レジーのブログ(旧)

15/4/23 昨今の諸々を踏まえて移管します。詳細は最新記事をご確認ください。ブックマークいただいていた方は変更をお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや、別にフェスで恋人作ったっていいんですよ

レジー「ふと思い立ってレディオヘッドのオリジナルアルバムを順番に全部聴きました」

司会者「また唐突ですね」

レジー「一応経緯はあって。この前柴那典さんにブログ記事を紹介していただいて」




司会者「結構反響ありましたね」

レジー「うん。その流れで「いつから洋楽聴かなくなったのか」みたいなやり取りをしてたんですけど、そのときに自分でこんなツイートをしまして」




司会者「それで「Amnesiac」以降も聴いてみるかと」

レジー「はい。それと、ちょうどさっきの柴さんのツイートが広まってく過程で自分宛かわからないんだけどちょっと耳が痛いツイートを見たこともあって」

昨日、逃げた話とちょっと繋がるんだけど、例えば「今の洋楽を聴いてない」って公言してる人がロックを語るブログをやってるのが僕は信じられんのです。例えば、Arctic Monkeysを聴いてない人がWHITE ASHをどうやって評価できるのか?僕は分からんのです。

司会者「別にロックを語るブログでもないから違うんじゃないですか」

レジー「まあどっちでもいいんですけど思い当たるふしはあるので、ちょっと自分を見つめなおそうかと」

司会者「とは言いつつ反論してましたね」




レジー「反論というか率直な感想なんだけど。ここで出てきてるWHITE ASHだってさ、のび太のコメントを見るとこの指摘が一面的だってのがわかると思うんですよ」

WHITE ASHは東京を中心に活動しています。洋楽と邦楽のいいところをごちゃ混ぜにして、自分達なりにカッコイイと思うものを突き詰めています。洋楽ではアークティック・モンキーズ、ブロック・パーティーとか、邦楽ではピロウズ、イエロー・モンキーなどに影響を受けています。サウンドは洋楽の要素が強いのですが、邦楽にも大きく影響されています。

司会者「日本の歌心のあるロックをベースに、今の時代の海外の音を乗せた構造になっていると。バンド名もピロウズの曲からとってるみたいだし、日本の音の影響も大きそうですね」

レジー「はい。で、そういう考えの中で僕がWHITE ASHについて何か論点を設定するならば、「アークティックモンキーズとの同時代性」ではなくて「“日本人が海外のシーンを再解釈したときにどんな音になるか”という取り組みの系譜」って話になるかなと。僕アークティックはアルバム1枚聴いたことあるくらい、それもリアルタイムですらないんですけど、最初に聴いて思ったのは「こういうガレージ~ポストパンク的な音の影響下にある感じのバンドって日本にも90年代からいたよなあ」ってことなんですよね。たとえばプリスクールとか」



司会者「この曲は今聴いてもかっこいいな」

レジー「高校生の頃何回聴いたかわからないくらいには聴いてます。たぶんWHITE ASHもこっちの流れから評することは可能なんじゃないかなと。何が言いたかったかというと、「今の海外の音楽を聴いてないと今の日本の音楽を論じることはできない」ってのは一面では当たってるけど一面では間違ってるんじゃないか、ということですね。この辺ちゃんとやるにはもうちょっと思考を深めないといけないのでまたの機会にしたいと思います。で、何の話でしたっけ」

司会者「レディオヘッドまとめて全部聴いたって話から進んでないです」

レジー「ああそうだったそうだった。聴きましたよレディオヘッド。「OK COMPUTER」は僕の10代の個人的な経験に結びついてるので置いておくとして、一番しっくりきたのは「In Rainbows」かな。結局バンドサウンドの方が好きなんですよ。あとは改めて思ったけど、「OK COMPUTER」以前の音で語れちゃう日本のバンドってすごい多いんじゃないかなあって感じました」

司会者「どのバンドがと言われると答えに困りますが、何となく「Pablo Honey」の世界で止まってる人たちはたくさんいる気がしますね」

レジー「うん。「Creepみたいな曲やりたい!」的なね。この辺りがシーンのガラパゴス化とか言われる所以だと思うんだけど。90年代オルタナの異常なまでの強さ。で、その「Pablo Honey」のライナーノーツをタナソウが書いてるんだけど、こんな文章がありました。パンクがロックを人々に解放して誰でもギターを持って音を鳴らせるようになった、みたいな話から90年代初頭までのシーンの流れが説明されてる中での一節です」

一握りの人間だけが音楽を独占するのではなく、誰もに平等に振り撒かれる祝福として音楽はある。その通りだと思う。ただ、どこか居心地の悪さを感じてしまう自分がいる。誰もが気軽に音楽を楽しんでいるのを見る時に、どうしようもないコンプレックスが湧き上がってくることがある。日々、音楽にどっぷり浸かっている自分がひどく情けないものとして思えてくる。結局、お前達はロックンロールがなくてもいきていけるんじゃないのか?--そんな風な卑屈な気持ちになってしまうのだ。ギターを持たなくてもいい人間がギターを持っている—そんな、もはやいちゃもんでしかないような思いが込み上げることがあるのだ。

司会者「なんか聞いたことがあるような話だな」

レジー「もうね、膝を打ちましたよ。これだ!みたいな」

司会者「ロックインジャパンネタの根底にある心情をすべて説明していますね。別に誰も悪くないんだけど感じてしまうネガティブな気持ちがあって、別に誰も悪くないがゆえに表だって表明できないんだけど、とにかくモヤモヤが残っていく的な」

レジー「このライナーノーツが書かれたときには厨二病なんて便利な言葉なかったけど、こういう「自分の好きな文化が消費されていくことを嫌悪しつつ、それを好きな自分には抗えない」みたいな感情は太古の昔から存在してるってことなんでしょうな。ある対象について「切実なものとして考えてる人」と「楽しいものの一つとして考えてる人」が混在すると、前者の人は必ずこういう感情を持つんだろうなと」

司会者「「音楽」とか「ロックンロール」を「フェス」とかに入れ替えても意味が通りますね」

レジー「ほんとそうだね。タナソウの書いてるとおり150%いちゃもんなんですけど。で、そんなふうにいちゃもんをつけまくりたくなるイベントが開催されるということで」

司会者「例のあれですね

エンタメ×合コン=「エンタメコン」 数ある合コンや街コンでは体験できない、“好きなエンタメが同じ”男女が集まる新しい合コンイベントです。 第1回目のテーマは「夏フェス好き」な男女200名を募集します。 みなさん今年の夏はどのフェスに行きましたか? フジロック?サマソニ?ロッキン?etc・・・ 暑かった夏の思い出を振り返りながらみんなで盛り上がりましょう! ※夏フェスに行けなかったけど、音楽好きな人と盛り上がりたい!という方も大歓迎です

「ポイント」
■夏フェス&音楽が好きな男子100×女子100
■安心の同姓ペア参加
■20分に1回の席替えで5組以上と出逢える
■アクセス抜群!渋谷駅近くにグランドオープンしたばかりの
 洗練極めた日本最大級の大人のラウンジで開催!
■3時間「飲み放題+ビュッフェ」

「参加資格」
■同性2名様でのお申込みとなります
■20歳~39歳(既婚・未婚は不問)
■当日は年齢が確認できる身分証をお持ちください(アルコール提供のため)

一緒にライヴに行ってくれる恋人を探すのもよし、
来年の夏フェスに一緒に行く友達やグループを作るのもよし!


レジー「くらくらする」

司会者「行くとこまで行った感はありますね」

レジー「この「エンタメコン」って企画はこれが初回みたいなんですよ。1回目のネタがスポーツ系でも映画や本みたいな文化系でもなく、お笑い関係でもなく、しかも「音楽」ですらなく「夏フェス」ってところがね。扱いやすいレジャーであることを如実に表してますね」

司会者「既婚でもいいらしいから行ってみればいいじゃないですか。潜入調査」

レジー「いやー、さすがに無理でしょ。15分で帰りたくなる気がする」

司会者「セカオワとワンオクが好きです!って盛り上がってきてくださいよ」

レジー「やっぱそういう若い人が聴く日本のロックの話に偏るのかなあ。でもまだそれならいいですよ。「ロッキン行ったんですか?私も3日目行ってきました!ファンモンとケツメイシ最高でしたよね!」とか言われたらどうしたらいいんだろう」

司会者「難易度高いですね」

レジー「ちょっと思うのは、そもそも音楽の話にならない気がするんだよね。以前も書いた通り、「音楽を聴きに行く」よりも「夏フェスに行ってfacebookに写真をアップする」ことの方が大事な状況になってるわけで」

司会者「キャンプとかバーベキューとかみたいなものでしょうね」

レジー「そう。このクソ寒いときに集まってわざわざ夏休みのバーベキューの思い出を語り合うのかと」

司会者「来年のバーベキューの約束をするんじゃないですか」

レジー「スパンが長いな。どうせやるなら7月とかに「夏フェス前夜祭コン!」みたいなのやった方が良かったんじゃないだろうか。それか、イープラスもコンパとか生ぬるいこと言ってないで自分たちでこういうフェスやればいいんだよ。ぴあは自分たちでフェスをやってるというのに」

司会者「街コンじゃなくてフェスコンですね要は」

レジー「どっかの旅行会社と組んでさ。チケット、移動用のバス、宿泊、事前の懇親会、当日夜の懇親会、全部パックにしてね。参加したい人いるんじゃないかな。フェス自体もそれ系の仕掛けをいろいろ仕込んでさ。リストバンドに番号が入ってて、同じ番号の異性を探しましょうみたいな」

司会者「もはや結婚式の二次会ですね」

レジー「やるならそれくらい徹底すればいいんですよ」

司会者「単純に移動と宿泊のパックならば、旅行会社がどこかのフェスのチケットそれなりの量買い占めれば何かしら企画はできますよね。すでに今もそういうプランはあるだろうから、それに合コン的企画を埋め込めば簡単」

レジー「少人数にして「あいのり」みたいに順番にバスに乗り込んでくるとかやれば盛り上がるんじゃないか」

司会者「懇親会では川嶋あいに歌ってもらいますか」

レジー「そうね。今年やるのかわからないけど、GO!FESとかそういうイベントにしちゃえばいいんですよ」

司会者「さすがにロッキングオンはそんなことやらないでしょ」

レジー「僕もそう思ってたんですけど、わかんないですよ。すでにこんなのやってますから

ロッキング・オン企画のフードフェスティバル【まんパク】のプレオープンイベントとして、大型合コンが開催されます。その名も【まちコン@まんパク】。

「まちコン」とは、ご存知の通り、大人数の男女が貸し切られた近隣の店舗間を回遊しながら合コンをするという、男女の出会いの演出+地域活性化も目的としたイベント。今回行われる【まちコン@まんパク】では、イベントエリアがぐっとコンパクトに集中。

フードフェスが行われる公園内で、配られた食券で料理を楽しみながら、出会いを探す事が出来ます。参加者は男女各250名。現在e+(イープラス)のサイトでチケットを販売中です。【まちコン@まんパク】公式サイトの申込みボタンから購入ページにアクセスできます。

司会者「なんだこれは」

レジー「全然知りませんでした。これもイープラスね。そしてロッキングオンが公式に協力してます。開会の前日にこのために場所使わせてるわけだから」

司会者「そのうちロックインジャパンも本番前日の木曜日にこういうのやるようになったりして」

レジー「冗談に聞こえないのが怖い。そのときこそが、音楽フェス文化がリア充レジャーに飲み込まれる本当の瞬間でしょうね。でもある意味棲み分けが進んで助かるかも」

司会者「フェスに集団でやって来てうぇーいwwwって感じの人たちは「フェスコン」とはモチベーション違うから棲み分けないんじゃないですか」

レジー「それもそうですね。とりあえずこのイープラスのイベントがどういう感じになるかは興味あるな。参加者の好きなアーティストランキングとかアンケートして公開してもらいたいですね。それでいろんなことがわかる気がする。もし参加予定の方がいらっしゃったら、終わった後に様子をこっそり教えてほしいなと思います」

司会者「貴重な情報になりますね。では次回はどうしましょうか」

レジー「今日Perfumeのライブビューイング行くので、それが候補かなあ。いいネタあれば変更します」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://regista13.blog.fc2.com/tb.php/39-ce07c54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。