レジーのブログ(旧)

15/4/23 昨今の諸々を踏まえて移管します。詳細は最新記事をご確認ください。ブックマークいただいていた方は変更をお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2013年総括】マイ年間ベスト10枚(10位~6位)

レジー「だんだん各所で年間ベスト的なものが発表されてますね」

司会者「ここのような個人ブログでもちょくちょく」

レジー「人の見るの面白いよね。かぶってたりかぶってなかったり」

司会者「先日発表した10曲で反響みたいなものはありましたが」

レジー「とりあえず『ダンシンスルーザナイト』の人気がすごいね。やっぱ今年はtofubeatsの年だったか、みたいな感じで。みんな思うところは一緒ですね」

司会者「9曲は分散してても最後そこで落ち着く、的なところがあるんでしょうね」

レジー「うん。日本の音楽だけで見ても人によって聴いてる領域が全く違うわけで、各人が自分の年間ベストどんどん発表してったらいいんじゃないかなと思いますよ。これは前から言ってることですが」

司会者「年末年始でいろんなリスナーのこの手のものが出そろうと「あー2013年はこういう年だったか」って振り返ったりもできるわけで、貴重な記録にもなりますよね」

レジー「そうそう。あと発表する時期も大事だと思います。あれも聴いてないこれも聴いてないなんてのはどこまでいっても解消されないわけで、自分がカバーできてる範囲で選んでみるのが面白いんじゃないかと思う」

司会者「全部聴き切った!って言って春先とかに発表されても辛いですもんね。全部なんて絶対ありえないし」

レジー「うん。今後長い目で考えるといい作品を聴いていくガイドにはなるけど、その年のスナップショットとして見るにはちょっとね。不完全な状態だとしても、不完全なものがたくさん出てきてそれ繋ぎ合わせると全体の雰囲気がわかってくる、みたいな感じでいいんじゃないかな」

司会者「その考え方でいくと、とにかく数が発表されてた方がいいですね」

レジー「ほんとそう思います。このためだけにブログ作ったっていいくらい」




司会者「ツイッターでもできますしね」

レジー「そうね。僕もブログ作る前はツイッターで発表してたな。特に「音楽ライター目指してます」みたいな人は全員やった方がいいんじゃないかな、とか。まずは自分の好きなものの基準を明確にするって重要なことだと思うんだよね。いろいろ聴いてても10曲とか10枚とか選ぶと共通項みたいなものがうっすらとでも絶対出てくるし、そういうの自覚するという意味でもよいのでは。たぶん好きなやつは10以上出てくるだろうしそこまで優劣つけられないって感じになると思うんだけど、無理やりにでも10個まで絞ってみるってのが何気に大事なプロセスかと。その微妙な差分が自分のコアの部分だったりするわけで」

司会者「前置きはこのくらいにして、ここまでの「マイ年間ベスト10曲」に続いて「マイ年間ベスト10枚」の発表に移りたいと思います」

レジー「はい。なかなか選ぶのしんどかった。「10曲」と同じく、10枚+次点で発表します。「10曲」と同様に、この10枚は「今年リリースされた中で僕が“好んで聴いた”10枚」であって決して「シーンを象徴する10枚」とかそういうのではないことをご理解いただければ。あとミニアルバムは入ってたり入ってなかったりするかもですが、その辺は大目に見てください。では早速いきましょう」


10位 T H E/tricot

AL_tricot.jpg






レジー「このバンドは名前だけ知ってたんだけどずっとスルーしてたんだよなあ。まあなんかよくある最近のバンドでしょ的な」

司会者「ひたちなかでもスルーしてましたもんね」

レジー「うん。わざわざ友人に誘われたのにもかかわらず」




司会者「このアルバムはフォロワーの方に勧められて聴いたんですよね」

レジー「びっくりしました。自分の見識のなさが恥ずかしい。結構複雑なことやってるし、それでいて技におぼれてる感じがしないのはなんでだろう。音が塊で飛んでくる」

司会者「ボーカルもいいですね」

レジー「うん。来年はぜひとも生で見てみたいです」


9位 Party!!!/OK?NO!!



司会者「OK?NO!!についてはブログでインタビューさせていただきました

レジー「結局ライブ一度も行けなかったなあ。しかしこれ初めて聴いたときは衝撃だった」







司会者「お若いのにこの音っていう」

レジー「渋谷系死すともギターポップは死せず、っていうね。最近配信された曲も素晴らしかったのでこちらもぜひ」




8位 CIDER ROAD/UNISON SQUARE GARDEN

AL_UNISON.jpg






司会者「こちらもリリース時にブログで取り上げさせていただきました

レジー「これほんとにいいアルバムですよ。最近のロキノン系御用達でしょ、みたいな偏見なしで聴いていただきたい」

司会者「さっきのtricotみたいなもったいないことになってるかもしれませんしね」

レジー「ほんとそう。ちゃんとアイデアが詰まってるアルバムです」




司会者「ライブも良かったですね」

レジー「うん。フェス以外で見たの今年初めてだったんだけど、ほんとすごくてびっくりした。この前CDTVでブレイク間近!みたいな取り上げられ方されてたけど、こういうバンドがもっと広まってほしいなあと思います」


7位 lost decade/tofubeats

AL_lostdecade.jpg





司会者「安定のtofubeats株ということで」

レジー「この記事にも書いたけど、タイミングとしてはずいぶん乗り遅れてるんだよね。ただ、今年だけ切り取ってみても活動の質量とも半端ないなと」

司会者「特にここに貼ってる『No.1 feat.G.RINA』がお気に入りでしたね」

レジー「美しすぎる。寒くなってきた最近の季節にもはまりますな」


6位 クルミクロニクル/クルミクロニクル

AL_クルミクロニクル






司会者「11月に出たアルバムです」

レジー「これも名前は聞きつつも・・・って感じだったんだよね。なんか「路上ライブや練習の模様を配信」「育つ過程を楽しむ」みたいな言説にちょっと警戒心を感じていて」

司会者「いろいろ動画ありますね」





レジー「そんな感じでなかなか聴いてなかったんだけど、アルバムも出たしちょっと聴いてみようかなと思ったら、これが何と大好物で。こういう品のあるエレクトロって最高ですね。EDM、なのかはよくわかんないけど」

司会者「背景がわからなくても楽しめる音ですね」

レジー「朝聴いてると、テンションあがる音なのになぜか会社に行きたくなくなるようなトリップ感があるんですよ」

司会者「はあ」

レジー「あとこの人のこと調べてると仕切りにSaori@destiniyって名前にぶち当たるんだよね」









司会者「バックにいる人が一緒なんですかね」

レジー「ちょっとこの辺はもうちょっと把握したいと思っている。まだまだ奥が深いですねこの界隈は。というわけで6位まで発表しました。次回は「10曲」と同じく、次点の紹介にいきたいと思います」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

【2013年総括】マイ年間ベスト10曲(5位~1位)

司会者「「マイ年間ベスト10曲」の3回目の記事です。今回は5位から1位まで発表します。過去2回分はこちらでどうぞ」

【2013年総括】マイ年間ベスト10曲(10位~6位)
【2013年総括】マイ年間ベスト10曲(次点7曲)

レジー「実はこの5曲は結構あっさり選べたんだよね。そんなに順位を動かしたりすることもなくすんなり決まりました。で、前回記事のコピペになりますが、この10曲は「今年リリースされた中で僕が“好んで聴いた”10曲」であって決して「シーンを象徴する10曲」とかそういうのではないことをご理解いただければ。それでは上位5曲を早速どうぞ」


5位 Remember me/くるり





司会者「今年10月のシングルです」

レジー「厳密には去年の秋からテレビ番組の主題歌で流れてたので今年の曲なのかという意見もあるかと思いますが、一応リリース時期でカウントしてます」

司会者「ウィーンでレコーディングしたんですよね」

レジー「この曲聴いて、結局くるりで一番好きなアルバムってワルツなのかもとか思ったんだよね」




司会者「Mステ見た時の感想ですね」

レジー「あのMステすごい良かったなあ。この曲のプロモーションでいくつかテレビ出てたよね。岸田氏の見た目がだいぶ変わってて驚きました」


4位 チョコの奴隷/SKE48





司会者「これについてはリリース時に記事を書きましたね

レジー「こういうブラスの使い方はツボなんですよ。今までのSKEの曲の勢い一発感にあんまり乗れなかったんだけど、これは良いね」

司会者「フジの歌番組では生歌でやってました」

レジー「あれくらい歌えたら充分なんじゃないかって気がしたけどね。この前のFNS歌謡祭でも頑張ってたよ。この件に関してはAKBまとめブログの「【AKB48】本当に口パクのままでいいの?」って記事にいろんな立場の人の意見がまとまってて面白かったので、ご興味ある方はどうぞ」


3位 Saturday night to Sunday morning/Shiggy Jr.





司会者「これはよく聴きましたね」

レジー「うん。ネットで音源見つけてから何回聴いたことか。以前も呟いたけど、僕にとっての「ポップソング」の理想的な形だなあと思った」




司会者「この曲に関連したエントリーもありますので合わせてどうぞ。アイドルブームを経て直球ポップな音楽が見直されつつあるのでは、という論旨でしたが」

レジー「この方々のルーツとかよく知らないから何とも言えないけど、「今の時代だからこそ」っていう感じはすごくあるなあと思いました。年始のライブ見に行きたいと思っています。来年の展開もすごく楽しみなバンドなのでこれからも追いかけていきたいなと」


2位 フラッシュダンス/フジファブリック





レジー「この曲についてはこのエントリーに書いてますのでこっち見ていただければ」

司会者「結構拡散されてましたね」

レジー「そうそう、この記事が広がってた時に一部のフジファブファンの方が「ん?このレジーって人、ひたちなかでフジディスってた人か」みたいな反応をしてて」

司会者「ディスってましたっけ」

レジー「なんかね、ひたちなかでフジファブ見て「フジファブ像更新されてないお客さんに対してとりあえず代表曲やって予定調和に盛り上げるだけならもう出なくてもよくない?バンドのためにもならんだろうし、もっとふさわしい場所あるでしょ」と思ってこんなツイートしたんですけど」




司会者「あー。これも結構RTされてましたね」

レジー「このツイートで一部のファンはきー!!!ってなってたみたいね。で、今回の記事読んで「この人ほんとはフジのこと大好きだったんだ!感動!!」とか「んー、ディスってた人にこういうこと書かれると複雑な感じ」とかそんなのいくつか見たよ」

司会者「ナイーブすぎやしませんかねいろいろと」

レジー「ちょっと僕にはよくわからない。あのツイートをディスと捉えて腹立ててるんだとしたらツイッターやるの大変だろうなあとか。まあその話はいいとして、この曲は新しいフジファブの本当の始まりだと思っています。前の記事にも書きましたがこの人たちは「目先を変えることでリスナーの感覚を広げてくれるバンド」で、『フラッシュダンス』はダンスミュージックとか以前にフジファブのそういう本質的な部分がよく表れた曲だなと」

司会者「わかりました。それでは、いよいよ1位の発表に進みましょう」


1位 ダンシンスルーザナイト/dancinthruthenights



レジー「これは最初聴いた段階でほぼ1位が決まってた気がします」

司会者「okadadaとtofubeatsのユニットの曲で、今年の2月にネット上で公開されました」

レジー「こんなすごいのがフリーで落ちてるんだからすごい時代だよね。『チョコの奴隷』のところでも触れたけど、これもブラスの感じが最高です」

司会者「架空のアニメのエンディングテーマっていう設定なんですね」

レジー「アニメって言っても最近の萌えアニメじゃなくて、もっと昔の子ども向けだけどちょっとませた内容のアニメ、みたいなのを想起しますね。ほんと踊らずにはいられない。かっこよすぎます。というわけで文句なしの1位でした。以上10曲ということで」

司会者「改めて振り返ってみましょう」

1位 ダンシンスルーザナイト/dancinthruthenights
2位 フラッシュダンス/フジファブリック
3位 Saturday night to Sunday morning/Shiggy Jr.
4位 チョコの奴隷/SKE48
5位 Remember me/くるり
6位 ふたりは恋人/□□□
7位 トゥナイト、トゥナイト/禁断の多数決
8位 Don't Stop The Music feat.森高千里/tofubeats
9位 ミュージック/サカナクション
10位 今更/赤い公園


レジー「こうやって見ると今年はいわゆるバンドサウンドみたいなものからは結構離れたんだね」

司会者「確かにそうですね。赤い公園くらいか」

レジー「いまだに90年代オルタナの焼き直しみたいなことやってる人らにはさすがに食傷気味です。あとはtofubeats関連が2曲、そして1位がフリーダウンロード曲ってのが2013年っぽい感じですかね」

司会者「なるほど」

レジー「この辺の感じはアルバム10枚の方に通じる部分もあるかと思います。というわけで「マイ年間ベスト10曲」企画はここまで。ここまで紹介した10曲+αで新しい出会いがあったら嬉しいです。次回からは「マイ年間ベスト10枚」に入りますのでしばしお待ちください」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

【2013年総括】マイ年間ベスト10曲(次点7曲)

司会者「前回に引き続き、「マイ年間ベスト10曲」の続きをお送りします」

レジー「前回は10位から6位までやりましたが、今回は5位以降に行く前に10曲から漏れた曲を「次点」としてご紹介したいと思います」

司会者「じらしますね」

レジー「それだけ良い曲が多かったってことですよ。ここに載せてる曲に関しては順位はつけていません。まあどれも11位ってイメージで。それではどうぞ」



『サマーゾンビ―』/ザ・なつやすみバンド






『Blue Sky』/FantaRhyme






『まともがわからない』/坂本慎太郎






『しあわせになろうよ』/嫁入りランドとプロポーズ




『ふりそでーしょん』/きゃりーぱみゅぱみゅ






『ラブホテル』/クリープハイプ






『恋するフォーチュンクッキー』/AKB48






司会者「計7曲ですね。何かコメントがあれば」

レジー「嫁入りランドとプロポーズ、あとなつやすみバンドはインディーファンクラブで見ました。その辺の界隈を聴くようになったのは自分にとっての今年の大きな変化ですね」

司会者「なつやすみバンドはすごい感激してたじゃないですか」




レジー「特に感激したのは『悲しみはぼくをこえて』って曲だったんだけど、ここで聴けるみたいなのでご存知ない方は是非」

司会者「このバンドがRO69JACKにエントリーしてたのとか何か意外ですね」

レジー「そうね。またライブ見たいです。きゃりーは今年『もったいないとらんど』もあったし当たり年だったような気がするなあ。『まともがわからない』はドラマ補正もこみで」

司会者「『まほろ駅前番外地』の主題歌でした」

レジー「久々にワンクール通してドラマを見た。その後『あまちゃん』も『半沢直樹』も見続けられたのは意外と『まほろ』のおかげだったのかもしれない」

司会者「クリープハイプは今年ひたちなかで初めて見ましたね」

レジー「うん。このバンドの曲はほんと良いね。去年は『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』を選びましたが、この『ラブホテル』も素敵。しかしひたちなかで「曲はいいけど見てる人のノリが何とも言えない」みたいなツイートしたらなぜか大爆発してびっくりしたんだけど」







司会者「RTした後に「何この人」みたいなことツイートしてるんでしょうね」

レジー「まあそういうのがたくさんあったんだろうね。でもやっぱりあれには違和感を感じずにはいられないですよ」

司会者「世代の問題ですかね」

レジー「それだけで片付けていいのかってのも何か違う気がしている。素朴になぜああいうことが起こってるかすごい興味あります」

司会者「ここはやりだすと深そうなのでまたの機会にしましょう」

レジー「そうですね。『Blue Sky』については先日のエントリーにも書いた通りアイドル楽曲大賞でも投票しました。こういういい歌が地方のアイドルからぽこっと出てきたのが面白いです」

司会者「あとは『恋するフォーチュンクッキー』ですね」

レジー「これは今年を象徴する一曲と言っていいよね。AKBとしても『ヘビーローテーション』以来の代表曲って感じになるんじゃないかな。この曲は聴くたびにとにかく涙腺が緩むんですよ」




司会者「いろいろと背負ってるストーリーがありますからね」

レジー「うん。ただこの曲はそういうの置いといても素晴らしい曲ですよ。紅白で良い感じの演出でやってくれるのを期待してます。というわけで次点はここまで。次回は5位から1位まで発表します」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」

【2013年総括】マイ年間ベスト10曲(10位~6位)

司会者「というわけで今回から年間ベスト企画を始めたいと思います」

レジー「前回の記事でもちらっと言いましたが、「マイ年間ベスト10曲」「マイ年間ベスト10枚」という切り口で、個人的な今年の10曲と今年のアルバム10枚を発表していきます。1回のエントリで5曲/5枚ずつ発表、あと今年は選ぶの難航したので次点という形で漏れた作品も紹介したいなと」

司会者「一つの企画につき10位~6位、5位~1位、次点で計3つのエントリー。トータルで6つのエントリーになりますね」

レジー「今月いっぱい使ってやる感じになると思いますので、良かったらお付き合いください」

司会者「今回は「マイ年間ベスト10曲」の10位~6位の発表です」

レジー「ちなみに去年の10曲を」

1位 最終電車/パスピエ
2位 縦書きの雨 feat.中納良恵/東京スカパラダイスオーケストラ
3位 Spring of Life/Perfume
4位 everybody feels the same/くるり
5位 緑の少女/indigo la End
6位 Marshmallow Day/Mr.Children
7位 サーカスナイト/七尾旅人
8位 ルミナス/ClariS
9位 おやすみ泣き声、さよなら歌姫/クリープハイプ
10位 The Choice Is Yours/RHYMESTER


司会者「このあたりと今年の10曲全体のトーンがどう変わってるんですかね」

レジー「選んでみたけど雰囲気的には今年もこんな感じよ。その辺は読んでいただいた方が判断していただければ。発表の前に注意点として、去年も書きましたがこれから発表する10曲は「今年リリースされた中で僕が“好んで聴いた”10曲」だということです。決して「シーンを象徴する10曲」とかそういうのではないことをご理解いただければ。あと基本的にはシングル曲とかアルバムのリード曲とかそういうものを中心に選んでます。もしかしたらそうじゃないものも混ざってるかもですが、その辺は緩くやってるので大目に見てください」

司会者「では早速いきましょう」



10位 今更/赤い公園





司会者「復帰第一弾シングルということになりますかね」

レジー「これはPVを何回も見ました。あとテレビで演奏したときに司会の中居くんが素朴に感心してたのが面白かった」

司会者「津野さんがSMAPに曲提供したり、赤い公園にとっては飛躍の1年でしたね」

レジー「うん。ひたちなかで見た時もすごかったなあ。アルバムは思ったほど聴かなかったんだけど」


9位 ミュージック/サカナクション





司会者「SMAP曲提供組が続きます」

レジー「紅白出ちゃうんだもんね。すごい」

司会者「その界隈のバンドでは頭一つ抜けた感じもありますね」

レジー「この曲は音ももちろん、5人横並びの演奏から最後バンド編成になっていく演出がかっこよかった。この演出はひたちなかでも見たけどテレビで結構見ましたね。今年はタイムシフトフル活用して音楽番組を例年以上にたくさん見た気がします」


8位 Don't Stop The Music feat.森高千里/tofubeats





レジー「この曲はブログで取り上げたりMUSICAにもレビュー書いたりといろいろ言及させていただきました」

司会者「この方のプレゼンスは今年一気に上がりましたね」

レジー「そうねえ。ほんと新しい時代のミュージシャンって感じがします」

司会者「PVも素敵でした」

レジー「ああいう設定で子どもがたくさん出てくるの面白いってのと、あとはティザー動画が最高にクールでした」



司会者「煽るの上手ですよね」

レジー「あれでかなりテンションあがりました」


7位 トゥナイト、トゥナイト/禁断の多数決





レジー「これ年間ベスト大体選び終わったかなーくらいのときに聴いたんだよね。一気にいろいろごぼう抜きして入ってきました」

司会者「11月に出たセカンドアルバムの直前にEPとしてリリースされたものです」

レジー「アルバムも良かったですよ。なんか今年はこういうピコピコキラキラの音が今まで以上にとても気持ちよく感じる1年でした。自分的に心境の変化があったのだろうか」


6位 ふたりは恋人/□□□





レジー「この人たちも作品のアベレージ高いよなあ」

司会者「独特の存在感ありますよね」

レジー「うん。いろんなことやる人たちだけど、この曲はギミックなしの真っ当なポップソングで素晴らしいです」

司会者「三浦さんはエビ中向けにYMOの『体操』をアレンジしました」

レジー「三浦さんもっとアイドル仕事やってくれないかな。前からいろんなところで言ってるけど『渚のシンデレラ』みたいなやつを女性アイドルグループに提供してほしいです。ユニゾンで歌ったらすごいはまると思うんだよね」




司会者「こんな感じで10位から6位まできました」

レジー「次回は5位に行く前に次点の紹介を挟みます。しばしお待ちください」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。