レジーのブログ(旧)

15/4/23 昨今の諸々を踏まえて移管します。詳細は最新記事をご確認ください。ブックマークいただいていた方は変更をお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012年総括】マイ年間ベスト10曲(5位~1位)

司会者「それでは前回のマイ年間ベスト10曲の続きです。今回は5位から1位までですね。10位から6位およびこの企画の趣旨についてはこちらをご覧ください」

レジー「念のために再度確認しておくと、この10曲は「今年リリースされた中で僕が“好んで聴いた”10曲」であって、決して「シーンを象徴する10曲」とかそういうのではないことをご理解いただければと思います」

司会者「前提を改めてクリアにしたところで、早速本題に入りましょう」

5位 緑の少女/indigo la End



レジー「これは今年の発見でした。と言ってもアルバム全体でがっつりはまったわけではないんですが、この曲が超ツボだった」

司会者「今風のギターバンドではありますが、ギターの音色とか懐かしい感じがしますね」

レジー「あとはこれも前回のクリープハイプの話と重なるんだけど、ボーカルの声質ね。さわやか一辺倒にならないバランスが良いです」

司会者「5月に渋谷のネストで一度ライブも見ました」

レジー「うん。想像してた以上に骨太なバンドでちょっとびっくりしました。音源だと小賢しい感じがするのも否めないんですが、ライブだと結構男らしいね」

司会者「ボーカルの声もしっかり出てましたね。この手のバンドは実は全然歌えてないみたいなケースも結構あるのに」

レジー「ぜひライブの迫力とか力強さとかそういうのを音源にもパッケージしてほしいなと思います」

4位 everybody feels the same/くるり



レジー「これは聴けば聴くほどじわじわ来るな」

司会者「以前も書きましたが、過去のルーツを踏まえて今の音を鳴らす、ということを自覚的にやっている感じですね」

レジー「そうですね。酸いも甘いもかみ分けた大人だからこそ鳴らせる初期衝動というか」

司会者「今後このいい状態をいつまで維持できるかですね」

レジー「まあでも維持できなくてもいいんじゃない?それがくるりだから。その時にはまた鳴らすべき音を鳴らしてますよ。今この瞬間にくるりがベストコンディションであるということを存分に楽しみたいと思います」

3位 Spring of Life/Perfume



レジー「久々にPerfumeのシングル曲でバチッとピントが合いました。これはかっこいい」

司会者「ユニバーサルに移籍して、海外展開を見据えたタイミングでの第一弾シングルでしたね」

レジー「そんな「新章の幕開け」ってタイミングで「アンドロイド」っていうある種原点回帰的なコンセプトを持ってきたのが興味深いです」

司会者「海外で戦うにはそういう打ち出しがわかりやすいっていう判断だったんですかねえ。PVの世界観もある意味日本的というか」

レジー「一方で、アンドロイド的世界観を前面に出しつつも3人の「女」としての側面も強調されてるのが面白いですね。ダンスも機械っぽいだけじゃなくて、腰の動きとかすごく女性らしいし。サビラストで真ん中の人が前に出てくるポイントも表情が三者三様で面白い」

司会者「アレンジも特徴的でしたね。間奏からラストまでずっと鳴ってる裏メロがインパクト強いです」

レジー「あれをビートルズの「In my life」からのインスパイアとか言ってる人がいてさすがに違うんじゃないかと思ったんだけど、そういう神々しさは確かにありますな。前も書いた通りアイドルとして前人未到の境地に達しつつあるので、このまま誰も想像できないような場所までたどり着いてほしいなと思います」

2位 縦書きの雨 feat.中納良恵/東京スカパラダイスオーケストラ



レジー「大人の色気」

司会者「スカパラ歌ものシリーズは打率が高いですね」

レジー「ほんとそうだね。大体どの曲も好きですわ。特に「追憶のライラック」が好きなんですけど。この曲は「僕らの音楽」で見て、あまりの素敵さに度肝を抜かれましたよ。スカパラってスタープレーヤーぞろいでみんな華があるのに、そういう人たちが実力のあるボーカリストを立てるために一歩下がって演奏する感じがほんとセクシーですね」

司会者「それなのにどうしても華やかな感じになってしまうのがまたかっこいい」

レジー「そして谷中さんの歌詞がヤバいんだよなあ。僕谷中さんの詩集大学生の時買ったんですけど、ほんと言葉の選び方がロマンチック」

司会者「言葉数は少ないのに情景が浮かんできますね」

レジー「うん。歌ものシリーズは彼らからすると息抜きというかアクセントみたいなところはあるのかもしれないけど、こっち系でがっつりアルバム1枚作るとかやってほしいですね。若手のボーカルとのコラボもぜひ」

1位 最終電車/パスピエ



レジー「1位は文句なしでこの曲です。何の迷いもなく決めました」

司会者「最初に聴いたのは1月のライブでしたね」

レジー「パスピエについては以前も書いたのでこっちを読んでください。あとは来年着実にでかくなれるかどうかですね」

司会者「メジャーデビューしても、メインストリームに出る前のそこそこの人気者で終わってしまうバンドも多いですからね。ふくろうずとか」

レジー「ふくろうずのソニーに飼い殺されてる感はほんとむかつきますよ。それはさておき、パスピエは広くポピュラリティを得られるポテンシャルのあるバンドだと思いますので期待してます」

司会者「以上10曲って感じですかね。改めて並べてみましょうか」

1位 最終電車/パスピエ
2位 縦書きの雨 feat.中納良恵/東京スカパラダイスオーケストラ
3位 Spring of Life/Perfume
4位 everybody feels the same/くるり
5位 緑の少女/indigo la End
6位 Marshmallow Day/Mr.Children
7位 サーカスナイト/七尾旅人
8位 ルミナス/ClariS
9位 おやすみ泣き声、さよなら歌姫/クリープハイプ
10位 The Choice Is Yours/RHYMESTER


レジー「まあ相変わらず保守的と言えば保守的だな。今回はパスピエの1位が年初早々に決まってしまったので、2位以降を選ぶ作業だったって感じですね」

司会者「ベテラン系が多いですね」

レジー「まあくるりにしろスカパラにしろ平均点が高いからね。ミスチルも最近いまいちだけど、はまれば今回みたいなど真ん中の曲が簡単に出てくるし。10代のころから聴いてるバンドがガツンと来る曲を出してるのはうれしい話ですね」

司会者「一方で、クリープハイプとインディゴが入ってますが」

レジー「この手のギターバンドでもまだまだ聴くべきものはあるなあと思えたのは良かったです。まあボーカルよね、この2バンドは。ボーカルの個性、キャラクターというよりも単純にシンガーとしての個性って実はここ最近バンドシーンで改めて重要になってるんじゃないかしら。タイプは違うけど、ワンオクがあんなに人気あるのもボーカルがあそこまで歌えるってのがでかいでしょ」

司会者「確かにあの音でボーカルがいまいちだったらただの平凡なバンドだったかも」

レジー「ボウディーズだってそうだよね。僕としてはメロディや声含めた「うた」を大事にしたいと思っているので、こういう傾向は歓迎です」

司会者「では最後に10曲から漏れた曲を軽く紹介して終わりましょうか」

レジー「そうですね、最後まで悩んだのはフジファブの「Light Flight」とトマパイの「そして寝る間もなくソリチュード」ですね。あと嵐の「ワイルドアットハート」ね。彼らがたまに出してくるパーフェクトポップソングだったんだけど、ブリッジの部分がださかったので選外にしました」

司会者「わかりました。では2012年総括企画第一弾はこれにて終了ということで。次回はどうしますか」

レジー「次回は第二弾ということでマイ年間ベスト10枚をやります」

司会者「アルバムを選ぶのは初ですね」

レジー「いやーこっちは10曲以上に難航しました。でも何とか選んだので発表したいと思います。こちらも今回と同じように2回に分けて発表予定です。前半は週末にはやれるかな」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://regista13.blog.fc2.com/tb.php/43-9c25859d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。