レジーのブログ(旧)

15/4/23 昨今の諸々を踏まえて移管します。詳細は最新記事をご確認ください。ブックマークいただいていた方は変更をお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2013年総括】マイ年間ベスト10枚(5位~1位)

レジー「というわけで、今回は「マイ年間ベスト10枚」の上位5枚をご紹介させていただきます」

司会者「「マイ年間ベスト10曲」も含めたこれまでの結果はこちらをご覧ください」

【2013年総括】マイ年間ベスト10曲(10位~6位)
【2013年総括】マイ年間ベスト10曲(次点7曲)
【2013年総括】マイ年間ベスト10曲(5位~1位)

【2013年総括】マイ年間ベスト10枚(10位~6位)
【2013年総括】マイ年間ベスト10枚(次点8枚)

レジー「例によってコピペですが、この10枚は「今年リリースされた中で僕が“好んで聴いた”10枚」であって決して「シーンを象徴する10枚」とかそういうのではないことをご理解いただければ。今回発表する5枚とも大好きな作品ですが、苦しみながら順位をつけてみました。それではどうぞ」


5位 LIFE ANEW/高橋幸宏

AL_高橋





レジー「これは夏場によく聴きました。さわやかなアルバムだった」

司会者「この方は枯れないですね」

レジー「YMOフリークとかでは全然ないんですが、pupaとか高橋さんの活動は何か気になるんだよね。それこそ大昔にスカパラと一緒にやった曲とかも好きだったし」

司会者「『Watermelon』ですね」



レジー「あとこのアルバムはジェームスイハが参加してるのがポイント高い。この人のアルバムは思春期のBGMでしたわ」






司会者「『Let It Come Down』は名盤ですね」



レジー「うん。ほんと今でも聴けるよ」


4位 Cry Like a Monster/のあのわ

AL_のあのわ





レジー「リリース時には気づいてなかったんですが、ちょっと遅れて聴いたらとても良かったです」







司会者「もともとは好きでしたよね」

レジー「出てきたころはね。『ゆめの在りか』よく聴いてた」



司会者「この頃からだいぶ変わりましたね」

レジー「そうね。ツイートもしたけど、海外の流れとか日本の流れとかいろんなものが重なったところで鳴ってる音だなあと思いました」


3位 LEVEL3/Perfume

AL_LEVEL3.jpg





レジー「このアルバムについてはレビュー的なものをこちらの記事に書いてるのでそっちでどうぞ」

司会者「あとはcakesにもがっつり書きましたね

レジー「ドーム公演も大阪で見てきました。いやー素晴らしかったです」

司会者「感想は東京公演が終わってからですかね」

レジー「そうですね。ネタバレできるようになったタイミングでまとめて書きたいと思います」


2位 Signed POP/秦基博

AL_秦





司会者「今年1月に出たアルバムです」

レジー「これ上期よく聴いたんだけどあんまり話題にはなってなかったね。すごい良いですよ」

司会者「ひたちなかで見たライブも良かったですね」




レジー「ここまで歌える人今日本にいるのかって感じだけど、その歌を徹底的に生かす作りになってるアルバムだと思いました。サウンドとして目新しいとか革新的とかそういうのじゃないかもだけど、ただ素晴らしい歌があればポップミュージックになるんですよ。お気に入りトラックは『ひとなつの経験』ですね。超セクシー。何となく未聴の方が多い気がするのでぜひ聴いてみてください」

司会者「わかりました。それでは1位の発表にいきましょう」


1位 date course/lyrical school

AL_リリスク





レジー「というわけで1位はリリスクと相成りました」

司会者「今年の9月に出た作品です。改名して最初のアルバムですね」

レジー「女の子のラップ楽しい!ってのはもちろんのこと、とにかく作品としてのまとまりが素晴らしいと思いました」







司会者「しっかりした流れがありますよね」

レジー「特に後半の流れが最高ですわ。パーティー感とその後の切なさみたいなところはすごいリアリティがあるね。これは9位のOK?NO!!の作品でも感じたところです。あとはジャケットも良すぎるでしょ」

司会者「江口寿史さんの作品です」

レジー「パッケージも含めてパーフェクトですね。僕アナログ買ったのであの絵をあのサイズで楽しめる幸せを感じています。というわけで10枚発表しました」

司会者「改めて並べてみましょう」

1位 date course/lyrical school
2位 Signed POP/秦基博
3位 LEVEL3/Perfume
4位 Cry Like a Monster/のあのわ
5位 LIFE ANEW/高橋幸宏
6位 クルミクロニクル/クルミクロニクル
7位 lost decade/tofubeats
8位 CIDER ROAD/UNISON SQUARE GARDEN
9位 Party!!!/OK?NO!!
10位 T H E/tricot


レジー「こう見ると、自分にとって「ポップとは何か」みたいなものを考えさせるような作品が集まってるのかなあと思いました」

司会者「「ポップ」と言ってもいろいろありますからね」

レジー「うん。バンドフォーマットのギターロックのアプローチもあれば、アイドルがやるヒップホップみたいなものがあったり。聴いてて楽しいみたいなプリミティブな話ではあるけど、そういうことが自分にとってますます大事になってるんだなあと感じます。来年もそういう気付きがあるような作品に出会えればいいなと思いますわ。というわけで年間ベストの発表はこれにて終了です。お付き合いいただきありがとうございました」

司会者「わかりました。では次回はどうしましょうか」

レジー「僕この年間ベスト企画を始める際にこんなツイートをしたんですよ」




司会者「ということは次回はその「スペシャル企画」ですね」

レジー「はい。一応この年間ベストって【2013年総括】ってタグをつけてやってきたんですが、2013年を総括するんであれば今年大活躍だったあの方のお話を聞かないわけにはいかないなと。というわけで、次回はそんなインタビュー企画をお送りします。ここまで発表した音源とか聴きながらしばしお待ちください。お楽しみに」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://regista13.blog.fc2.com/tb.php/108-652d5e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。