レジーのブログ(旧)

15/4/23 昨今の諸々を踏まえて移管します。詳細は最新記事をご確認ください。ブックマークいただいていた方は変更をお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012年総括】マイ年間ベスト10曲(10位~6位)

司会者「徐々に年末となってまいりましたので、今年を振り返るシリーズをぼちぼち進めていきたいと思います」

レジー「そうですね。毎年思うけど1年あっという間だったな」

司会者「まずは何から行きましょうか」

レジー「とりあえずはマイ年間ベスト10曲からやりたいと思います」

司会者「読んでの通り、今年の10曲を選ぶということでよいですかね」

レジー「そうなんですが、一つ誤解のないようにしていただきたいのは、これから発表する10曲は「今年リリースされた中で僕が“好んで聴いた”10曲」だということです。決して「シーンを象徴する10曲」とかそういうのではないことをご理解いただければ」

司会者「あれが入ってないのはおかしいとか言われても困っちゃいますからね」

レジー「そう。ちなみに言っておくと、10曲選ぶこの企画はブログを始める前からmixiとかツイッターとかで発表してたんですよ。05年からやってるのか。05年はもうアカウント消してしまったGREEに載せてたので記録がないんですが」

司会者「GREEも最初は普通のSNSでゲームなんてなかったですからねえ」

レジー「ノリをご理解いただく、もしくは予防線を張っておくという意味で、10年と11年の10曲を晒しておきます。海外のものは選べるほどの量を聴けてないので、日本の曲限定です」

2010年
1位 2人のストーリー/YUKI
2位 風の歌/GRAPEVINE
3位 不自然なガール/Perfume
4位 ごめんね/ふくろうず 
5位 幻の命/世界の終わり 
6位 ビギナー/スピッツ 
7位 ソラニン/ASIAN KUNG-FU GENERATION
8位 夕の魔法/秀吉 
9位 流星とバラード/東京スカパラダイスオーケストラ 
10位 The World Is Yours/UNCHAIN

2011年
1位 くだらないの中に/星野源
2位 電波ジャック/パスピエ
3位 奇跡/くるり
4位 砂漠の流刑地/ふくろうず
5位 週末 Not yet/Not yet
6位 鳴いてる怪獣/YUKI
7位 メルシールー/ねごと
8位 「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」/サカナクション
9位 頼みたいぜ/ユニコーン
10位 君と羊と青/RADWIMPS


司会者「世界の終わりが入ってるじゃないですか。散々ディスったのに

レジー「だから昔は好きだったって言ったじゃないですか。それゆえ残念だったって話ですよ。こうやって振り返ってみると、総じて保守的ですな」

司会者「音楽的なトライというよりはメロディであったり「歌」としてのインパクトであったりそういうのを重視するのは昔からですね」

レジー「そうですね。そんな感じのスタンスで、売れ線の曲やアイドルソングも含めて自分の耳に入ってきた曲の中から選んだ10曲であります。今回は10位から6位までですね。それでは行ってみましょう」

10位 The Choice Is Yours/RHYMESTER



司会者「メロディとか言ってたくせにいきなりヒップホップですね」

レジー「いやいや、このトラックのメロディアスさと言ったらないでしょう」

司会者「「I Believe In Miracles」を使ってますね。大ネタ使い」

レジー「一時ソウル系さかのぼってみようと思ったことがあって、ジャクソンシスターズのCDは買ったことがあります。ほんとかっこいいですわ」

司会者「歌詞を見ると、震災以降の日本に対するメッセージソングですね」

レジー「「選ぶのはキミだ」ってことで結論は出してないわけですが、安易な東電批判/官僚批判よりよっぽど誠実ですよね。そういうことを言うミュージシャンに扇動されているファンに対する皮肉にもなってるんじゃないかと思います」

司会者「相変わらず単純化したメッセージを恥ずかしげもなくいうミュージシャンもそれを盲目的に受け入れるファンも後を絶たないですからねえ」

レジー「その辺の人らは「最終的に決めるのは個人個人」とか言う割には異論を見つけたらRTで晒して言論封殺するでしょ。そんな人たちがたくさんいる中、かっこいいトラックに乗せて「この世界はそんな単純じゃないんだ/ラスボスはどこにもいないんだ」と言い切ったこの人らは信頼できますね。インタビューとか見ても、ほんとこの人たちは大人だなあと思いますよ」

9位 おやすみ泣き声、さよなら歌姫/クリープハイプ



レジー「このバンドは「いつものロキノンな感じのバンドね」ってスルーしてたんですけど、たまたま聴いたこの曲がツボでした」

司会者「音としては今時のギターバンドって感じではありますね」

レジー「フォーマットとしては普通ですね。ただ、それをあの声とメロディで普通じゃない感じにしてると思います。以前も書きましたが、サビで上に突き抜けるんだけどなんか声に粘度があるから単にさわやか風にならない」

司会者「すごく印象的な声ですよね」

レジー「うん。やっぱボーカル大事ですよ。サウンド面ではこの手のバンドは飽和状態になってるから、どういう歌を聴かせるかってのが今後ますます勝負の分かれ目になってくるんじゃないかと思います」

8位 ルミナス/ClariS



司会者「これはまどマギ補正ががっつりかかってますな」

レジー「1年遅れではまりまして、テレビシリーズをMXの再放送で見てから関連書籍などいろいろ買いました。映画も公開後すぐ行きました」

司会者「じゃあこれはまどマギの映画の曲ですね、ということで終わっていいですか」

レジー「それでもいいんですが、一つ言いたいのは、僕この手のストリングス敷き詰めまくったアレンジ大好きなんですよね。特に女性ボーカルのバラードじゃない曲で」

司会者「ザ・J-POPな感じの」

レジー「はい。「音の隙間の作り方がわかってない」みたいな批判を結構見ますけど、無条件で気持ちいいんですよね僕の場合。それこそSPEEDとかDo As Infinityとか、90年代から綿々と続く伝統芸能ですな。逆にチープだっていう人もいるかもしれないけど、こういう「フェイクゴージャス」みたいなやり方は一つの「技」として今後も継承されていくといいなあと思います」

7位 サーカスナイト/七尾旅人



司会者「これはほんと甘いというか、「スイート」という言葉がぴったりはまりますね」

レジー「こういうのはふと聴きたくなる時がありますな。夏にリリースされた曲だけど、寒くなってきた今の時期の方が沁みます」

司会者「チャラいシーンからは離れたところでこういうのさらっと作っちゃうのがすごいですね。着うたでも全然いけるんじゃないか」

レジー「うん。この人のアルバムちゃんと聴いたの今年の作品が初めてなので、911のやつとか含めてどういうことをやってたのかあんまり知らないんですけど、こんなスイートソウルミュージックを鳴らしているのかとびっくりしました」

司会者「歌詞を見ると、甘さ一辺倒でもないですね」

レジー「「今夜だけ生き延びたい」とかずしっとくるね。ライムスターもそうだけど、こういう切実さをベースに音を鳴らしてる人たちが支持される時代になってきてるなあとも思います」

6位 Marshmallow Day/Mr.Children



レジー「これはミスチルの曲で久々にカラオケで歌いたい感じの曲」

司会者「これもClariSと同じの派手系J-POPアレンジですな。ミスチル好きなんですよね」

レジー「正確に言うと「好きだった」ですね。2010年以降ダメになった」

司会者「ほう」

レジー「あのタイミングでいきなりBank Bandが「若者のすべて」とかやり出したあたりからおかしいなと思ったんだけど。その後のただ小賢しいだけで何の見どころもないドキュメンタリー映画とか、ノンプロモーション・ノンタイアップのアルバムリリースとか、もうほんと今すぐにでも解散してくれって感じだったね。アルバムそのものも退屈だったし」

司会者「激烈ですね」

レジー「僕はこの人たちのすごさって、「ホンモノガー」とか「ロックガー」とかそういうのとは別次元のところで国民的ソングを作れることだと思ってるんですよ。「POPSAURUS」とはよく言ったもんで、「タイアップ」とか「商業主義」とかそういうのすらも飲み込んでみんなのうたを鳴らし続けるってのは普通はできることではないし、それ自体尊敬に値することだと僕は思ってます。2010年からの活動は、そういうミスチル本来の価値を無視して「いまだに“何者か”になろうとしている」ように見えるのがほんと無理」

司会者「それで言うと、この前出たアルバムはタイアップソングが大量に入っててプロモーションでテレビに出まくってますね」

レジー「うん。これがミスチルのあるべき姿だなあと。この「Marshmallow Day」も若干のセルフパロディ感はあるけど、これくらいわかりやすくてバカっぽいのが素晴らしいと思いますよ。アルバム全体としては正直相変わらず退屈だったんですが、こういう肩の力が抜けた曲が出たのはすごくいい傾向だと思うので、次の作品に期待しています」

司会者「「好きだった」とか言いつつこの先も聴くんですね」

レジー「もうなんかね、抗えないんですよこの人らには。10代のころに刻印されたものが大きすぎるから。今回のアルバムも、どうせダメだろうな・・・と思いつつ義務的に買ってますからね。この曲が入っててほんとに良かったです」

司会者「わかりました。6位まではここまでですかね」

レジー「そうね。こんな感じで5位以降も発表したいと思います。しばしお待ちください」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://regista13.blog.fc2.com/tb.php/42-596a4a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。