レジーのブログ(旧)

15/4/23 昨今の諸々を踏まえて移管します。詳細は最新記事をご確認ください。ブックマークいただいていた方は変更をお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックインジャパンについての雑記6 -JAPANはJAPANをどう伝えるか

司会者「先日のエントリーで90年代の「ポスト・ミスチル」たちを取り上げましたが、それに関して、「ムーンチャイルドが抜けてますよ」というご指摘をいただきました」

レジー「ムーンチャイルドね。もちろん忘れてませんよ。なんたって「Over the rainbow」は高校生の時カラオケで歌いまくってましたから」



司会者「これいい歌ですよね。そして相変わらずクネクネした動きが気持ち悪い」

レジー「彼らについては「Escape」っていう一発があるから、あの流れにはそぐわないかと思い除外しました」

司会者「他のバンドにそんな派手な一発なかったからなあ」

レジー「今考えるとエイベックスが「バンドで儲ける」ための一手だったんだろうねムーンチャイルドは」

司会者「wikiにも「ポストMr.Childrenと期待されたが、それから2年余りの1999年に解散した」なんて記述がありますね

レジー「もし彼らが「Escape」以降もコンスタントにヒットを出してたらどうなってたんだろうとか思うけど、やっぱりあの頃はミスチルスピッツ始めすごいバンドがありすぎたから違う結末が全く想像できないね。この時代はそんなに膨らまなそうだからこの辺で終わりましょう」

司会者「はい。で、今回はロックインジャパンでしたっけ」

レジー「そうですね。増刊号が出て、WOWOWの放送があって」

司会者「フェス当日からネットでその日の様子が分かる時代になってますが、増刊号にせよWOWOWにせよまとめて取り上げてくれるメディアはありがたいですね」

レジー「そうね。あとはジャパンカウントダウンとナタリーかなちゃんとやってくれるのは。朝のワイドショーでもちらっとやるけど。しかしこのフェスを取り巻くメディア環境もいろいろ変わってるなあ。1回目はNHKBSで放送だったんだよね」

司会者「この「Viva la Revolution」とかそのときのですよね」



レジー「そうそう。僕がひたちなかで号泣してたやつね。あとは当然ツイッターなんてなくて、相互にやり取りができるのは検閲の入る公式BBSくらいだったな。個人でやってるメーリスとかはあったけど」

司会者「昔話はさておき、増刊号の内容はいかがでしたか」

レジー「相変わらず写真がいいすね。あと岸田と山内君の対談が良かった。もう一つの4人のはまだ読んでないんだよな。あ、そう言えばそっちにkjが参加してるわけだけど、ドラゴンアッシュのライブレポートはちょっとどうなんだろうか」

司会者「具体的には」

レジー「「Fantasista」でkjが声を荒げて客を煽ったみたいなことが書いてあるんだけど、一番大事なのは「お前らは飛べないから俺がいってやる」的なMCと一緒にサビで客席に降りていったところでしょう。そこ削ってどうするっていう。あと以前ブログで書いた「丸くなって!」についても言及なし」

司会者「まあモッシュダイブ禁止のフェスですから仕方ないんじゃないですか」

レジー「それ言っちゃうとそれまでなんだけどさ、何かねえ。超ローカルルールを守るためにライブレポートからハイライトを削除しちゃうのってはどうも不誠実に感じるんだよな。「ルールに抗うのがロックだ」的なことを言う時もあるくせに」

司会者「まあkjはそういう「飼い慣らされるな」みたいなことを意識してやってる部分もあるだろうし、そういう気持ちはJAPANの人たちが最もわかってるはずなんですが」

レジー「kjは以前も確か「百合の花の咲く場所で」の時だったと思うけど、「モッシュダイブ禁止とか言うけどそんなん関係ねーだろ」みたいなMCをしてたことがあった気がするんだよな。テレビで放送されたときにそこだけ編集されてた記憶が」

司会者「あれいつでしたっけね」

レジー「そういうMCするわりには何のお咎めもなく毎年出演するわけで。黙認するなら別にメディアに出しちゃったっていいのにね。誰もそれで矛盾してるとか言わないでしょ。あと似たような話で言うと、きゃりーぱみゅぱみゅのMCも微妙に編集されてた」

司会者「これですか」

(略)中田ヤスタカさんからROCK IN JAPANは楽しいと聞いていました。

レジー「そうそう。これ実際にはこう言ってたと思いますよ」

(略)中田さんからロッキンは楽しいと聞いていました。

司会者「ロッキン」

レジー「勘違いや聞き間違いじゃないと思うんだよね。ちょうどフェスの呼称問題が気になってたときだったので」

司会者「あえて正式名称に戻してると」

レジー「「ジャパン」と「ひたちなか」はたまに見るから、別に愛称を全てカットしてるってわけでもないと思うんだけどどうなんだろう。「ロッキン」を認めない理由でもあるんでしょうかね。何か商標上の問題とか?」

司会者「でもWOWOWだと「ロッキンサイコー!」って言ってる若者グループが出てきてましたよ」

レジー「そう。だからここ一致しないなあと不思議に感じてたんですが、たぶんWOWOWの放送の、少なくともライブシーン以外の制作部分はロッキングオンの手が入ってないんじゃないかという考えに行き着きました」

司会者「ほう」

レジー「その根拠として、こんなコメントが放送されてたんですよ」

初期のころが一番面白かったかな。コアな人たちがいっぱいいたんで。その頃のライブはすごく面白かったですね。最近はいろんな人が来るようになったんで。まあそれはそれで、お子さんも増えたんで、そういうフェスも時代とともに面白いかなと思ってます。

司会者「なんか何とも言えないニュアンスですね」

レジー「これ言ってたのはハイエイタスのTシャツを着た30代後半くらいの男の人でした。年齢微妙だけど、少なくとも「若者」ではない。たぶん初回とかから毎年のように来てる人なんでしょう。で、そんな人が「初期のころが一番面白かった。今のはね、それはそれでいいんじゃないですか」なんてコメントしてると。このコメントは実感としてはすごーくわかりますがまあそれは置いておくとして、もっと好意的なコメントが絶対あったはずなのに、なぜあえてこんなのを流したかって話なんですよ」

司会者「主催者自ら「昔の方が良かった」みたいなコメントをチョイスするとは考えづらいですね」

レジー「WOWOWの中に同じ意見の人がいたのかなあ。単に若い人たちとのバランスをとるためだけに放送するにはオピニオンとして刺激が強すぎる気がする」

司会者「確かにずっと盛り上がってるライブ映像が流れてる中に「昔の方が良かった」なんてコメントが挟まってたらちょっと冷めます」

レジー「まあただここに関しては何を言っても想像の域を出ないのであまり掘り下げても仕方ないのかな。すごく気になるんだけど。で、考えたいのはこのおっちゃんが言ってる「初期のころが一番面白かった」ってのはどういうことなのかってことです」

司会者「単なる「昔は良かった」的ノスタルジーではないんですかね」

レジー「もちろんその側面も否めないと思うんですが、今回は「RIJを伝えるメディア」について取り上げているので、そういう角度から掘り下げたいと思います」

司会者「「RIJを伝えるメディア」というと必然的にJAPAN本誌もしくは増刊号、つまりフェスの作り手が発信するメディアが一番主要なものになりますが」

レジー「そうですね。だから結果的に、「RIJを伝えるメディア」の姿勢にフェスそのものの姿勢が表れてくると。テレビも含めて基本的にコントロールされたメディアからしか発信してないからねこのフェスは。で、「昔」と「今」の一番の違いは「うまくいかない部分も曝け出していた」ってことだと思います」

司会者「ふむ」

レジー「たとえば1回目のRIJ、初日トップバッターのAIRの次に出たハスキンのライブレポートにこんな一節があります」

結果から言うと、この後の本人達の発言からもわかるように現在の彼らの実力を出し切ったライブではなかった。(略)良い点や新しい発見もあった。しかし彼らの一番の魅力、バンド全員の音・声が合わさった時のシンフォニックな爆発力のようなものが、この日のステージではなかなか生まれなかったのである。

司会者「結構辛口ですね」

レジー「で、この後に反省会のようなインタビューが載ってるわけですが。あとは翌日のキングブラザーズのレポもすごいよ。全文引用するわけにはいかないのでここには載せられませんが、ステージのコンディションと自分たちのパフォーマンスがフィットせずにボロボロになっていくさまが克明に描かれています」

司会者「なんでもかんでも「ひたちなかで起きた奇跡!」じゃないんですね」

レジー「そう。「ダメなものはダメ」という当たり前のことがメッセージされてると」

司会者「ところでそんな昔の文章どこから引っ張り出してきたんですか」

レジー「あ、これはですね、ちょうど今引越しの片づけをしていて、雑誌類も整理してるんですよ。で、その過程で出てきたJAPANの2000年10月号です。ちなみにRIJ取り上げてるJAPANと増刊号は04年以外家にありました」

写真 (6)


司会者「懐かしい感じがしますね」

レジー「で、やっぱり古い年の見てると、フェスを取り上げる際のトーンというかノリが結構違うんですよね。「フェスというものの世間的な立場」が異なるから一概には比較できないとは思うんですが、単に書いてる人が違うって話だけでもないような」

司会者「なるほど。では長くなってきたのでその話は次回に回しましょうか」

レジー「わかりました。しかし改めて黎明期のころの言説に触れるのは面白いですね。次回はその辺具体的に話しつつ、何かしら未来につながるファインディングスがあったらいいなあと思います」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://regista13.blog.fc2.com/tb.php/18-c5987cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。