨二病なんて便利な言葉なかったけど、こういう「自分の好きな文化が消費されていくことを嫌悪しつつ、それを好きな自分には抗えない」みたいな感情は太古の昔から存在してるってことなんでしょうな。ある対象について「切実なものとして考えてる人」と「楽しいものの一つとして考えてる人」が混在すると、前者の人は必ずこういう感情を持つんだろうなと」

司会者「「音楽」とか「ロックンロール」を「フェス」とかに入れ替えても意味が通りますね」

レジー「ほんとそうだね。タナソウの書いてるとおり150%いちゃもんなんですけど。で、そんなふうにいちゃもんをつけまくりたくなるイベントが開催されるということで」

司会者「例のあれですね

エンタメ×合コン=「エンタメコン」 数ある合コンや街コンでは体験できない、“好きなエンタメが同じ”男女が集まる新しい合コンイベントです。 第1回目のテーマは「夏フェス好き」な男女200名を募集します。 みなさん今年の夏はどのフェスに行きましたか? フジロック?サマソニ?ロッキン?etc・・・ 暑かった夏の思い出を振り返りながらみんなで盛り上がりましょう! ※夏フェスに行けなかったけど、音楽好きな人と盛り上がりたい!という方も大歓迎です

「ポイント」
■夏フェス&音楽が好きな男子100×女子100
■安心の同姓ペア参加
■20分に1回の席替えで5組以上と出逢える
■アクセス抜群!渋谷駅近くにグランドオープンしたばかりの
 洗練極めた日本最大級の大人のラウンジで開催!
■3時間「飲み放題+ビュッフェ」

「参加資格」
■同性2名様でのお申込みとなります
■20歳~39歳(既婚・未婚は不問)
■当日は年齢が確認できる身分証をお持ちください(アルコール提供のため)

一緒にライヴに行ってくれる恋人を探すのもよし、
来年の夏フェスに一緒に行く友達やグループを作るのもよし!


レジー「くらくらする」

司会者「行くとこまで行った感はありますね」

レジー「この「エンタメコン」って企画はこれが初回みたいなんですよ。1回目のネタがスポーツ系でも映画や本みたいな文化系でもなく、お笑い関係でもなく、しかも「音楽」ですらなく「夏フェス」ってところがね。扱いやすいレジャーであることを如実に表してますね」

司会者「既婚でもいいらしいから行ってみればいいじゃないですか。潜入調査」

レジー「いやー、さすがに無理でしょ。15分で帰りたくなる気がする」

司会者「セカオワとワンオクが好きです!って盛り上がってきてくださいよ」

レジー「やっぱそういう若い人が聴く日本のロックの話に偏るのかなあ。でもまだそれならいいですよ。「ロッキン行ったんですか?私も3日目行ってきました!ファンモンとケツメイシ最高でしたよね!」とか言われたらどうしたらいいんだろう」

司会者「難易度高いですね」

レジー「ちょっと思うのは、そもそも音楽の話にならない気がするんだよね。以前も書いた通り、「音楽を聴きに行く」よりも「夏フェスに行ってfacebookに写真をアップする」ことの方が大事な状況になってるわけで」

司会者「キャンプとかバーベキューとかみたいなものでしょうね」

レジー「そう。このクソ寒いときに集まってわざわざ夏休みのバーベキューの思い出を語り合うのかと」

司会者「来年のバーベキューの約束をするんじゃないですか」

レジー「スパンが長いな。どうせやるなら7月とかに「夏フェス前夜祭コン!」みたいなのやった方が良かったんじゃないだろうか。それか、イープラスもコンパとか生ぬるいこと言ってないで自分たちでこういうフェスやればいいんだよ。ぴあは自分たちでフェスをやってるというのに」

司会者「街コンじゃなくてフェスコンですね要は」

レジー「どっかの旅行会社と組んでさ。チケット、移動用のバス、宿泊、事前の懇親会、当日夜の懇親会、全部パックにしてね。参加したい人いるんじゃないかな。フェス自体もそれ系の仕掛けをいろいろ仕込んでさ。リストバンドに番号が入ってて、同じ番号の異性を探しましょうみたいな」

司会者「もはや結婚式の二次会ですね」

レジー「やるならそれくらい徹底すればいいんですよ」

司会者「単純に移動と宿泊のパックならば、旅行会社がどこかのフェスのチケットそれなりの量買い占めれば何かしら企画はできますよね。すでに今もそういうプランはあるだろうから、それに合コン的企画を埋め込めば簡単」

レジー「少人数にして「あいのり」みたいに順番にバスに乗り込んでくるとかやれば盛り上がるんじゃないか」

司会者「懇親会では川嶋あいに歌ってもらいますか」

レジー「そうね。今年やるのかわからないけど、GO!FESとかそういうイベントにしちゃえばいいんですよ」

司会者「さすがにロッキングオンはそんなことやらないでしょ」

レジー「僕もそう思ってたんですけど、わかんないですよ。すでにこんなのやってますから

ロッキング・オン企画のフードフェスティバル【まんパク】のプレオープンイベントとして、大型合コンが開催されます。その名も【まちコン@まんパク】。

「まちコン」とは、ご存知の通り、大人数の男女が貸し切られた近隣の店舗間を回遊しながら合コンをするという、男女の出会いの演出+地域活性化も目的としたイベント。今回行われる【まちコン@まんパク】では、イベントエリアがぐっとコンパクトに集中。

フードフェスが行われる公園内で、配られた食券で料理を楽しみながら、出会いを探す事が出来ます。参加者は男女各250名。現在e+(イープラス)のサイトでチケットを販売中です。【まちコン@まんパク】公式サイトの申込みボタンから購入ページにアクセスできます。

司会者「なんだこれは」

レジー「全然知りませんでした。これもイープラスね。そしてロッキングオンが公式に協力してます。開会の前日にこのために場所使わせてるわけだから」

司会者「そのうちロックインジャパンも本番前日の木曜日にこういうのやるようになったりして」

レジー「冗談に聞こえないのが怖い。そのときこそが、音楽フェス文化がリア充レジャーに飲み込まれる本当の瞬間でしょうね。でもある意味棲み分けが進んで助かるかも」

司会者「フェスに集団でやって来てうぇーいwwwって感じの人たちは「フェスコン」とはモチベーション違うから棲み分けないんじゃないですか」

レジー「それもそうですね。とりあえずこのイープラスのイベントがどういう感じになるかは興味あるな。参加者の好きなアーティストランキングとかアンケートして公開してもらいたいですね。それでいろんなことがわかる気がする。もし参加予定の方がいらっしゃったら、終わった後に様子をこっそり教えてほしいなと思います」

司会者「貴重な情報になりますね。では次回はどうしましょうか」

レジー「今日Perfumeのライブビューイング行くので、それが候補かなあ。いいネタあれば変更します」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」
スポンサーサイト

アイドルと自意識、アイドルの自意識6 - トマパイ「散開」によせて

レジー「いやー宇多田ヒカルの「桜流し」凄まじいな」



司会者「エヴァの映画の主題歌ということで」

レジー「こういう緊張感のある歌を歌える人ってほんと少ないよね。その分本人は消耗するんだろうけど」

司会者「だからこそインターバルが必要だったんでしょうね」

レジー「今回みたいに何かしらタイミングがあった時だけでも曲出してほしいですな。こういうシリアスな音が日本には必要ですよ」

司会者「そうですね。この曲は日付変わって17日のタイミングで各所を駆け巡ったニュースなわけですが、同じ日の昼にもトマパイの解散という衝撃的なニュースが発表されました」

2012年12月29日をもって、2010年5月からスタートしたTomato n' Pineシーズン2を終了とし、それをもってTomato n' Pineは散開致します。メンバーはそれぞれ、2013年から新たなステージに向かって進んで行きます。

レジー「これほんと衝撃ですよ。何があったんだろう」

司会者「メンバーのブログを見ると微妙に温度差があったんだろうなあというのも伺えますね。HINAちゃんがこの先も音楽活動に意欲を見せているのに対して、YUIちゃんは「女優さんとしてお芝居やタレント活動」をすると言ってるし。WADAちゃんは芸能活動そのものをやめそうな感じ」

レジー「まあいろいろ事情はあると思うんですが、ちょっとばかしかっこよすぎるんですよねこのタイミングは。あんな素晴らしいアルバムを1枚だけ残して解散とは」

司会者「あえて「散開」という言葉を使ってますね。YMOを意識してるんですかね」

レジー「それならまたやるかもしれないね、って言っても40過ぎで再結成されても困るわ」

司会者「それは確かに。トマパイはいつから聴いてるんですか」

レジー「いや、もう超新参者ですよ。名前はうっすらとは聞いたことあったんだけど、何かのきっかけで「ジングルガール上位時代」を聴いたのが今年の5月くらい。で、しばらくこればっかり聴いてた」




司会者「インストバージョンも含めて聴きまくってたと」

レジー「うん。これトラックだけ聴いたらピチカートかオザケンかって感じですよ。そもそもタイトルがピチカートのオマージュだし。たぶん人生で一番はまったアイドル曲。なぜかこの曲の動画は埋め込み無効になってるのでリンクから見てください」

司会者「じゃあそこから過去の作品をさかのぼった感じですね」

レジー「そうですね。そうこうしてるうちに「PS4U」が出て。さっきもちょっと言いましたがほんと素晴らしいですよこのアルバムは。超名盤。もしかしたら今年のナンバーワンアルバムかも。もちろんアイドルの中でじゃなくて全体のナンバーワン」




司会者「そこまでですか」

レジー「それくらいのアルバムだと思います」

司会者「何がそんなにいいんですか」

レジー「そうですね、一言で言うと「音楽への愛にあふれている」というか。先達への感謝を忘れずに、新しいものを作っていこうという意思がすごい感じられる。それはさっきの「ジングルガール上位時代」もそうだし、1曲目に入ってる「Train Scatting」とか「大事なラブレター」とか、元ネタを上手に使いながらそれ知らなくても単純にハイクオリティの曲として聴けるってのが楽しいです」





司会者「いい曲ですが、パフォーマンスはゆるいですね。お世辞にも踊りがうまいとは言えないというか」

レジー「まあ文化祭レベルだわな。前も書いたけど最近のアイドルは歌も踊りも普通にレベル高いから、そういう中では異色ですね。そんな異色さはステージに対するスタンスにも表れてるんだけど

WADA 「TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL2012)は怖いな。会場も大きいじゃないですか。……怖いよ」

YUI 「でも1日だよね?(※トマパイは8月5日のみ出演) 1日やりきったら、そのプレッシャーから解放されるんだよ」

――TIFは2日間開催で、2日とも出演するグループもたくさんいるんです。トマパイは1日だけなんですから、1日で2日分頑張ってもらわなきゃいけないんです!

YUI 「小さいステージでいいです……」


司会者「清々しいくらい上昇志向がないな」

レジー「ね。この前AXでたくさんアイドル見た時は、出てくる人出てくる人「私たち売れたい!私を見て!」って感じでちょっと疲れちゃったんですよね。そんな中でこの雰囲気は超貴重」

司会者「バックにいるagehaspringsの玉井さんもこんなこと言ってますね

――そもそもTomato n' Pineのお仕事が始まるきっかけは何だったんですか?

「始める前はアイドル戦国時代みたいに言われる前夜というか、AKB48がすごいことになってきそうだなぐらいな感じで。(中略)そこにたくさん人を集めるとか、CDをものすごくたくさん捌く方法論を頭の中で考えてはみたんですけど、何やっても勝てそうになくて」

――あはは。

 「圧倒的な努力がそこには必要で。おこがましくも、それほどダンスとか歌も努力してこなかった子たちが、十代の青春すべてを捧げて戦ってらっしゃるアイドルの皆さんのところに参戦するっていうのは、ちょっと失礼じゃないかと」

――そんなことはないと思いますけど(笑)。

 「同じアイドルのくくりの中にドヤ顔で乗っかるのもどうかと思ったんですね。人数をいっぱい増やして、いろんな選択肢があるようなプロジェクトをしていくっていう考え方ももちろんあるでしょうけど、トマパイは極力少人数で、何かお腹いっぱいご飯食べたあとに寄る、いい感じのカフェみたいにしようと。駅前の食事の戦争には勝てないので、その辺はもうやめておこうっていう」

――激戦区過ぎるから?

 「そう、まず駅前を避けようと。一本通りを離れたところに、敷居は低いけどちゃんといい音楽が流れてて、ちょっと気になるねぐらいの女の子がいて、意外とそこで聴く曲が好きで、あとで調べてみたら古いブラック・ミュージックらしいとか」


レジー「ニワトリと卵の話になるけど、彼女たちのノリとこの戦略はすごく合致してますよね。単に「自然体」みたいなムードを醸し出してるけど、やってることはかなりしたたか」

司会者「アイドルシーンでは戦えないとか言ってる割には、シーンで何が起こってるかをすごく気にしてますよね」

レジー「そうじゃないと「戦わないアイドル」とか「会いに行けないアイドル」とか「音を楽しむガールズユニット」とか言わないでしょう。明らかに意識してる。で、元ネタをチラ見せする曲作りをしてクラブでライブをやると。ターゲット設定も明確ですよね。10代というよりはもうちょっと上の層、アイドル好きだけじゃなくてその周辺も視野に入れてると。戦略の一気通貫度がかなり高い」

司会者「「クラブ」ってのはキーワードの一つになってますよね。先ほど紹介したインタビューでは歌よりも芝居が・・・と言ってるYUIちゃんですら「agehaでやりたい」「音の良いところでやってみたい」なんて言ってますし。で、ちょっと話が前後しますがその「音」を支えているのがYUKIとかいろんな人たちの曲を作っているagehaspringsだと」

レジー「さっき「先達への感謝を忘れずに」って書いたけど、玉井さんはそういうのをすごく意識的にやってるみたいですね。たとえば動画紹介した「大事なラブレター」についても先ほどのインタビューでこんなことを言ってます」

 「<大事なラブレター>は、一言で言うと、カタカナの“シブヤ”をもうそろそろさらっておいた方がいいのかなっていう、そこからスタートしてますね」

――歌詞が分かりやすいですよね。渋谷系は、もうなんと20年近くも前になろうとしているという。

 「そうですね。これは悲観的な話なんですけど、あの時の渋谷の感じってもう二度とないだろうって思うので」

――豊かな感じが?

 「ローファイなものを愛でたりとか、本流じゃないことを楽しめたりとか、そしてそれを提供してくれる場所があったとか、今の日本にどれだけあるんだろう。僕ら自身そういうことをやらなきゃいけないんじゃないかとか、そんなことまで考えてたりさせられている中で、今の世代の人にも、それを知ってる世代の人にも、このテイストを感じてほしかった。薄いんだけどしっかりジャズがあって、ほんのりソウルもあって、でも全体はちゃんと音楽的でカジュアルで楽しめるっていうのが、実はものすごく難しいっていうか、それがもしかして一番貴重かもと思って。だからこれは、わりとそういう思いで作ってますね」

――すごくざっくり言うと、若い人が洋楽を聴く機会が減ってますよね。

 「全然売れてないみたいな話よく聞くんですけど……。そこを楽しめる原体験が減ってるだけだと思うんですよね。なので、トマパイというミッションでそこはやりたかったことのひとつです」

司会者「ふーん」

レジー「トマパイというフォーマットを使っていい音楽を世の中に広めようってのがはっきりしてますよね。こういう意識でやってるアイドルグループってたぶん他にはないと思うんですよ。このインタビューは面白いのでぜひ全部読んでいただきたいです。商売ネタで突然ブギーバックのカラオケをリリースするような人たちとは全然違うわけですよ」

司会者「あれほんとひどいですがここでこれ以上触るのはやめます。話戻すと、もしかしたらこういう「作り手のコンセプト先行型」であるがゆえに長続きしなかったのかもしれないですね。メンバーにも裏方にも「トマパイでなければいけない理由」が生まれなかったというか」

レジー「それはあるかもしれない。たとえばPerfumeもメジャーデビュー時に音楽的野心の大きいチームがバックについてある種「操り人形」にされてたわけだけど、そこまでに培ってきた自我があったから最終的にいいバランスに辿り着けたんですよね。トマパイのような「寄せ集めグループ×がっつり戦略的なチーム」という構造ではこれ以上の何かは望めなかったのかもしれないですね。そういう意味ではここで終わるのは必然であり運命でもあると。そう捉えた方がこっちも幸せだわな」

司会者「最後のライブは12月29日、毎月やってる西麻布elevenにてです」

レジー「結局最初で最後になっちゃうけど何とかして行きたいな。しかしこういうことあると、見たいライブがあったらすぐ行くってのがほんと重要だなあと思いますね。トマパイも今まで行こうと思えば行けるチャンスはあったんだけど、日曜日の夜に西麻布はだるいなとか思ってたらこれですよ」

司会者「好きなアーティストがいつまでも続くかわからない、って意識は持ってないとダメですね。ではぼちぼちまとめたいのですが、トマパイがなくなることは「一応活況を呈していることになっているアイドルシーン」にどんな影響を与えますかね」

レジー「うーん、まあ支持の大きさとかから考えると直接的な影響はそこまでないってのが実情ではないでしょうか。ただ、以前も書いた通りトマパイは「画一化が進むアイドル戦国時代」の中で多様性を担保する重要な存在だったわけですよ。それがなくなってしまうのはじわじわ効いてくるかもしれない。縦ノリでオイオイやるのが苦手な人はアイドルに入ってこられなくなるというか」

司会者「トマパイは「アイドルに興味のない音楽好き」に気兼ねなく勧められる感じでしたね」

レジー「そのポジションが空いたので、アイドルシーンへの参入をご検討されてる方はこの辺が狙い目ですよと。しかしトマパイも止まっちゃうし、リリスクもメンバーの入れ替えがあったり、エッジを立てた音楽をやってるアイドルはなかなか厳しい感じになってるね。盛り上げればOK!の人たちに負けないように頑張ってほしいです。CD買う以外金落としてない自分が言うのも微妙なんですが」

司会者「わかりました。では次回はどうしましょうか」

レジー「そうねえ、久々にフェス話やるか、今回やろうと思ってた個人的な音楽体験ネタかで考えます。最近予告と書くネタの乖離が大きいので今度もそうなるかも。予定は未定ということで」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

私の音楽的初体験、ついでに「若手論壇」と「音楽」の距離感について(文化系トークラジオLife感想戦)

レジー「「文化系トークラジオLife」の先月分「うれしはずかし文化的初体験」のポッドキャスト全部聞き終わりました」

司会者「先日の記事でメールが読まれた旨紹介していた番組ですね」

レジー「31にしてまさに文化的初体験をしてしまったわけです。中学生の時ですらラジオに投稿なんてしてなかったのに」

司会者「Lifeはいつから聞いてるんですか」

レジー「えーっと、いつだったかしら。2010年の文化系大忘年会を11年の後半に聞いたのが初めだったような。きっかけは忘れましたが、そのくらいの時期から過去アーカイブをさかのぼりつつ毎月のも聞いてます。日曜深夜の放送なので基本的にはポッドキャストで追いかける感じですが」

司会者「ここ2年くらいで現代思想というか若手論壇系の本の読書量が飛躍的に増えたのと関係してますよね」

レジー「そうね。転職して周りに本読んでる人も増えて、その中でその手の本もいろいろ読むようになりましたね。でも「動ポモ」は出た当初読んでるんだよなあ。大学生の時。そこから周辺に派生しなかったんだよね」



司会者「約10年間止まってたわけですね」

レジー「もったいない時間の過ごし方をした。学生の皆さんは本読んだ方がいいですよ」

司会者「今回のLifeの「文化的初体験」という内容で共感できた部分はありましたか」

レジー「ひとり映画って話題が出てきたんだけど、確かにそれって文化的初体験だなあと思いました」

司会者「初めて一人で映画館行ったのはいつですか」

レジー「たぶん高校上がる前の春休みだったと思うんですが、当時好きだった小説の「いちご同盟」が映画化されまして」

司会者「三田誠広さんの」



レジー「そう。一人で渋谷まで行きました。その足でHMVに寄ってジュディマリの「THE POWER SOURCE」を試聴したんですよ。そしたらそのときすごいセンチメンタルな気分になってたからかひどくうるさい音に聴こえて。それ以来一時的にジュディマリのイメージが悪くなりました」

司会者「とんだとばっちりだ」

レジー「あと映画絡みで言うと、これは友達と一緒に行った映画ですが「トレインスポッティング」ね」

司会者「はやりましたねあれ」

レジー「かっこよかったなあ。あそこで流れる「Born Slippy」ね。あの映画のポストカードいろいろ買って、部屋に貼ったり手帳に入れたりしてました。今で言う「モテキ」みたいな映画だったのかな。同時代の音楽がガンガンなってて」

司会者「ジュディマリやアンダーワールドの話がありましたが、音楽寄りの初体験話も何かあれば」

レジー「初めて行ったライブはラルクの武道館ですね。96年の夏か。ミスチルのチケットとりたくて電話してたらつながらなくて、同日発売だったラルクの特電に何となくかけてみたらつながったんですよ。当時は発売始まって1時間後でもまだチケット残ってた」

司会者「今では考えられないですね」

レジー「うん。もうちょっと今の趣味につながるようなライブで言うと、97年のSWEET LOVE SHOWERですかね。今みたいなフェス形式じゃなくて、日比谷の野音でやってました」

司会者「前座がマグースイムで、フラカン、Cocco、ホフディラン、サニーデイ、山崎まさよし、ミッシェルと。非常に豪華でしたね」

レジー「一緒に行った友人があれで人生が変わった的なことをいまだに言うくらいインパクトはあった。あ、あとその前にカーディガンズの来日公演にひとりで行ったんですよ。赤坂ブリッツ」

司会者「ひとりライブデビューですか」

レジー「今じゃひとりの方が多いからねえ。あとこの当時は小さいCD屋行って通ぶってました。宇田川町とか西新宿とか」

司会者「CD屋のロゴ入りの袋を集めてましたね」

レジー「この感覚を今10代とかの人に理解してもらうのは難しいかもしれないですね。かっこつけてアナログ買ったり。そうすると袋がでかいんですよ」

司会者「なんか涙ぐましい感じですね」

レジー「なんだかんだでパッケージ信仰から抜け出せないのはこういう体験をしてるからだと思う。一方でお金そんなないから何でも買うわけにもいかないので、ラジオからMDに録音してアーカイブを増やしてたわけですね。「ミュージックスクエア」を初めて聴いたときはすごくびっくりした。こんな良心的な番組があるのかと」

司会者「中村貴子さんですね」

レジー「あの時代音楽好きだった人の大半が通ってるはず。番組でやたら取り上げられてた「アニラジ」より共感性高いと思いますよ。あとはゆずのオールナイトニッポンで生ライブがあって、それも録音してました」

司会者「あの番組面白かったですよね。無駄にトライセラをいじったり」

レジー「メライセラね。何だったんだろうあれは。あと高校生のころはJ-WAVEにアクロスザビューって番組があって、ブリグリのトミーとかスガシカオとかが日替わりでDJやってたんですよ。平日の20時から22時くらいかな?勉強してるときはそれ流してましたね。何かあれも大人の世界に触れてる感あったな。J-WAVEには何らかの記号性を感じてしまうね」

司会者「掘るとどんどん出てきますね。以前渋谷系の話をやった時と同じような展開になってますが。一方でさっきもちょっと触れましたが、今回のLifeでは音楽の話は少なかったですね。特に90年代以降の話はアニメ系にずいぶん偏ってたような」

レジー「あれねえ。ここまで出したような固有名詞も全然出てこなくて残念でした。これはひとえに「90年代若者代表」みたいな位置づけになってた塚越健司さんの偏りによるところが大きいと思うんですが」

司会者「アニメとかの方にはすごく詳しい反面、音楽絡みの発言は少なかったですね」

レジー「この手の話はディティールが大事だと思ってるんですが、ちらっと出てきたモー娘。の話とか歌番組の話とか結構雑だったので何だかなあと感じてしまいました」

司会者「総じてこの世代でいわゆる「若手論壇」と言われるところに行ってる人たちって、昔からアニメとかそっちの文化に傾倒してた人の方が多い気が」

レジー「印象としてはそんな気がしますね。で、この偏りって、日本のポップカルチャーの変遷をたどるうえでかなりのバイアスになってると思うんですよ。ここで言ってもどこまで届くかわかりませんがどうしても言いたいことは、90年代半ばの中学生全員がエヴァを見てたわけじゃないし、「ドラゴンボール」とかそういう知名度ではないアニメに触れてる人は決して主流派ではなかったということです」

司会者「確かにほんの一部でしたね」

レジー「アニメという文化そのものの位置づけも今以上に「キモい」ってことになってたし、「けいおん!」がCutの表紙になるような時代とは全然状況が違うわけですよ。この辺の「ポップカルチャーにおける勢力図の変化」を考慮せず、「90年代の中学生はみんなエヴァに夢中になった」的な話を無邪気にしちゃうのはどうかなと」

司会者「別に「みんな」とは言ってない気が」

レジー「90年代の中学生にはエヴァよりミスチルの方がよっぽど影響を与えてますよ」

司会者「確かにみんな短冊シングル持ってましたからね。エヴァの比じゃない」

レジー「そういう時代状況への配慮を欠いた発言が言論シーン、そういう言葉があるかよくわからないけどこの界隈では多い気がするんだよね。たとえば「セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史」っていう前島賢さんの本。これすごく面白かったんだけど、90年代と今を「ポスト・エヴァ時代」として語るのは無理があると思うんですよ。「アニメ」とか「オタク」とかいうものに対する世間の受容性が違いすぎるわけで」



司会者「まあ確かに」

レジー「この方は僕と同世代で「ライトノベルに学生時代から傾倒」してたみたいなんですが、たぶんそれって当時は結構エッジの効いた人だったと思うんですよね。そういう文脈の提示なしに90年代と今の時代を接続して語るのは危ないんじゃないかなと」

司会者「それで言うと90年代の次の時代について書かれた宇野常寛さんの「ゼロ年代の想像力」でも音楽に関する記述は少ないですね」



レジー「そうですね。個人的には残念でした」

司会者「字数割かれてたのは映画「リンダリンダリンダ」絡みのブルーハーツ話くらいか」

レジー「あれもブルハ→パーランマウムで「脱臭」ってキーワードまで辿り付いたなら、そこから青春パンクブームとかフェスバブルといった「中身のない音楽」の話まで行くことで、より「音楽が社会から遠くなっている実態」、もっと言えば「この本に音楽ネタが少ない理由」を逆接的に示せたと思うんですよね。あと自分にとってのゼロ年代最重要グループのPerfumeについても言及がなく」

司会者「口コミとネット上の二次創作が契機でヒットとかわりと今っぽいのにね」

レジー「歌詞を見ても、メジャーデビュー3部作、特に「コンピューターシティ」「エレクトロワールド」の「キミとボクのセカイ」的歌詞からそれ以降の変遷は「セカイ」と「等身大」の関係性みたいな話に良い例だと思うんだけどなあ。あとは直近で言うと古市さんの本とか」

司会者「「絶望の国の幸福な若者たち」ですね」



レジー「ワンピースとハンカチ王子の話をしてそのまとめで引用するのが00年リリースの浜崎あゆみ「SEASONS」っていうアクロバティックな展開があるんだけど、同列で語るには時代がバラバラすぎますわな。00年って今ほど価値観が細分化されてないし、あゆもまだ「全方位型」のスターだったんですよね。この本で古市さんが提唱してる「ムラムラ」の時代とはヒットソングの受容のされ方が決定的に違ってるわけで、そういうところはもっと丁寧に扱った方がいいんじゃないかなあとか」

司会者「速水健朗さんとか佐々木敦さんとか音楽詳しいであろう方々もがっつり音楽について語ったりはしないですね」

レジー「速水さんは今度J-POP関連の方が出るそうなのですごく期待してます。佐々木さんも以前「ニッポンの思想」の続編的に「ニッポンの音楽」って出すとか言ってた気がするんだが、記憶違いだろうか。とりあえずLifeも久々にオザケンの回みたいな音楽ネタやってくれないかな。あれほんと何回も聞きましたよ」



司会者「磯部涼さんも出てたりして、音楽論と社会論が両方入ってて面白かったですよね。長くなってきたのでそろそろまとめたいのですが、最近「社会」「文化」を語る材料として音楽が挙がってこないのはもちろん論者の方の偏りもあるとは思うものの、実際問題として音楽のプレゼンスが落ちているという部分にも起因しているとも言えるんじゃないですか」

レジー「それは確かにそうなんですよね。もはや社会を表すものではなくなってるのかもしれない」

司会者「急に元気がなくなりましたね」

レジー「いや、ほんと音楽聴いてない人多いなーと思うことが最近よくあってね」

司会者「そうなると、語られないのも需要がないので仕方ないかなという感じでしょうか」

レジー「そういう側面があるのは事実だと思うんだけど、こういう時代だからこそ「音楽面白いよ」って話をしていきたいですよね。タコツボ化した話じゃなくて、いろんなシーンを横断するような。こういうこと言うと「洋楽聴いてないくせに」みたいなエアdisがまたある気がするけど、その辺のスタンスについては別途クリアにしたいなと。それは置いておくとして、ちょうど直近でも年間チャートがジャニーズとAKBで占拠されたみたいな話出てたけど、CDバブルの遺産でやってた業界が完全崩壊に向かう中でどんなことが起きるか、どんな音が鳴るかってのは面白い話だと思うんですよね。微力ながら、そういうワクワクする話を少しでも発信できればと思ってます」

司会者「決意表明したところで終わりましょう。では次回はどうしますか」

レジー「そうですね、さっきの洋楽話に行くか、もっと軽い話でパーソナルなネタをやるか。たぶん後者かな。ちょっと考えます」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

SEKAI NO OWARI「ENTERTAINMENT」から考える、ロックジャーナリズムの「お約束」

レジー「今年出たアルバムで聴くべき作品をツイッターで2度ほど募集したのですが、反響があって非常に助かっています」

司会者「何か気になった作品はありましたか」

レジー「いろいろ聴きましたが、FoZZtoneは面白かった。あとOGRE YOU ASSHOLEね。ギターが弦楽器のようだった」

司会者「そのネタ引っ張りますね」

レジー「ロッキングオンは一生言われるネタを作ってしまったことを自覚すべきですね。まあそれはいいとして、どっちもロキノン的な量産型ギターバンド群とは一線を画してて良かったです。音のタイプは違うんだけど、どっちも「乾いてる」感じがいいですね」

司会者「日本では珍しいですよね」

レジー「うん。で、その「乾き方」も、フォズは何かアメリカの砂漠地帯っぽいのに対してオウガは日本の内陸部みたいな感じがして。カラーがあって面白いです。どっちのバンドもルーツとかよく知らないんだけど」

司会者「自分では聴かないタイプの作品ですよね」

レジー「そうですね。何となくスルーしてしまうタイプの音なので、聴くきっかけがあって良かったです。今後も継続募集してますので、これくらい聴いとけよ!って作品があったらぜひ教えてください」

司会者「そんな流れの中でSEKAI NO OWARIの「ENTERTAINMENT」を聴いたわけですが」

レジー「はい。これは誰かに勧められたわけではなく、一応今年出たアルバムとして聴いとくかくらいの気持ちだったんだけど」

司会者「このバンド好きなんですか」

レジー「「EARTH」はよく聴きましたよ。ちょっと歌詞が寒いと思いつつ、いい曲だなあというのもいくつかあったし。初めて見たのは10年6月のネストでやってたイベントで、そのときはすげー存在感のあるバンドが出てきたなあという印象でした」

司会者「小さい会場で見てたんですね」

レジー「はい。その後はフェスで何度か見ましたが、いつも「リア充!」な感じの若い人たちがいっぱいでちょっと距離を感じてました。え?このバンドってそんな風にオイオイ言いながら見るものなの?っていう謎がいつも頭に浮かんでた」

司会者「あのノリは何とも言えないですね」

レジー「うん。去年のひたちなかのレイクステージで、ライブ前に集まってた人たち、たぶん初対面同士の人たちも含まれてたと思うんだけど、その数十人の集団が「世界の!」「終わりー!」とかって掛け声をかけて写真を撮ってたんですよ」

司会者「なんだそれは」

レジー「写真じゃなかったのかな?遠くにいたからよくわかんなかったけど、とりあえずそういう声が聞こえて。何か近寄りたくないなーって思ってたら、ライブ始まるや否やオイオイ言ってて。どうもその場の空気がだめで、結局2曲くらい見て帰りました」

司会者「ファンのノリがチャラい部分はある気がしますね」

レジー「そうなんですよ。で、そのムードがアルバムそのものにもすごく反映されてる感じがした。ああいう音だからああいうファンなのか、ああいうファンだからああいう音なのか、因果はよくわかりませんが。ファンの方には申し訳ないが、この人らはいつからこんなチープなバンドになったんだと。昔は期待してただけに超がっかりです」

司会者「意識的にポップな方向に舵を切ってるゆえなんですかね」

レジー「別にポップな方向にいってたってかっこよくすることはできますよ。ポップなのと軽薄なのは違う。ああいう音になると、中途半端な社会派の歌詞の稚拙さが異様に目立ちますね。ほんとに何をしたいのかわかりません」

司会者「ミュージックマガジンでも岡村詩野さんが同様の評価だったようですね。現物見れてないので2ちゃんからの転載ですが」

バンド名とは裏腹の軽いダンスポップロックで、 音作りも安っぽければ後に残るものも殆ど無い。 (10点満点中)3点

レジー「ミュージックマガジンは傾向的に「ロキノン」寄りのバンドに厳しいですが、もうこの評価は何の過不足もないですな」

司会者「でも一方でMUSICAの2012年8月号では鹿野さんが大絶賛ですわ」

この作品は音の表情が非常に豊かになったと同時に、リズムやグルーヴに対しての自覚みたいなものも凄く出てきた、音楽的にも楽しいアルバムになったと思います。

レジー「どう聴いたらこの評価になるのか真剣にわかりません」

司会者「何か拠って立つ部分が違うんですかね」

レジー「一個思い当るところがあるとすれば、このインタビューで鹿野さんは「眠り姫」って曲を重要な位置づけのものとして扱ってるんだけど、僕この曲決定的に無理なんですよ。PVにその感じが顕著に出てて」



司会者「宮崎あおい使ってるPVなのにダメですか」

レジー「このライブシーンのオーディエンスの動きが気持ち悪くて気持ち悪くて。これっていろんなライブで見られる「ほんとにあなた楽しいの?」っていう機械的なアクションなわけだけど、彼らはこういう動きを公式に肯定しているわけでしょ。ああもうこの人らは違うなと思ったわけですが、その曲に対する鹿野さんの評価はこちら」

つまり「時代の音楽」として世の中にすんなり入ってくる感じがあったんです。

司会者「「時代の音楽」ってなんだ」

レジー「それはよくわかんないんですが、ポジティブな評価であることには間違いないですよね。とにかく、僕とは異なるかつ僕には理解できない何かを基準に音楽を聴いているんだなあと思いますよ」

司会者「そういえば岡村さんの酷評に関して、このバンドのファンの方がこんなことを書いていました」

ロックバンドというより、ポップバンドに近いかも?(良い意味で)
なので、ミュージックマガジンの日本のロック部門で最低点付けれらたのも納得というか・・・(汗)。
てか、点数つけた岡村詩野さん、絶対セカオワ知らなかったよね。あの文章・・・。


レジー「この反応って、今の日本のロックシーンの状況、というか「邦ロック」リスナーの状況をすごく端的に表してるなあと思いました」

司会者「具体的には」

レジー「2つありまして、1つ目は「ロック」と「ポップ」の対比のさせ方。この方もわざわざ「ポップバンド(良い意味で)」と書いてますが、つまり注釈がない場合にはこの方にとって「ポップバンド=ロックバンドより劣るもの」って位置づけなんですよね。そもそも「ポップバンド」って言葉自体ちょっとよくわからないんですが、「ロック」という概念をすごく狭義で捉えていてそこからはみ出したものは異物として扱うっていう姿勢がわかりやすく表出しているなあと。で、2つ目が「絶対セカオワ知らなかったよね」ってところで、知らないと評価しちゃいけないのかっていうね」

司会者「背景知識がなくてもグッとくることありますよね、音が優れてれば」

レジー「ほんとそう思いますよ。この方が「何を知っていれば満足か」ってのはわからないですが」

司会者「本来はメンバーの関係性とかある意味どうでもいいんですよね」

レジー「まさにその通りなんですが、いつの間にか日本のロックシーンって超ハイコンテクストな文化になってて、「この人たちはこんなトラウマがあって」「このバンドはある理由があってこんな編成で、こんな事件を通じて一致団結して」みたいな情報なしでは楽しめないものになってるんですね。聴く側も評する側も。そういう背景があるから鹿野さんは世界の終わりを大絶賛するし受け取る側もそれに疑問を抱かないと」

司会者「うーん」

レジー「で、この手の話については去年kenzeeさんのブログでこれ以上ないってくらいの解説がなされてるので、ちょっと長いんですが引用します。UNISON SQUQRE GARDENがなぜあまり雑誌に取り上げられないの?って話からの流れでの発言なんですけど。てか前回「次回は短編かも」とか言ってたのに全然短くないな」

結局ね、スゴイ言語化しにくいタイプの音楽なんですよ。もっというと純粋に音楽的な音楽なんですよ。要するになにかの文脈に繋がるものではないので書きにくいのです。これが神聖かまってちゃんとか相対性理論とかだと言語化しやすいのですよ。つまり、かまってちゃんとかはネット文化との親和性みたいな文脈があるでしょ? 「オレたちの仲間」感がスゴイあるわけ。そうなってくると言語化は容易いのですよ。ところがユニゾンのようにただひたすら上手くていいバンドって日本の音楽ジャーナリズムってどう評価していいかわからないんですよ。やっぱりひきこもりのオタク青年が密室で叫んでる、これぞロック、みたいなのが書きやすいのです。社会論にすり替えられるから。音楽の話しないで済むから。そうするとそのプラットホームに乗るものはジャンジャン取り上げられるけど、言語化しにくいものは取り上げられもしない、ということが起こるわけですよ。たぶんオレが知らないだけでユニゾン的なポテンシャルを持ったバンドってもっといるんだと思う。でも「このバンドは上手いです」ではジャーナリズム成り立たないのですね。もちろんジャーナリズムの方がおかしいワケだけど。わかりやすく言いましょう。たぶんQJは山下達郎は取り上げても小田和正はとりあげないだろう。この感覚が理解いただければ日本のサブカルチャーがどういう論理で動いてるかおわかりいただけるかと思う。そういえばユニゾンを知ったのと同時期に世界の終わりというバンドも知ったのだけど、ボクは音楽的な戦略のあるバンドだと思ったの。でも、雑誌で世界の終わり見たら、なんか自前でライブハウス作ってエライ」とか「ボーカルの人とキーボードの人が幼馴染で」とか「ボーカルの人は昔精神を病んでたらしい」とかそんな話ばっかりなんですよ。これほど音楽雑誌って音楽の話しないものかと。世界の終わりは音楽的な取り組みのあるバンドだと思ったんだけど。

司会者「「このバンドは上手いです」では成立しないってのは、前回のトライセラの話にも通じますね」

レジー「トライセラもそうだし、最初に挙げたフォズもオウガも結構この文脈で説明できる気がするんだよね。あとはクラムボンとかハナレグミとかそういう類の人たちも。この記事はすごく面白いのでぜひ全部読んでみてください。てかこのkenzeeさんの記事がほぼ結論だから他に言うことなくなっちゃったな」

司会者「オチを有識者ブログの引用に委ねるとは」

レジー「いや、まあこの手のロッキングオン型人格語りジャーナリズムの功罪ってのは手垢のついたネタなので、僕が改めてごちゃごちゃ言うよりこういうわかりやすい論考を紹介した方が早いかと思いまして」

司会者「それは確かにそうですね」

レジー「ただ、結局その対極になりうるものがでてきてないのも事実で。ロッキングオンのやり方は限界が見えつつあるけど、ナタリーみたいな「批評はしない、情報だけ」ってところまで割り切ったメディアさえあればいいかっていうと個人的にはそれも違う気がするんですよね」

司会者「じゃあ最後に何かアイディアを出してもらえると」

レジー「そうですねー、まあそれがわかったら苦労しないよって話ではあるんですけど。僕としては、もっとアーティストのリスニング体験に特化した話が聞きたいですかねえ」

司会者「昔どんなの聴いてたとか今どんなの聴いてるとかそういうのですか」

レジー「うん。なんか精神世界を掘り下げたつもりでクリシェ振り回すパターンはもういいので、「この曲のこういうフレーズが出てきたのはかつてあのアーティストのこんな曲聴いてたのが影響してる」みたいな根拠のあるやつがいいな。自分のオリジナルだと思ってても結局は何かの影響を受けてるわけで、その背景を明らかにしてほしいなあと」

司会者「その発想自体が90年代渋谷系的なサンプリングカルチャーに偏ってて時代性を欠いてるって話もある気が」

レジー「まあそういう意見もあるかもですが、トラウマを語られるよりはよっぽど情報として有用だし、そのバンドのファンの一部でもそういう情報経由して音楽体験が広がればいいなと思いますよ。きれいごとではありますが」

司会者「わかりました。この辺りは永遠の論点だと思うので、改めてやりましょう。では次回はどうしますか」

レジー「うーんそうですね。いくつかアイディアはあるんですが、ちょっと一旦考えます。もうちょっとライトなネタをやりたいなと」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

「変わらないゆえに変わらない」トライセラトップスの場合

レジー「この前地元の中華料理屋行ったら90年代の洋楽が延々と流れていました」

司会者「たまにそういう店ありますよね」

レジー「確認できたのはジャネットジャクソン、ローリンヒル、スピーチ、レニークラビッツ、シンプリーレッド、ウィルスミスあたり」

司会者「超懐かしいですね」

レジー「あの当時中学生か高校生だけど、結構洋楽聴いてたんだよなあと改めて思いました」

司会者「今もやってるJ-WAVEのクリスペプラーの番組を毎週聴いてましたね」

レジー「うん。当時はほとんど外国の曲で、邦楽がトップ10に入るだけで大騒ぎだったんだけど。最近は日本の曲が普通に1位とってるよね。あとはビルボードチャートをカウントダウンTV方式でやってる番組がTVKにあって毎週見てた。それとBEAT UKか」

司会者「フジテレビの深夜ですね。今とは洋楽に対する接し方がだいぶ違いますねえ」

レジー「どっかで急に聴かなくなったんだよね。これについても重大な問題なので改めて考えてみたいんですが。僕の場合は「昔聴いてて今聴かない」だけど、最近は「そもそも聴いたことない」って人がすごい多いよね。音楽詳しい人でも」

司会者「確かに邦ロック特化型が多い気がします」

レジー「シーンの状況がいろいろ変わった結果だろうから、丁寧にやらないといけないところですな。で、そのときおお!と思ったんだけど、レニクラの「Rock and Roll is Dead」のイントロのリフって、ツェッペリンの「Heartbreaker」と同じなのね」





司会者「ほんとだ」

レジー「「Heartbreaker」は高校の同級生がコピーしてたんだけど当時は全然知らなかった。で、なんでこういう話をしたかというとですね、この前BSフジでやってたトライセラのライブを見たんですけど」

司会者「15周年の野音公演ですね。映画館でもやったみたいで」

レジー「映画は結局行けなくて残念でした。その中で「ROCK MUSIC」をやってて、途中に洋楽クラシックメドレーを挟んでたんですよ。なんか「リフの博覧会」みたいな感じだったね。凄まじかった」

司会者「曲目としてはこんなでしたね」

Day Tripper/The Beatles
(I Can't Get No) Satisfaction/The Rolling Stones
Superstition/Stevie Wonder
Walk This Way/Aerosmith
Bohemian Rhapsody/Queen


レジー「これほんとすごかった。「ROCK MUSIC」っていうタイトルの曲に自分たちのルーツを挟み込むっていうセンスが素敵。トライセラは全員激ウマだけど、やっぱ和田唱は華がありすぎるね。歌もギターもうまいし。スターオーラが」

司会者「絶対にステージで一番目立っちゃうタイプですね」

レジー「フロントマンでしかありえないね。くるりのギターとしては絶対に加入できない」

司会者「どっちがセンターかわからなくなります」

レジー「古き良き10番タイプだね。いろんな役割を求めるよりもとにかく真ん中でボール持ったら仕事してくれ、っていうね」

司会者「わかりづらいサッカー例えだな。基本的にトライセラは一貫して「リフ」を中心に置いて楽曲を作ってますよね」

レジー「そうね。実は僕01年の「KING OF THE JUNGLE」でリアルタイムで聴くのを一旦放棄しちゃってるんですよ。だからずーっとそうだったかははっきり知らないんだけど」

司会者「今回のライブでも、セカンドアルバムに入ってる「MIRROR」が違和感なく演奏されてました」

レジー「あれも高校生の時よりもかっこよく感じたな。基本的に彼らのベースにあるのは60年代・70年代の洋楽だから、そこに忠実に音を鳴らし続けてるんだよね。前回書いたチャットモンチーやくるりとは違って、とにかく変わらないってのがトライセラの強みだなあと」

司会者「さっき01年で聴かなくなったって話でしたが、トライセラとの距離感はどんな感じなんですか」

レジー「97年、当時高校1年生のときに「Raspberry」に出会って大興奮したのが最初でした。てかwiki見て「佐野元春に絶賛された」ってエピソード久しぶりに思い出したよ。ソングライターズ出ないかな」

司会者「あの曲はもはやロッククラシックですね。バンドでもコピーしてたじゃないですか」

レジー「そう!やってたやってた。僕のバンド5人だったんですけど、その曲だけ3人編成にして」

司会者「じゃあギター弾きながら歌ったんですか」

レジー「今考えるとマジで無謀な挑戦だった。ソロも弾いたからね。若さゆえにできたことだと思う。普段はコードしか弾いてなかったからなかなかしんどかった。あと別のバンドで「Silly Scandals」もやりました。これは4人で」



司会者「このライブ映像超かっこいいな」

レジー「やばいね」

司会者「で、さっきも言ってましたが01年くらいで1回離れると」

レジー「なんか気がついたら聴かなくなってたんだけど何でだろう。まあでも改めてリリースした曲を一覧で見たけどこのあたりからちょっとピンとこなくなってるね。04年10月に出た「Jewel」聴いたときに自分の好きなトライセラが帰ってきた感はあったんだけど長続きしなかったな。ただ、フェスとかで見ると毎回圧倒的にすごくてびびってた記憶がある。印象としては07年くらいからすごさが増した感じがするんだよね。昔はここまで神々しくなかったと思う」

司会者「続けて、とにかく続けて、その結果そういう境地に来たんですかね」

レジー「そうかもね。メンバーも変わらない、やってる音楽も変わらない、これって結構難しいことだと思うんですよ。やってる方が聴いてる方より先に飽きちゃうなんてこともあるだろうし。そういう状態に陥らずにやり続けてきた結果、唯一無二のバンドになったと」

司会者「似てるバンドもいないしね」

レジー「たぶん「いない」というより「できない」んだろうね。トライセラのフォロワーっていないよねって話をこの前ちょうどしてたんだけど、なりたくても無理なんだろうという結論に落ち着きました。気軽に真似できるものじゃないというか。テクニックも音楽的素養もどっちもないと、パクリにすらならない」

司会者「そうなると、やってること変わらないのに何で一時的にブレイクしたのか気になりますね」

レジー「確かに。「GOING TO THE MOON」ってオリコン5位だもんね。すごいな」

司会者「99年のポカリのCMソングだったんですよね」



レジー「後藤理沙かわいい。なんかこういう超メジャー資本が作る場所にトライセラが鳴ってるのは今見ると妙に新鮮」

司会者「90年代末で、まだ「CMソングから売れる」って仕組みがワークしてたんですよね。同じ年にポカリのCMで使われてるのセンチメンタルバスだし」

レジー「うん。あとはちょうどドラゴンアッシュがブレイクしたころで、バインもチャート上位に入ってたり、何となくその世代のロックバンドへの期待感があったんだろうね」

司会者「トライセラも含めて3つともデビューは97年です」

レジー「くるり、スーパーカー、ナンバーガールの98年組がオリコンとは異なる力学で支持を獲得していった感じとは雰囲気が違うのが面白いな。 一度ブログに書いたけど、97年だとまだ「ポストミスチル/スピッツ」的な空気の余波があったからその関係もあるだろうね。音楽性は何であれバンドだと「金になるかも」って見られてて、それが結果的にメインストリームとの距離を近づけてたなんてこともあるのかな。そう考えると同じ97年組でもソロの中村一義が表に出てこなかったのも説明がつくし」

司会者「なるほど。ただ、トライセラに関しては結局この曲以外お茶の間ヒットはなかったから下手すると「一発屋」的な扱いになりますよね」

レジー「ほんと心外だけど仕方ないわな。人によってはウルフルズだって一発屋だし」

司会者「なんでヒットが続かなかったんですかね。それにいわゆるロックジャーナリズムにおける位置づけも早々に後退してた気がするし」

レジー「うーん。難しいなあ。ヒット曲については運というかタイミング、後者の話は他に語るべきバンドが増えただけってことのような気もするけど」

司会者「もう一掘りないですか」

レジー「そうねえ。彼らのリフ主体の音楽性ってのは関係あるかもね。ちょうど90年代終わりからゼロ年代にかけて、若者の聴くロックって「メロコアががーっとはやってそこからエルレにいって」って流れと「バンプからアジカンに至る90年代以降のオルタナ直系の音」みたいな話に集約されてったと思うんだよね。パワーコード一辺倒というか。いまだにその世界でしか表現活動をしていないバンドも大量にあるわけで」

司会者「その辺りのバンド群をJAPANが煽って商売にしてるわけですよね」

レジー「うん。そんなシーンの中で立ち位置が難しくなっていった部分はあると思う。で、そのJAPANを始めとするロックジャーナリズムはそういうマンネリした状況を打破するために「事件」を起こします」

司会者「革命だ!金字塔だ!って毎月言うって話か」

レジー「その手法をとるためにはソングライターがトラウマを持ってるとかそれが歌詞に反映されてるとかそういうのすごい大事になるわけだけど、和田唱その手の話と無縁っぽいしね」

司会者「和田誠と平野レミの息子だしなあ」

レジー「20000字インタビュー読んだけど、親が有名人ゆえのコンプレックスみたいな話も別になかったと思う」

司会者「そこはワンオクとは違いますね」

レジー「そうね。やってることもハイクオリティであるがゆえに変わらない、「物語」を稼働させるネタになる話も特にない、そうなると当然取り上げられなくなると」

司会者「なんか不健全ですよねえ。道を究めているがゆえに日が当たらないというか。そういうバンドの在り様を的確に伝えることがジャーナリズムの重要な役割だと思うんですが」

レジー「ほんとそう思うんだけど、構造的にそれができなくなってるんだろうなあ。次回はそんなことに関連する話ができればと考えてます」

司会者「なるほど。では終わる前にトライセラの話で何か言い残したことがあれば」

レジー「そうですね。いまや大して熱心なファンでもない僕が言うのもなんなんですが、間違いなく円熟期に入りつつあると思うんですよトライセラは。だからでかいステージで見たい。ロッキングオンはこれまで不当に扱ってきたお詫びとして、グラスステージに出してほしいですね。全然問題なくやっちゃうから」

司会者「01年に1回やってますしね」

レジー「あの時もかっこよかったなあ。今ならもっとすごいと思います。そんな感じで、次回は事件が起きないバンドが虐げられる問題について。たぶん短編になる気がするな。予定は未定です」

司会者「わかりました。できるだけ早めの更新を期待しています」

「変わらないために変わる」チャットモンチーとくるりの場合

司会者「すっかり寒くなりましたねえ」

レジー「もう11月ですからね。この前スーパーで「年賀状の印刷承ります」って宣伝がありました」

司会者「年末だな」

レジー「この時期になると、あー今年出たあれもあれも聴いてない!みたいな感じに大体なるよね」

司会者「先日ツイッターでも投げかけましたが、今年のアルバムでこれは聴いとけよみたいなやつがあったらどんどん教えてほしいですね」

レジー「うん。05年からその年の私的名曲ランキングってのをつけててその時々で使ってるソーシャルメディアで発表してるんだけど、今年はここでやると思います。加えて、今年はアルバムについてもやりたいなあと」

司会者「今年の10枚的な」

レジー「どうせ広告ビジネスに絡め取られてるオピニオンリーダー風の雑誌群はやらないだろうからね。そういうのもあるので、ぜひいい作品あったら教えてください。重大な聴き漏らしがある気がするので、さすがにそれ知ってるだろってやつも歓迎です」

司会者「じゃあ今日は前哨戦的な感じで、今年出たアルバムについて何かやりますか」

レジー「そうですね。最近出たチャットモンチーの「変身」は外せない1枚だなあと」




司会者「2人になって、アルバムとしては初作品ですね」

レジー「もう聴いてて泣きそうになるアルバムだよね。何か直視できないというか、いろんな感情が溢れてきてしまう」

司会者「ライブ見た時もそんな感じでしたね」

レジー「そうね。去年のカウントダウンジャパンと今年のロックインジャパンで2回見たんですが。もう立派すぎて。やっぱり3人から2人になると、ステージ上での見え方は全然違うんですよ。3人のライブを何度も見てるだけに、ちょっとさびしい感じになっちゃうのは否めない。その中でいろんなトライしながら音を鳴らしている姿にほんと感動しましたね。冬も夏も」

司会者「「Yes or No or Love」のあっこちゃんのドラムとキーボードの二刀流とか」

レジー「あれもねえ。おお!と思った。ただ一方で、そこまでやらなくても・・・みたいな気持ちにちょっとなったのも事実」

司会者「その辺の「それでもやっていくんだ!」みたいな感じはアルバム1曲目の「変身」で宣言されてますね」

変身するぞ
裏切りのサプライズ踊って
変身するぞ
どうせ嫌いになんてなれないだろ?


レジー「いろんな解釈ができますよね。それでもついて来てくれるファンに向けたちょっとサディスティックなメッセージともとれるし。ただ、「どうせ嫌いになれない」とかやっぱりくみこんを思い出してしまうんだよなあ」

司会者「フジファブの曲がどれも志村氏に向けて書かれてるんじゃないかって思ってしまうようなもんですね」

レジー「うん。僕くみこんのドラム超好きだったんですよ。自分で好きなミュージシャン選んでバンドプロデュースしていいって言われたら、ドラムはくみこんにお願いしたいくらいには好き」

司会者「相当ですね」

レジー「歌うようなドラミングというかね。歌詞書く人だし、言葉とか物語とかを大事にする人だからかもしれないけど、歌と一体化してリズムを鳴らしてる感じがスゴいするんですよ。それってチャットモンチーの強みの一つだったと思うんですよね」

司会者「確かにアップテンポの曲でも単調にならない感じはありましたね」

レジー「「湯気」とか「真夜中遊園地」とかね。「うねる」とか「ドライブする」とかそういう言葉がすごく似合う曲だと思うんだけど、結構ドラムが効いてた部分はでかいと思うんですよ。それと比較してしまうと、例えば「ハテナ」とかちょっと一本調子に聴こえちゃう部分もある」

司会者「うーん」

レジー「で、重要なのは、こういう比較とかされるのわかっててなぜ今のスタイルでやってるのかって話なんですよ」

司会者「うまいサポートをいれれば済む話ではありますよね。くみこんとカラーは違うとしても、曲のクオリティは担保できるはず」

レジー「はい。それについて本人たちはこんなことを言ってます

絵莉子 (略)悲しませないのは無理だけど、代わりっつっても……たぶんその人が超うまくても、たとえば前と比べられたりとか、そういうふうに、全然違うとこを見る人も絶対多いと思うから、そういうので傷つけたりするの、ほんと申し訳ないと思ったし。たぶん、そういうのをケアせないかんじゃないですか、新しいメンバーに関しては。でもそうやってケアして昔の3人を再現していくっていうのも、なんかちゃうなあ、って思ってたから。だから燃えなかったっていうか。申し訳ない、みたいな気持ちがすごいあったな。

──たぶんその方法でやっていくと、最大限うまくいっても、前と同じぐらいまでよくなれば御の字だな、っていう感じになっちゃいますよね。

晃子 うん。まあ、もちろん前以上にせなあかんのやけど、そういう兆しがあんまり見えんかったというか。「どうなるんだろうな?」みたいな。「名前変えるか」っつってたもんね。

絵莉子 うん。

晃子 違うバンドです、っていうことにするか。っていうぐらい、やっぱ「3人でバンドなんです」っていうのをずっと押してきたから。それが崩壊するっていうことが、想像できなさすぎたんですね。他の人が入るってことで、チャットモンチーがなくなるっていうんではなかったと思うんですけど、なんか、ちょっとわかんなかったですね。

司会者「この3人がチャットモンチーだと。つまり違う人が入ったらチャットモンチーではない」

レジー「重い決断ですよ。いくら工夫したって、演奏の質が下がることなんて絶対わかってるわけじゃないですか。それでも彼女たちは「チャットモンチーであること」を選んだ」

司会者「誰か新しい人を入れるんじゃなくて、「残されたチャットモンチーで何ができるか」っていうことを考えたと」

レジー「うん。こういう「制約の中から新しい表現を生む」って考え方はすごい好きなので、僕は全面支持ですね。この編成でネタ切れにならずにどこまでやれるのか、楽しみに追っていきたいと思います」

司会者「そういう意味で言うと、そういう「制約」と最も離れたところにいるのがくるりというバンドですかね。新体制での初アルバム「坩堝の電圧」が出ましたが」



レジー「あれねえ。もしかしたらくるりの最高傑作じゃないか?」

司会者「素晴らしいですよね」

レジー「今のくるりがストレートにロックンロールしたらこんなにかっこいいんだよと。あと思ったのは、震災っていう歴史の変曲点の後に出たアルバムで「つながり」や「継続性」に言及してるのが素敵だなあと」

司会者「具体的には」

レジー「「everybody feels the same」のUKのバンドを並べるところとか、「glory days」の過去のフレーズを歌うところとか、自分たちのルーツに意識的になってますよね。僕が思うに、あの地震は人が潜在的に持っているリセット願望を刺激しているような気がして。「これから日本が変わる!」って興奮してる人も、「結局何も変わらないじゃないか」って諦念を持っている人も、根っこは一緒だと思うんですよね。そういう雰囲気に対して、「何があっても我々は時間の流れの中で生きている」「何も変わっていない、続いている、でもそれは悪いことではない」っていうスタンスをとっているんじゃないかなと感じました」

司会者「なるほど。一方で、サウンド面で言うと新メンバーの吉田省念の影響が大きいんですかね。彼のバンドの音を聴くと、何となく地続きなものを感じます。これが代表曲かよく知らないんですが」



レジー「ひたちなかのエントリーでも書いたけど、岸田が省念に感化されてるような気がする。そういう化学反応が、オープンだけどアットホームな今回のアルバムのムードを形成してるんじゃないかな」

司会者「岸田氏は独善的なミュージシャンに見える部分もあるけど、他のミュージシャンからの影響を取り込むのがうまいですよね」

レジー「そうね。「ワルツを踊れ」のオーケストラとか。「アンテナ」もクリストファーのアルバムだなんて言うくらいだし。後者はちょっとネガティブな意味合いなのかな?頻繁なメンバーチェンジも含めて、「今自分に最も刺激を与えてくれるものは何なのか」っていうことに敏感なんだろうなあと思います。そこに忠実になることでクリエイティビティが増幅していくんだろうな」

司会者「そこに忠実であったがゆえに、結局田中さんは一度も作品に名前を残せませんでしたね」

レジー「ボボのドラムに慣れちゃってたんだろうなあ。まあでもそういう「いつメンバーが変わるかも」っていう緊張感がバンド内にあるのもそれはそれでいいんじゃないかな。終身雇用の会社か外資系の会社かみたいな。どっちにも善し悪しはあるけど」

司会者「どっちの環境に合うかは人に寄りますよね。長くなってきたのでぼちぼちまとめたいんですが、メンバーを変えずに戦うチャットモンチーと、バンドメンバーの新陳代謝を繰り返しながら進んでいくくるりというある種対照的な2つのバンドのアルバムについて見てきました」

レジー「はい。表出してる事象は異なると思うんですが、僕としてはこの2つのバンドが考えていることは一緒なんじゃないかなあと。要は「変わらないために変わる」というか」

司会者「ほう」

レジー「「メンバーを変えずにパートを変える」「メンバーを変える」と方法論は違うけど、結局それをやる理由は「チャットモンチー/くるりというバンドとして鳴らすべき音を鳴らすため」ですよね。そのための変化を自分たちだけで起こすのか、周囲との関わり合いを通して表現するのか。どちらが素晴らしいとかはなくて、どちらも素晴らしいと」

司会者「現状維持は停滞であって、その状況を打破するために変わっていこうとするけど、その根底にあるのは一番変えたくないものを変えないためだと」

レジー「うん。で、くるりに関しては、他者からの刺激で自分たちを刷新していく中で「魂のゆくえ」みたいな内面のざらっとした部分が出てくる作品もあったりするから面白いよね。そういう点では、チャットモンチーもそのうち外部からの血を入れて・・・みたいな話になるかもしれない。民生とかゴッチにプロデュースしてもらってるってのは、バンドの純度を維持しつつも血脈主義みたいにならないためのバランスをとってるのかななんて思います。というわけでいろいろ言ってきましたが、2作品とも今年マストのアルバムだと思います。あのバンドとかそのバンドで騒いでるならまずはこっちから聴きましょうと」

司会者「これ以上いくと実名が出そうなのでこの辺で終わりましょう。次回はどうしますか」

レジー「そうですねえ。「変わらないために変わる」バンドもあれば、「変わらない、ゆえに変わらない」みたいなバンドもあると思うんですよねえ。そんな話しようかな。いつも通り予定は未定です」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

おじさんの知らない軽音楽部の世界3-そして誰も一人で音楽を聴かなくなった

レジー「先日オリコンが発表した「音楽ファン2万人が選ぶ好きなアーティストランキング2012」の内容を確認すべく初めて「オリスタ」という雑誌を買ってみました」



司会者「ほんとは表紙が桜井翔なんですけど、さすがネットNGのジャニーズですね。こんなアフィリエイトのリンクでも画像を使わせないと。ところで音楽ファンってどんな定義なんでしょうか」

レジー「どんな人にどんな調査したかが載ってないのでよくわかんないんですが、デモグラで言うと10代から40代までの男女。割り付け等は不明。詳細は見えないものの、この規模で「好きなアーティスト」に特化した調査を継続的にやってるのは結構貴重でしょう」

司会者「上位3つは嵐、いきものがかり、ミスチルと。世代ごとで1番人気あるのは10代と20代で嵐、30代でミスチル、40代でサザンです」

レジー「このアンケートを見ると、「ロキノン系」とか「アイドルシーン」とかそういうのがいかに「狭い話」かってのが思い知らされるね。総合ランキングは50位まで載ってるんだけど、いわゆるギターバンドものって19位にバンプが入ってるだけだもんね。アイドルに至ってはAKB48とPerfumeだけ。ももクロすら入ってない」

司会者「開示されてる性年代別の20位圏内で見ても、ロキノン的なアーティストは10代男女と20代女性にバンプ、10代女性にラッドが入ってるだけですね」

レジー「10代にはもっとアジカンとかエルレとかワンオクとか入ってくるのかと思ってたんだけどなあ。で、このまま前回の続きに行きたいんですけど、当初は『新しい音楽聴かずに先輩から引き継いだ手垢のついた曲ばっかりやりやがって。どうせ周りもYouTubeで有名バンドの人気曲は何となく知ってるみたいな状況だから、もはや懐メロ化してるゼロ年代初頭の曲やってわっしょいしたいだけだろうが。「他人と違う曲を知ってたい」とかそういうキモいけど微笑ましい衝動はないのかね!』みたいなうざいおじさん話をしようと思ってたんですよ」

司会者「そりゃうざい」

レジー「ですが、このオリコンのランキングを見たうえで改めて「kids these days! Vol.2」のコピーバンドランキングを見ると、一応「バンドやってる俺らにしか知らない世界」っていう雰囲気になってるんだなあと」

司会者「10代の人気ランキングとコピーバンドランキングのトップ10でかぶってるのはYUIといきものがかりくらいですかね」

レジー「そうなんですよ。『軽音楽部というある種「突出するための装置」として効率の良いシステムですら、「みんな(それも目に見える範囲)とのつながりを確認する装置」となった。ゆえに今後の音楽シーンにおいて「未知との遭遇の驚きを提供する」という行為の重要度は低下して、その場の感情の盛り上がり(うぇーいwwwでも泣ける!でもOK)を生むための燃料投下こそが最優先となる。フェスで有名バンドが有名曲を歌いそれをBGMに騒いでいる若者、これが未来のポップミュージックの一般的な風景だ』って結論をイメージしてたんですが」

司会者「「突出するための装置」としてまだワークしてるんですね」

レジー「おそらく。その「突出」の幅が狭くなってるだけで、「俺こんなの知ってるぜ。Mステの世界とは違うんだぜ」っていう感じは変わらずあるんじゃないかと思いました」

司会者「そうすると、結局今も昔も軽音のあり方は変わってないね、程度の差はあれ、って話でいいですか」

レジー「うーん、そこまで言い切っていいのかはまだわかんないんだけど。少なくとも、「バンドやってる俺は違いの分かる男」みたいな感じがあるのはわかった。バンドやる奴はいつだってそういうもんだよね。一方で、また「kids these days! Vol.2」から引きますけど、挫・人間の下川さんがこんなことを言ってます。そもそも俺この人知らなかったんだけど、「SCHOOL OF LOCK」のリスナーの間では有名人らしい。世代間断絶って怖いわ」

ただ、あれはなんだったんだろうなぁ。「次の曲はノれると思うんですけど」って、みんなノリを意識してたじゃないですか。

司会者「成松さんも文化祭レポツイートでこんなことつぶやいてましたね」







レジー「この盛り上がり至上主義というのかな、この感じは今の時代の傾向なんじゃないかなあという気はするんですよね。文化祭というシチュエーションである以上、みんなで騒ぎたいって気持ちになるのは当たり前だと思うんですよ。でも、それがちょっと行き過ぎてるんじゃないの?ってのが下川さんの違和感の表明や成松さんのツイートの背景にはあるような気がするんですよね」

司会者「盛り上がり至上主義、もしくは一体感至上主義といいますか」

レジー「そうね、もしかしたら後者の方が近いかもしれない。去年から「絆」って言葉がバカみたいに連呼され始めて、ウェブ上でも「つながってる感」の確認作業がすごいもんね。この写真見たら幸せになりますRTしましょうみたいなツイート異様に増えてるけど気持ち悪すぎるよね」

司会者「世の中的にそういうムードがあるわけですよね。ハロウィンの妙な盛り上がりにせよ試合内容関係なく代表戦後スクランブル交差点で騒ぐ行為にせよ」

レジー「その辺この前柴さんとかとツイッターでやり取りしたんだよな。興味あったらこちら見てみてください

司会者「そういう状況になっていくと、やっぱり「他人と違う音楽を知ろう」という行為に対するインセンティブは低下しますよね。一体感を生み出すってのとは志向しているものが真逆なわけで」

レジー「そう思います。で、「ほんとに軽音楽部のギターバンドコピー連中は目論見通りに「突出」できてるのか?」って話に戻ると、コピーバンドランキングの表題が「エモい!速い!手数が少ない!」ってなってるんだけど」

司会者「わかりやすいですね。牛丼っぽいけど。エルレとかその典型だなあ」

レジー「で、その幅でみんなコピーするバンドを選んでて、聴く側もふだんはいきものがかりとミスチルが好きでもそういう音であればノれるリテラシーを備えてるってことなんじゃないかな」

司会者「なんだかんだでギターロックは浸透してるって側面はあるでしょうね」

レジー「うん。だから、「音楽好き」であるはずの軽音楽部の部員も、その範疇からは逸脱しないものにしか興味を示さないし、「自分しか知らない音楽」ってのはあまり価値のないものになってくる。結果的に最新の音やルーツになってる音楽は自分にとって不必要で、その場でスピーディーに消費できる音楽以外には目が向かない。それが果たして「突出している“音楽好き”」なんだろうか」

司会者「うーん」

レジー「改めて思ったのは、マスメディアの時代からネットの時代になって、これからは個人がそれぞれの趣味を楽しむ時代!とかいうけど、全然そんなことはないんですよね。オリコンの好きなアーティストランキングを見るとほんとに10年選手ばっかりで、これは音楽番組が懐かしのヒット曲集みたいなのばっかりやってるからですよね。音楽に関与の低い人に対しては、まだまだテレビの力はでかい。一方で、「俺マイナー好き」みたいな人たちは特定の雑誌の推奨印の付いたバンド群を順繰りに聴いてるだけ。最近ロキノンな人々のツイッターBioで米津玄師が載ってる率が高くなった気がするんだけど、この影響されやすさはすげーなと思いますよ。「みんな知ってる曲」はなくなったけど、その結果生まれた状況は「個人個人が違う曲を聴いてる状況」ではない。「「小規模のみんな」が同じ曲を聴いてる」ってことでしかないですよね」

司会者「島宇宙化とかよく言われる話ではありますね」

レジー「うん。なんら目新しい話はしてないんですが、こと音楽の話になると「最近の若者は羨ましい!若いころから無限のリスニング空間が広がってるとは!」みたいな言説が平気で出てくるじゃないですか。いや、そもそもその「無限のリスニング空間」にアクセスする動機がないよ、って話だと思います」

司会者「なんか結局当初想定してた結論に近づいてませんか」

レジー「ほんとだ。まあうざいおじさんだから仕方ないな」

司会者「うざいおじさん感が明確になったところでぼちぼち締めに入ります。軽音楽部っていうネタから日本の音楽の聴かれ方みたいな話まで来たわけですが」

レジー「はい。軽音楽部も一種の「ライブメディア」なわけで、大体こういうジャンルは「盛り上がり/一体感」ってものに収斂しちゃうもんなのかね。フェスにしろアイドルにしろ。何か切り口変えてもいつも同じところに来ちゃう気がする」

司会者「ほんとにそうなのか、確証バイアスなのかは微妙なところですね。両方あるんでしょうけど」

レジー「最近は「音楽はライブの時代へ」とか言うけど、結局この流れは旧来型の「音楽好き」、つまり特定のアーティストだけじゃなくてその周辺の「縦」と「横」への関心がある人たちがどんどん生まれづらくなってる環境にあるんだなあと感じました。「その場でしか聴けない音楽」はもちろんかけがえのないものだけど、「ほんとにその場でしか音楽を聴かない」状況が生まれてきてるんじゃないかな。ロックインジャパンの話で繰り返し述べたところですけど」

司会者「パッケージが売れないから日銭を稼げるライブで、ってやってると音楽という娯楽自体のフロー化が進むと」

レジー「うん。それの善し悪しは僕にはわかりませんが、少なくとも「ある一つの接点」でしか音楽を聴かない人が増えていくのは個人的にはさびしい時代なのかもとは感じます。まあこのブログも少しは読んでくれてる人がいらっしゃるみたいなので、そういう人には「こんな音楽の楽しみ方があるんだよ」ってのは伝えていきたいなあと思いますね。それが音楽に対する恩返しというかね」

司会者「わかりました。そんな感じで終わりましょうか」

レジー「はい。3回軽音絡み書いたけど、一番の問題は高校の軽音楽部なんてもう10数年見てないってことだね」

司会者「なかなか見る機会もないですよね」

レジー「もう今年はシーズンも終わるし、来年はどっか行きたいな。と言ってもふらっと行って入れるもんでもないよね。誰か招待してください」

司会者「最悪母校に見に行ってくださいよ」

レジー「男子校行ってもなあ。まあそれもやむを得ないね」

司会者「では次回はどうしますか」

レジー「どうしようかな。もう11月になっちゃったからね。今年の総括の準備をしつつ考えます。今ホットなandymoriの話とかしようかな」

司会者「また危ない橋を」

レジー「ファンの反応とか見ていろいろ思うところあったので。でも全然違う話するかも」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。